元ヤンナオのバイク売る!

ホンダ CRF1000L アフリカツインに乗り換えの際に高価買取して貰うPOINT

バイク,売る,買取,査定,

 

沈黙を破って遂に国内販売開始!新型アフリカツイン「CRF1000L AfricaTwin」

 

本格的なラリーレーサーの性能と、アドベンチャーバイクとしての高い性能で人気を博したアフリカツイン。
1999年に惜しまれつつも生産を終えましたが、昨年16年の沈黙を破り「CRF1000L AfricaTwin」として、欧州で先行販売を開始しました。

 

いよいよ国内での販売も始まった新型アフリカツインの魅力に迫ります。

 

ラリースピリットは健在! CRF1000L AfricaTwinは高い安定性と操縦性を持つスーパーアドベンチャー

 

バイク,売る,買取,査定,

 

まずはフロントにご注目下さい。
21インチのホイールサイズはビッグオフらしく、オフロード走行での接地感を高めるためのもの。

 

軽快かつ確実な操作性が求められるダート走行を意識した作りは、名車アフリカツインのDNAが継承されている証です。
ABSの採用によって制動能力は保証付き。

 

242kgという車体重量を確実にコントロールする上で必要不可欠な性能と安全性が確保されています。

 

次はその大きなフロントタイヤを受け止めるフロントフォーク。

 

バイク,売る,買取,査定,

 

最高出力92psというハイパワーをしっかりと受け止め、高い走行性能を発揮するための大口径の倒立式テレスコピックを採用したフロントは見るだけでその走りの信頼性の高さを伺わせます。
実際に跨ってフロントに全体重をかけてみると、サスが重量をいなすようにわずかな沈みを伴って受け流します。

 

この柳のような柔軟さと確実な剛性はエンデューロで通用するレベルのもの。
ホンダが看板モデルであるCRFとアフリカツインという二大ブランドの名を併せた自信が伺える抜群の足回りと言っても過言ではないでしょう。

 

もう一つ、車体の安定性と操縦性を語る上で欠かせない要素がシート高です。
全長2335mm・全幅930mm・全高1475mmと大柄な車体を持つこのCRF1000L AfricaTwinですが、シート高は870mm。

 

しかも二段階調整可能となっており、ローポジションにセッティングを変更すると850mmにまで下げられます。
この調整は工具不要で行えるため、シーンや乗り手に応じた変更が即座に行える事を意味します。

 

また、後部に重量物を積載していてもそのまま調整が可能で、舗装路とオフロード走行がすぐさま切り替えられるのは心憎いほど。
初代アフリカツインから続くその重心バランスの良さは健在で、さらに高い次元へと進化を果たしています。

 

その強烈な存在感も健在! 初代アフリカツイン譲りの個性を更に昇華したルックスはCRF1000Lにしかない魅力

 

バイク,売る,買取,査定,

 

初代アフリカツインはやや細身とすら言える感じのフェイスマスクでしたが、今回のCRF1000L AfricaTwinはご覧の通り大迫力のマスクに生まれ変わりました。
よりワイドな存在感とフレームから伸びたフロント部のガードが、走破のためのタフさをより強調しています。
2灯式ヘッドライトもそのイメージ強化に一役買っています。

 

バイク,売る,買取,査定,

 

少し横に視点を変えると、初代アフリカツインを彷彿とさせる直角と流形の融合した美しいフォルムが確認でき、見るからに頼もしい圧倒的なオーラをオーナーに感じさせてくれます。
ライバルと目されるヤマハ・XT1200Zスーパーテネレも独特のオーラを感じさせるバイクですが、このCRF1000Lというバイクにはアフリカツインにしかない絶対的な個性が間違いなくあります。

 

スポーティさとクルージング性を徹底追求! AT仕様であるDCTはCRF1000Lならではの機能

 

バイク,売る,買取,査定,

 

CRF1000L AfricaTwinの最大の特徴の一つが従来からの6速仕様とデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)と名付けられたクラッチフリーのAT機能搭載車の2ラインナップです。
AT仕様でありながらスリムに設計されたエンジンはコンパクトにまとまっていて、走りの妨げにならないように設計されています。

 

通常なら右側はコンパクトであっても左側にその影響が出たりするものですが、画像のように均等性を崩さないようにまとまっています。

 

バイク,売る,買取,査定,

 

ご覧の通り正面から見てもフロントタイヤからリアまで、大きく突き出たりすることなくしっかりと設計されている事は高評価に値します。
メーカー広報曰く「オフロード走行でもダレず、軽く流した走りでも余裕のある走りが可能」(第32回大阪モーターサイクルショーにて)との事。

 

これは初代アフリカツインから受け継がれるスポーティさとツアラーとしてのクルージング性能がそのままこのDCT仕様車にも受け継がれているという事です。
持ち前の高い走破性と極めて楽に乗れる新型アフリカツインは、21世紀を代表するビッグオフの王者の風格と性能を併せ持つバイクとなっています。

 

走り出そう、未知の世界へ。 新型アフリカツインが誘う新しいツアラーの世界

 

バイク,売る,買取,査定,

 

快適なポジショニングの為に計算されたバーハンドルと、シンプルにまとめられたハンドル周り。
ツアラーバイクとしての人気も高かった初代アフリカツインですが、その精神はこのCRF1000Lにもしっかり継承されています。
操作性の良さを存分に味わえる、バランスのよいまとまり方をしています。

 

バイク,売る,買取,査定,

 

そしてこの18.8リットルという大容量のタンク。
どこまでも走り続けることが出来るため、必要なもの全てが詰まった新型アフリカツイン。

 

「走り出そう、未知の世界へ。」
新しいアドベンチャーバイクの世界へ、CRF1000L AfricaTwinという稀代のバイクはあなたと旅立つ事を待っています。

 

 

 

 

あなたのバイクを高く売ってアフリカツインに乗り換えるオススメの方法

 

元整備士の管理人「ナオ」のバイクを高く売る方法

 

高くバイクを売るにはどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番のおすすめはバイクを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのバイクがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとバイクの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイクを高く売るコツ、買取店の申込みランキング、買取店の詳しい特徴は⇒バイク買取店比較、バイクを高額買取して貰うテクニック

 

バイク王

オススメ!業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)ですので、仕事終わりの遅い時間でも査定申込みが出来ます。

 

もちろん、バイク買取業界ナンバー1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でもバイク王ダイレクトショップという販売店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートをもち高価買取が狙えます。

 

面倒な手続きはすべて代行してくれて、バイクの名義変更、廃車手続き、再発行、所有権解除などの書類手続きもすべて無料で手続きをしてくれます。

 

不動車、事故車はもちろん、特殊車両、改造車や、ローン中のバイクも全て買取できます。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
備考 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

簡単30秒査定!バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。

 

中型、大型バイクや、ハーレーなどの外車にも特に強い買取店です。

 

独自のバイク輸出ルートを持っていて、海外で高い値段で販売されている車種は他の買取店に負けない買取価格をつけてくれます。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王と買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

査定額が事前にわかるバイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店と買取価格を競合させると高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

※不動車、事故車、輸入車、人気車、故障車など、どのバイクにも価値がありますので、必ず査定をしてもらいましょう!