XSR700はヤマハ期待の新星!ついに国内デビュー決定に!

XSR700はヤマハ期待の新星!ついに国内デビュー決定に!

xsr700

 

昨年2016年にヤマハが提唱する「ネオレトロコンセプト」の戦略車として発表され、生産地による都合により、日本国内での販売が絶望視されていた「ヤマハ XSR700」。

 

上位グレードにあたる「XSR900」の好調なセールスを受け、ついに本年2017年秋の国内販売開始が正式にリリースされました。

 

「大阪モーターサイクルショー」では、ワイズギアより販売されている数々のオプションパーツがXSR900らと展示されており、同一のボディを持つXSR700も発売と同時に多くのカスタムファンを獲得することが予想されます。

 

今回は一年遅れの上陸が決定した「遅れてきた大物」、ヤマハ XSR700に関するインプレをお届けさせて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

XSR700はユーロヤマハの本気が詰まったオールディな一台

 

xsr700

 

今回、XSR700の国内初のお披露目となったヤマハブースでは、数々のXSR700のカスタム車両が展示され、多くの来場者の方の目を楽しませていました。

 

「外装・マフラー以外はほぼノーマル」との事でしたが、すでに国内導入済みの兄貴分・XSR900とはまた異なったレトロ感が全体的に感じられました。

 

英国の老舗メーカーである「トライアンフ」のバイクのような独特の味わい深さがあり、このようなクラシックなカスタマイズが可能なあたりはSRを排出したヤマハならではと言えるでしょう。

 

XSR700のスペックをここでおさらい

 

xsr700

 

ヤマハ発動機より正式なプレスリリースが発表されたXSR700、ここで今一度スペックデータをおさらいしてみたいと思います。

 

まずはエンジンですが、こちらはMT-07と同一の4ストローク水冷2気筒エンジンを採用。

 

最高出力55kw(74.8ps)/9,000rpm、最大トルク68N・m/6,500rpmと、エンジンパフォーマンスについてもほぼ同一です。

 

車体重量は187kgとXSR700の方が軽量で、ヤマハの水冷2気筒エンジン搭載のミドルクラスバイクの中では最軽量と言える軽さとなっています。

 

ヤマハの欧州法人である「Euro YAMAHA」では新車販売価格7,690ユーロ(約91万9,000円)と設定されており、日本での販売価格もこれに準ずる価格となることが予想されます。

 

上位グレードであるXSR900と比べ、出力差で約35ps・価格では約10万円の差となっていますが、ハイパワーを求めないレトロなスタイルを楽しむジャンルであり、このスペックと価格は実に絶妙なバランスだと言えそうです。

 

XSR700のカスタムパーツの展望は?

 

xsr700

 

上記画像は兄貴分にあたる「XSR900」のRZ仕様キット「オーセンティック外装セット」の装着車ですが、昨年2016年の「大阪モーターショー」で発表されたこのキット、非常に好調なセールスを記録しています。

 

今年はブラックVerの販売も決定しており、兄弟車であるXSR700に販売されるのか、ファンにとっては非常に気になるところですね。

 

現時点では日本国内向けの詳細なスペックデータは公表されていませんが、ユーロヤマハの公表によると、車体サイズ等のボディに関しては全く同一の寸法となっており、XSR900用キットが装着できる可能性は非常に高いと言えます。

 

こちらはワイズギアなど、各メーカーの正式発表を待ちたいところではありますが、ワイズギア以外からも数々のパーツが販売されている現状を考えると、XSR700も潤沢なカスタムが楽しめるマシンと言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

XSR700は独特の荒々しさあり? 海外オーナーの方からレポートを頂きました!

 

xsr700

 

現在、日本国内では輸入車として購入した少数オーナーが所有するのみとなっているXSR700ですが、ドイツ在住の管理人の友人からオーナーズレポートが届きましたので、その意訳をご紹介させて頂きたいと思います。

 

“XSR700の走りはなかなかに刺激的だよ!

 

何と言っても独特のビート感があり、ドゥカティのスクランブラーと迷った挙句、こちらを選んだけど、僕はおおむね満足しているよ。

 

スクランブラーもそうだけど、こういうレトロデザインのバイクはやっぱりルックスが大事だよね。

 

走らせてみるとよく分かると思うけど、こちらのバイクは荒々しいほどの躍動感があったほうが好まれるからか、2,000回転あたりからの豊かなトルクは病み付きになるほど味わい深いものがある。

 

加速はロケット並み…とまでは言い過ぎだけど、アウトバーン(※日本で言うところの「高速道路」です)を走っていてもポルシェについていけるだけの十分なスピードをいつでも提供してくれる。

 

個人的には足回りがちょっと硬い気もするけど、何せ僕は体重94kgだからね。

 

ダイエットが必要というだけなのかも知れないが、長時間乗っていてもあまり疲れないのは日本人の「おもてなしの心」ってやつの現れなのかも知れないね。

 

その反面、見た目のレトロさとは違ってロードスポーツらしい旋回性能があるから、XSR700はその気にさえなればいつでも本気でスポーツできる。ABSが標準搭載されているからある程度までのミスもフォローしてくれるし、ソフトタッチで十分なブレーキング性能を発揮してくれるから、ブレーキフィーリングも穏やかで扱いやすい。

 

こちらでもXSR900は高く評価されているけど、あっちのハイパワーさに比べて自分の身の丈にあった「程よいパワー感」があり、それを十分にコントロールできるボディとのバランスの良さはこっちの方が上なんじゃないかな。

 

人によって好みは変わるけど、うまい肉を食いたくなって遠出するのにも使えるし、僕は本当に満足しているよ。“

 

翻訳アプリを使いながらの意訳ですが、このようなレポートを頂けました。

 

この「独特のビート感」と「荒々しさ」というのが、XSR700の走りを知る上での重要なキーポイントとなりそうですね。

 

レトロな雰囲気で荒々しさを持ったバイクと言えば、国内では「カワサキ W800」が非常に有名ですが、両者は案外近いものがあるのかも知れません。

 

XSR700は兄貴分とは異なる魅力を持ったレトロテイストが楽しめるマシン

 

2017年5月現在、「ヤマハ XSR700」の正式な販売日は未定となっていますが、国内販売化は決定済みのようで、展示車両などを見る限り海の向こうでの評判の高さは本物と言ってもよいでしょう。

 

ヤマハは近年遊び心を前面に押し出した魅力的なモデルを多数輩出しており、XSR700は「カワサキ W800」不在のミドルクラスを牽引していける十分な実力があることが伺えました。

 

ヤマハによる販売価格などの続報が気になるところですが、海外での販売価格を考えると日本仕様車で大幅な変更となることは考えにくく、ほぼそのままの形で販売されるものと思われます。

 

海外のXSR700オーナーによるレポートもご参考に、これからのXSR700の続報に期待しましょう!

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

2017年発表の新車

 

>>今のバイクを高く売却するコツ

 

>>レブル250

 

>>ヴェルシス250ABS

 

>>ジクサー

 

>>CRF250ラリー

 

>>Vストローム250

 

>>GSX250R

 

>>新型CBR250RR

 

当サイト人気記事

 

>>バイクの車種別買取相場一覧

 

>>【族車】暴走族に人気のおすすめバイク|旧車會

 

>>125ccおすすめアメリカンバイク【全車種版】

 

>>【ピアジオ】125ccおすすめスクーター

 

>>【決定版】ホンダの125ccおすすめスクーター

 

>>250ccおすすめネイキッドバイク

 

>>4ストマルチ!おすすめ400ccネイキッドバイクトップ5!

 

>>400ccおすすめアメリカンバイク6選

 

>>250ccおすすめアメリカンバイク6選

 

>>SYM125ccおすすめスクーター激っ!5選!

 

>>125ccスクーターのおすすめモデル12選!【全メーカー】

 

>>おすすめオフロードバイクベスト10!

 

>>250ccバイク!おすすめ車種と魅力を徹底解説!

 

>>【2017年版】125ccバイクおすすめまとめ【原二】

 

>>50cc原付バイクおすすめ車種ベスト15選!

 

>>大型バイクおすすめ23選!

 

>>400ccバイクおすすめ20選!

 

>>ネイキッドバイクおすすめ16選

 

>>中型バイク(250cc~400cc)おすすめ20選!