ニンジャ1000H2 SX SEはH2のハイスペックツアラー!

ニンジャ1000h2,sxse

 

 

スーパーチャージャー搭載のハイスペックマシンとして、2015年にデビューを果たしたカワサキ・Ninja1000H2(ニンジャ1000H2)。

 

そのデビューから3年を迎え、スーパーチャージャー搭載モデルでありながらツアラーとしてリファインされたのが、今年デビューするニンジャH2 SX及び特別仕様車のニンジャH2 SX SEです。

 

最高出力200psというハイパワーを誇り、スーパーチャージャーによる無類の加速力を実現しながらも、「史上最高のツアラー」という前評判のあるニンジャ H2 SX、果たしてその実像はどうなのでしょうか?

 

今回は、公道デビュー目前の2018年新車種・ニンジャ H2 SXの全方位からの撮影画像とともに、メーカーブース担当者による特徴解説を中心にお届けさせて頂きます。

 

>>【高く売る!】バイクを高額で売却して乗り換える方法

 

スポンサーリンク

 

まずはニンジャ1000H2 SX SEを全方位からチェック!

 

今回2018年3月開催の「大阪モーターサイクルショー」にて、ターンテーブル設置で大きな注目を集めたニンジャ H2 SX。

 

まずはそのスタイリングからチェックしていきましょう。

 

ディティール自体はH2からの継承ですが、ホイールスポーク部に切削加工とクリア塗装が施され、より高級感が備わりました。

 

ニンジャ1000h2,sxse

 

同時にH2よりもサイドフィンが強調され、よりスポーツバイクらしいフォルムに。

 

また同時に車体両サイドにバンク角に応じて点灯する「LEDコーナリングライト」を採用し、視認性・ビジュアル性に大きな変更点があります。

 

ニンジャ1000h2,sxse

 

車体後部両サイドには、大容量のパニアケースがオプションとして設定。

 

これに加えてDC電源ソケットが装備され、上位モデルのニンジャ H2 SX SEでは、グリップヒーターまで標準装備。

 

ニンジャ1000h2,sxse

 

真正面から見るとH2に比べ、各ランプ類が視認しやすく配置されている点にツアラーらしさが伺えます。

 

スポンサーリンク

 

最高出力200ps+スーパーチャージャーを受け止める足回りも継承され、安全性能面でも十分配慮されている様子が伺えました。

 

ニンジャ1000h2,sxse

 

こちらはサイドランプ点灯時のカットですが、バンク角に応じて点灯数が変化するため、夜間走行時の迫力と美しさは実に興味深いものがあります。

 

今回のリリースにあたっては、H2がサーキットを想定したモデルであったことに対し、公道での基本的な安全性能を重点的に大幅に見直し。

 

ニンジャ1000h2,sxse

 

さらに2,500回転以上であれば、クラッチ操作不要でシフトアップ&ダウンが行える「KQS(カワサキ・クイック・シフター)」を実装。

 

こちらはニンジャ H2 SX SEのみの限定装備ですが、長距離ツアラーとしての素質は非常に高められております。

 

ニンジャ1000h2,sxse

 

今回のデビューにあたっては、高回転型のH2に対し、ニンジャ H2 SXは常用域となる低中速に特化した出力仕様へと変更され、パワーモードとアシストスリーパークラッチによるイージーさが備わった点も嬉しいポイントとなっております。

 

マスバランスに関しては、より前後比のバランスが考慮されホイールベース1,480mmに変更。

 

扱いやすい車体バランスへと変わり、高速走行時でも高い安定性とコントロール性を両立している点が特徴だと言えます。

 

ニンジャ1000h2,sxse

 

H2からのキープコンセプトをしつつも、カワサキらしい最新技術が随所に盛り込まれ、大型SSファンにとって、実に楽しみなハイスペックマシンだと言えます。

 

ニンジャ1000H2 SXとニンジャ H2 SX SEはどう違う?

 

今回の展示では、上位グレードの「ニンジャ H2 SX SE」でしたが、ベーシックグレードの「ニンジャ H2 SX」との違いを見てみましょう。

 

  • ツーリングとスポーツの2モードから表示タイプを選べるフルカラーTFT液晶メーターパネル
  • バンク角に応じてライト点灯数が変化するLEDコーナリングライト
  • 2,500回転以上でのスムーズなシフト操作を可能とするカワサキ・クイック・シフター
  • ゼロスタート時の適切な加速力をコントロールする電子制御デバイス「KLCM(カワサキ・ローンチ・コントロール・モード)」
  • グリップヒーター・DC電源ソケット・大型ウインドシールド等のツアラー装備の充実化
  • その他ニンジャ H2 SX SE専用のプレミアムシートとセンタースタンドの追加

 

こうした装備が追加され、ベースグレードのニンジャ H2 SXは1,998,000円に対し、ニンジャ H2 SX SEは2,376,000円(いずれも税込)。

 

価格差にして35万円もの大きな開きがありますが、それだけの価値がある最新テクノロジー満載となっております。

 

スポンサーリンク

 

カワサキ・ニンジャ1000H2 SX SE は果たして”買い”の一台?

 

大型SS乗りにとって、今やスズキ・ハヤブサ以上の注目を集めているニンジャ H2 SX、新車販売価格はなんと200万円を切る形でデビューが決定しました。

 

オリジナルのニンジャH2Rが594万円(公道走行不可モデル)、ベーシックモデルのニンジャH2が302万円(いずれも税込・H2カーボンは334万円)。

 

味付けに関する変更点は数あれど、ニンジャH2のスタイリングを100万円以上ディスカウントしてきたこの姿勢は、カワサキの本気度が伺えるものだと言えます。

 

デビュー当時、その規格外のスペックと作りから「高嶺の花」であったことを考えると、買いの一手だと言えるでしょう。

 

さすがにH2Rのような時速300km/h余裕でオーバー、とはいかないでしょうが、ステータス・所有感ともにお墨付きの一台であることは確かです。

 

>>バイクを売るときに高値で売却する方法のすべて



 

ここからは当サイトの人気記事をご紹介いたします!



スクーター人気記事


>>125ccスクーターのおすすめモデル12選【全メーカー】


>>ホンダの125ccおすすめスクーター5選


>>ヤマハ125ccおすすめスクーター5選


>>ビッグスクーターおすすめ12選


原付 原付二種人気記事


>>125ccおすすめアメリカンバイク【全車種版】


>>50cc原付バイクおすすめ車種ベスト15選


>>125ccバイクおすすめまとめ【原二】


中型バイク人気記事


>>250ccおすすめネイキッドバイク


>>おすすめ400ccネイキッドバイクトップ5


>>250ccおすすめアメリカンバイク6選


>>400ccおすすめアメリカンバイク6選


>>250ccバイク!おすすめ車種と魅力を徹底解説


>>バイク買取下取り価格相場表


>>400ccバイクおすすめ20選


>>中型バイク(250cc~400cc)おすすめ20選


大型バイク人気記事


>>おすすめ大型ネイキッドバイク16選


>>大型バイクおすすめ23選


バイクジャンル別人気記事


>>おすすめオフロードバイクベスト10


>>アメリカンバイクおすすめ10車種


>>ネイキッドバイクおすすめ16選


>>バイクを売却する時に一番高く売る方法


>>おすすめクラシックバイク17選


>>おすすめストリートファイターバイク15選


>>通勤通学バイク12選【50cc 125cc 250cc編】


カスタムバイク人気記事


>>【族車】暴走族に人気のおすすめバイク | 旧車會


>>カフェレーサーカスタムバイク6選


海外バイク人気記事


>>【ピアジオ】125ccおすすめスクーター


>>キムコ125ccおすすめスクーター5選


>>SYM125ccおすすめスクーター5選


バイク用品人気記事


>>SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選


>>おすすめバイクウェア32選


新型バイク人気記事


2018年発売の新車


>>Z900RS


>>PCXハイブリッド


>>モンキー125


>>GSX-R125ABS


>>エストレヤFinal Editin


>>SCR950


>>Z650


>>ニンジャ1000H2 SX SE


>>スーパーカブC125


>>CB125R


>>ハーレー ファットボブ


>>BMW C400X


>>トライアンフ ボンネビルボバー


2017年発売の新車


>>レブル250


>>ジクサー


>>CRF250ラリー


>>Vストローム250


>>GSX250R


>>新型CBR250RR


>>XSR700


2016年発売の新車


>>G310R


>>CRF1000L アフリカツイン


>>XSR900


>>ZRX1200DAEG


 

友だち追加
LINE@に登録すると最新バイク情報が届きます♪【無料】