Bite(バイト)の買取価格相場|高額査定の方法

最高額11万円!Bite(バイト)の買取価格相場|高額査定の方法

bite,ホンダ

 

ホンダ Biteを査定する時に高価買取して貰う方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではBiteの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


Biteを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはBiteの買取相場をみてみる

 

このページではBiteの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、Biteの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではBiteを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ Bite買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
Bite(バイト) 2003年 1209km 110000円
Bite(バイト) 2002年 930km 100000円
Bite(バイト) 2001年 2782km 95000円
Bite(バイト) 2003年 1990km 80000円
Bite(バイト) 2003年 2849km 72000円
Bite(バイト) 2002年 3048km 70000円
Bite(バイト) 2003年 6783km 68000円
Bite(バイト) 2002年 5469km 57000円
Bite(バイト) 2001年 7469km 50000円
Bite(バイト) 2001年 8490km 41000円
Bite(バイト) 2002年 10921km 32000円
Bite(バイト) 2002年 12084km 28000円
Bite(バイト) 2001年 5453km 20000円
Bite(バイト) 2001年 7478km 15000円
Bite(バイト) 2001年 不明 10000円

 

 

Biteの買取相場がわかりました。距離を走っていても高額で買取されることが多いのが特徴です。バイク買取ランキングを参考に無料査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

Bite(バイト) スペック  
型式 BA-AF59
サイズ 1715×665×1050
ホイールベース 1190mm
シート高 785mm
最低地上高 115mm
重量 77kg
サスペンション テレスコピック ユニットスイング
トレール 73mm
ブレーキ ドラム
タイヤサイズ 90/90-10 90/90-10
エンジン型式 AF55E
エンジン 水冷4ST 単気筒
排気量 49cc
圧縮比 12
ボア 38mm
ストローク 44mm
最高出力 4.9ps/8000rpm
最大トルク 0.4kgf-m/7000rpm
始動方式 セル/キック
ミッション 無段変速
吸気 キャブ
タンク容量 5L
燃費 75km/L

 

気分はまるでスケーター? 超個性派スクーター ホンダ・Bite

 

日本国内におけるバイクの中で、もっとも普及率が高い50ccスクーター。

 

これまで数多くのモデルが誕生しては消えていきましたが、中には非常に個性的なモデルも多数ありました。

 

大型バイクに負けず劣らず、数々の希少車が存在する原付カテゴリの中で、一際強い異彩を放つのが「ホンダ Bite(バイト)」です。

 

奇をてらわない優等生メーカー、とも呼ばれるホンダがリリースしたこのバイクは、一目見れば忘れられない個性のかたまりのようなバイクです。

 

今回は、そんな珍車・ホンダ Biteについてご紹介させて頂きます!

 

ホンダ Biteは一風変わったネイキッドスクーター!

 

2002年、「ホンダNプロジェクト」のコンセプトバイクとして、「若者のライフスタイルに合ったモーターサイクル」をコンセプトに掲げ、若手製作チームによって開発されたのがシリーズ第3弾となるBiteです。

 

その作りは非常に独創的で、ハンドル周りやエンジン周りのフレーム剥き出しという個性的なルックスが最大の特徴です。

 

 

車体イメージとしては大ヒット車であり、Nプロジェクトの先輩である「ホンダ ズーマー」に近く、Nプロジェクトによって誕生した兄弟車と言える存在です。

 

自転車のサドルに近い形状のシートを持ち、工具不要で730〜840mmまでシート高の調整が出来るという一風変わった仕様がマニア心をくすぐります。

 

マウンテンバイクをイメージしたというクロム仕上げハンドルと、小型キャリアに剥き出しのフレームという組み合わせのBiteは、ストリートファッションとの相性が非常に良く、遊びに出かけるにはもってこいのスタイル自慢でした。

 

Biteは2004年の秋に生産終了が正式発表となり、生産台数はごくわずかでしたが個性的な希少車として評価は高く、中古車市場では意外な高値が期待できるモデルとなっています。

 

軽量かつシンプル!キラリと光るホンダ Biteならではの個性!

 

bite,ホンダ

http://www.honda.co.jp/news/2002/2020130-bite.html

 

ホンダ Biteは作りとしては非常にシンプルで、スクーターが「モペット」と呼ばれていた時代に通じる一種のレトロ感があります。

 

しかし、乾燥重量でわずか72kgという軽量なBiteは、高い運動性を持ったファンライドスクーターとも言える存在です。

 

クロム仕上げのハンドルはポジショニングが非常に楽で、7段階の高さに調節できるシートと合わせるとその快適さが実感できます。

 

 

Biteの購買ターゲット層は10〜20代までの若者と設定されていたこともあり、ブラック・サンライズイエロー・リアルブルー・クラシカルホワイト(2003年に追加販売)の4色が設定され、ポップ感が強調されたスタイリングとなっています。

 

Biteに乗ってみるとフワッとした独特の「軽さ」を感じることができ、まるでスケボーに小型エンジンがつけられているような良い意味での違和感があり、人と違ったバイクが欲しいというファンにはカルトな人気を博しました。

 

原付バイクらしい扱いやすい車体サイズと、スケボー状のフットボード、片手でも十分に力を込められるバーハンドルを活かし、ストリートパフォーマンス用バイクとしても楽しい一台です。

 

ホンダ Biteは意外に実力派? 基本性能の高さが魅力!

 

こう書いてしまうと、いかにも中身がスカスカなルックスありきのスクーター、という印象を与えがちですが、ホンダ車らしい基本性能が備わっているのもBiteの魅力です。

 

水冷4ストローク単気筒というBiteのエンジンは、当時としても珍しいものではありませんでしたが、このエンジンのベースは低燃費・耐久性・静粛性と三拍子揃ったクレアスクーピー。

 

最高出力4.9psのエンジンは意外なパンチ力があり、軽量の車体と相まって十分な走行性能を持っています。

 

兄弟分のズーマーがやや出足に難があったことと比べると、軽くスロットルを捻るだけで元気よくダッシュするBiteは、市街地では軽快に走る楽しさを満喫することが出来るホビースクーターでもありました。

 

Biteはカジュアルさ・スタイリングを重視した仕様のため、ズーマーよりも収納性・直進安定性では劣りますが、キビキビ走る低燃費車という面では一枚も二枚も上手の実力車です。

 

Biteは車幅が665mmとスリムなため、渋滞時のすり抜けは得意中の得意。

 

混雑する朝の道路事情に関係なく、軽快に目的地に迎える爽快感は、毎日の通勤・通学を楽しくしてくれること請け合いです。

 

ホンダ Biteは現在でも希少価値あり! 高値が十分期待できます!

 

生産期間はわずか2年間と短く、新車ラインナップとしては短命に終わったホンダ Biteでしたが、その希少性は中古バイク市場でも人気を呼んでいます。

 

中古の50cc原付スクーターと言えば、殆どのモデルが販売開始から5年も経過すると半額以下まで下がるのが一般的ですが、Biteは値下がりが殆どありません。

 

走行距離の記録が4桁までとなる原付バイクは、基本的には走行距離不明として扱われるのが常ですが、Biteの場合は中古車平均価格が80,000円を切ることはまずありません。

 

それだけに買取査定時には十分高額買取が期待でき、ネイキッドスクーターという仕様のおかげでメンテナンス性も良好です。

 

 

査定前にはサドルシートなど、メッキパーツを中心にシルバーダスターなどで磨くだけでもかなりマイナス評価を避けることが可能です。

 

クレアスクーピーベースのエンジンは耐久性に優れ、プラグとオイルの交換だけでも十分元気に走り続けるタフさを秘めています。

 

これからも乗り続けてヨシ、買取に出して高値売却を狙うもヨシ。

 

原付スクーターとしては希少価値が高く、乗っているとちょっと自慢できるバイクと言えるでしょう。

 

管理人元ヤンナオのBiteを高く売る方法

 

Biteをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はBiteを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのBiteがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとBiteの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク比較.comの特徴

 

バイク比較.comは一括査定申込み件数NO.1!

 

買取店ではバイク王が有名ですが、他にも中小の買取店がたくさんあります。バイク比較.comには中小の買取店もたくさん登録されています。

 

そのため多くの買取店に一括で買取価格の競争をさせることで、価格競争がおきて思わぬ高額査定をして貰える可能性があります!最短29秒簡単査定が一番の特徴!

価格 数社と買取価格を競合させることができ、高い買取額
評価 評価5
備考 全国対応 バイク一括査定業界No.1

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクに特に強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とBiteの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とBiteの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク比較.comでBiteを無料一括査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加