WR250X買取価格相場|高額査定の方法

最高額48万円!WR250X買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,バイク売る,売却,ヤマハ,WR250X

 

ヤマハ WR250Xを査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではWR250Xの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


WR250Xを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはWR250Xの買取相場をみてみる

 

このページではWR250Xの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、WR250Xの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではWR250Xを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ヤマハ WR250X買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
WR250X 2016年 1039km 480000円
WR250X 2016年 983km 450000円
WR250X 2015年 1847km 430000円
WR250X 2015年 2094km 400000円
WR250X 2012年 1586km 380000円
WR250X 2013年 2940km 370000円
WR250X 2011年 5778km 350000円
WR250X 2010年 8492km 300000円
WR250X 2008年 9482km 295000円
WR250X 2009年 14763km 270000円
WR250X 2008年 13002km 250000円
WR250X 2007年 20182km 210000円
WR250X 2009年 27470km 190000円
WR250X 2007年 30294km 182000円
WR250X 2007年 19287km 180000円

 

 

WR250Xは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

WR250X スペック  
型式 JBK-DG15J
サイズ 2125×810×1190
ホイールベース 1435mm
シート高 870mm
最低地上高 260mm
重量 134kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 81mm
ブレーキ ディスク 
タイヤサイズ 110/70R17 140/70R17
エンジン型式 G363E
エンジン 水冷4ST DOHC4バル単気筒
排気量 249cc
圧縮比 11.8
ボア 77mm
ストローク 53.6mm
最高出力 31ps/10000rpm
最大トルク 2.4kgf-m/8000rpm
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 7.6L
燃費 34km/L

 

ヤマハ WR250Xのおすすめポイント

 

ヤマハ WR250Xは発売当時、市販250ccクラスの中では最速と言われていました。

 

というのも、このモタードというジャンルはオフロード車をベースにしているため、他メーカーのラインナップが乏しく、また「走り」という点に特化したモデルがありませんでした。

 

そこにヤマハが投入した「WR250X」は圧縮比 11.8:1の高圧縮、最高出力 23kW(31PS)/10,000r/minと、ハイスペックモタードと呼ぶに相応しいものです。

 

WR250Xの加速に関しては、同時期に発売されたニンジャ250Rよりも速く、「今250ccを買うならWR250X」とバイク乗りの中では話題になっていたとか…。

 

WR250Xの性能のさることながら、信頼性については国内メーカーのヤマハが製造しているので安心してください。

 

レーサーである「WR」の名を冠するモデルに恥じない性能と頑丈さは、サーキットを走る人でも、ツーリングメインで使用する人でも満足すると思います。

 

WR250Xのシート高はメーカー公称で870mmと、身長が175cm程度ないと厳しいものがありますが、車両重量は134kgであるため小回りや取り回しに困ることはありません。

 

250ccクラスはエントリーモデルが多いかのように思いますが、WR250Xはモタードの魅力を存分に体感でき、コース走行まで楽しめるバイクです。

 

 

WR250Xの外見的な特徴としてはサイドゼッケンを無くし、ヤマハらしいスポーティーなシルエットで、コレまでのモタード車とは違ったもの。

 

性能としては現行の250ccで最速と言われる加速。レーサーである「WR」の名に恥じぬ性能で、ワインディングはもちろん、コース走行も楽しめるバイクです。

 

WR250Xは性能がいいからと言って、各部品の寿命が短い訳でもなくどれだけ走っても、他の市販車同様に高い耐久性も備わっているので、安心して乗ることが出来ます。

 

また、FI車ながらレースに参加しているチームもあるので、吸気チューンのノウハウが貯まってきていて、過激な性能を求めるユーザーにもWR250Xは満足して頂けるでしょう。

 

ヤマハ WR250Xはオフロード車をベースとしているモタード車両なので、走行中の視点が高く街中の走行も安心できます。

 

また、車体が軽いので多少足つきが悪くても操作性には全く影響ありません。

 

WR250Xはカスタムパーツも豊富で、ハイシート、テーパーハンドル、ハンドガード、ハイステップなどスポーティーな走行を求めるユーザーにも、外装メインで改造するユーザーも満足できるでしょう。

 

燃費は20-25km/L位なので、一山超えるくらいであれば心配は要りません。

 

ヤマハ WR250Xのマイナスポイント

 

 

WR250Xのタンク容量は7.6Lと、ロングツーリングには少し頼りないです。

 

WR250Xは更に高圧縮エンジンであるが故に燃料はハイオク指定ですので、ランニングコストも他のバイクと比べると多少高くなってしまいます。

 

関東や関西など、比較的栄えている都市部を走行するのであれば心配は要りませんが、北海道・東北などGSが少ない地域を走る人には厳しいものがあるでしょう。

 

WR250Xの実燃費としては様々なレビューを見る限りでは20~28km/Lであることから、無給油で150kmしか走ることができない。つまり2、3時間毎に給油することになってしまうでしょう。

 

ヤマハ WR250Xの不具合情報としては、発売当初より熱による燃料ポンプの不具合が起きてしまうことです。

 

メーカーから2回対策部品への交換の案内が出されており、対策品に交換すれば安心かと思えばそうでもないようで、部品によって当たり外れが出ているというユーザーの声も当時は聞こえていました。

 

他にも加速時のチェーンノイズを低減するために前後スプロケットにゴムのチェーンサポートが取り付けられているため、軽快な加速をスポイルしています。

 

コレを改善するためには社外品に交換すれば言いだけですが、WR250Xのチェーンと前後スプロケを同時交換するとなるとそれなりの費用も掛かります。

 

 

購入してすぐWR250Xの性能を全て出し切れると言うわけではないのが残念なところです。

 

WR250XのFIについて販売初期段階から、FI車に備わっている燃料ポンプが熱に弱いと言われていました。

 

走行中に発せられる熱ではなく、直射日光による熱で燃料を吸い上げるプロペラのようなものが動かなくなってしまうと言うものでした。

 

WR250Xのこの部品は二度メーカーにて対策補修部品が出ていますので、これから購入するという人はしっかりと確認しましょう。

 

ヤマハ WR250Xにはラジエーターが片面しかなく、夏場街乗りで渋滞にはまると常時ファンが稼動し、右足を常に熱せられることになります。

 

またWR250Xのようなオフ・モタード車が装備するアップマフラーの宿命でもある、エキゾーストパイプからの熱も右足を襲うことになります。

 

火傷をするほどではありませんが、乗車していると気になる部分ですので、対策が必要でしょう。

 

タンク容量は約7.6Lと心元なく、燃料はハイオク指定。WR250Xはオフロードベースで高圧縮なバイクですので高い運動性能を得た代わりに、このような制約もあります。

 

現在国内に二輪車に対する規制が厳しく、特に騒音規制をパスするため、前述のとおり純正スプロケ・チェーンには騒音提言のためのゴムが余分に装着されています。

 

これらを社外品と交換するだけで、乗り心地が大きく変りますが、そのための費用がかさんでしまうのも難点でしょう。

 

ヤマハ WR250Xの走行性能、乗り心地

 

 

WR250X加速のすごさに関しては街乗りでも体感することが出来ます。

 

ストップアンドゴーが多い市街地でも、その車重とパワーがあるのでむしろ0発進を楽しめます。

 

もちろん、WR250Xでワインディングコースに出かけてもヒラヒラと素直に曲がってくれるため、使いきれる性能で高い次元の走りが出来るバイクといえるでしょう。

 

WR250Xは250ccですのでSSのように使い切れないパワーを制御すると言うよりは、初心者でも楽しめる性能を有しています。

 

乗り心地に関しては、やはりオフロードベースなので高速走行は苦手です。

 

 

WR250Xのアップライトポディションは走行風の影響を直接的に受けますので、風が強い日は特に注意が必要です。

 

またWR250Xはシートもオフロードのものなので、硬く、ロングツーリング向きとは言えません。

 

ゲルクッションやハイシートなど、お尻との設置面を増やすカスタムを施せば多少はマシになりますが、気休め程度で1時間も走ればお尻が痺れてくる感覚に襲われます。

 

また、WR250Xには通常オフロード・モタード車に装着されているラジエータが半分(右シュラウドのみ)しか装着されていないので、水温管理も必須です。

 

高圧縮エンジンでその性能を活かす為の装備ですが、排熱が右足にかかるため、乗り心地という点に関してはマイナスポイントでしょう。

 

ヤマハ WR250Xの総合評価

 

WR250Xはツーリングからコース走行まで楽しめます。

 

また、250ccクラスということで、セカンドバイクにしてもよし、メインバイクにしてもよしと様々なユーザーに適していると言えるでしょう。

 

WR250Xは車体価格が新車で約72万円と手が出しにくいですが、このバイクは値段以上の性能があります。

 

コース走行に使用するユーザーも多いため、外装だけでなく吸気系や足回りのカスタムパーツも多く出ています。

 

WR250Xは性能アップのためのカスタムに困ることはほぼ無いでしょう。

 

ハイグリップタイヤを履かせてサーキット走行をしてもよし、ワインディングマシンにしてもよし。

 

WR250Xにツーリングタイヤを履かせてロングツーリングの相棒にしてもよし、と高性能ながら、リッターSSのように用途を絞る必要が無いため、気軽に乗れるバイクです。

 

購入を検討している人は是非試乗してみて「ヤマハの本気」を体感してみて下さい。

 

WR250Xは高い運動性能と同クラス中で最速とも言われる加速を体感できるバイクです。

 

しかし、販売価格が高く、新車で約72万円と250ccクラスでは最も高いバイクでもありました。

 

WR250Xの価格に合った性能、信頼性はさすがのヤマハ。

 

所有していたのは3年ほどで、総走行距離は新車から5万kmでしたが前途の燃料ポンプ以外トラブルとは無縁でした。

 

WR250Xはワインディングはもちろんですが、北海道や九州・沖縄ツーリングでのいい相棒でした。

 

数は少ないですが各メーカーからキャリアが販売されているので、それを利用してキャンプツーリングなんかも楽しめます。

 

WR250Xは燃料タンクの小ささがネックのように見えますが、150kmは無給油で走れるためそれほど困ることもありませんでした。

 

整備性が少し悪く、点火プラグ交換時にはタンクを外さなくてはいけませんが、慣れてしまえばそれほど時間も掛かりません。

 

WR250Xを所有し、自分でメンテナンスを行う人ならば、オフロード車用のメンテナンススタンドが必須です。

 

WR250Xはピボットシャフトやステムベアリングが弱いと言われているので、購入時にはしっかりと点検をしておきましょう。

 

シート下のスペースは0で書類を入れる場所は左シュラウドの中。

 

車載工具入れも、ゴムバンドで固定されたプラスチックケースがWR250Xの車体左後方にあるだけなので、バッグなどで携行していました。

 

管理人元ヤンナオのWR250Xを高く売る方法

 

WR250Xをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はWR250Xを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのWR250Xがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとWR250Xの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、WR250Xなどの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のWR250Xも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とWR250Xの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とWR250Xの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でWR250Xをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加