DT250買取価格相場|高額査定の方法

最高額25万円!DT250買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,売る,売却,dt250

 

ヤマハ DT250を査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではDT250の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


DT250を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはDT250の買取相場をみてみる

 

このページではDT250の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、DT250の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではDT250を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ヤマハ DT250の買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
DT250 1977年 5109km 250000円
DT250 1975年 8492km 210000円
DT250 1976年 10296km 170000円
DT250 1974年 7849km 150000円
DT250 不明 20904km 118000円
DT250 不明 17786km 100000円
DT250 1975年 25641km 100000円
DT250 不明 19290km 84000円
DT250 1976年 18820km 70000円
DT250 1974年 29387km 50000円

 

 

DT250は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

DT250 スペック  
排気量 246cc
吸気 キャブ
エンジン 空冷2ST 単気筒
最高出力 21ps/6000rpm
最大トルク 2.5kg-m/5500rpm
重量 121kg

 

 

70年代を代表する名トレーラー ヤマハDT250

 

現在は多くのオフロード・デュアルパーパスマシンを発売しているヤマハですが、半世紀前は非常に苦戦を強いられていました。

 

そのヤマハの不利なオフロード戦線で、他社へ一矢報いた功労者がDT250です。

 

1970年、DT1のマイナーチェンジでDT250は誕生しました。

 

 

トレール250DT-1をベースにした249cc空冷2スト単気筒エンジンは21psに出力UP。

 

DT250は2ストローク車らしい吹け上がりのよいエンジンと、瞬発力、キレのよい加速力が評価されました。

 

ヤマハはDT250で幾多の試行錯誤を繰り返し、オフロードマシンのノウハウを研究します。

 

1971年には新開発となる7ポート式リードバルブエンジンを採用し、最高出力を23psにアップ。

 

しかし、1975年には低中速強化のため、最高出力を再び21psに。

 

1973年にはセンターアップマフラーを採用し、現代のオフロードバイクに通じるスタイルを確立。

 

DT250は前輪も21インチに変更し、モトクロッサーMX250を意識したスタイルとなりました。

 

市販車オフロードバイクとして、レーサーを意識したデザインへ変化を遂げたのは、DT250が最初の存在と言ってよいでしょう。

 

1975年のモデルでは、マグネシウムのケースカバー、前輪が片ハブ化。

 

 

1977年には250cc初のモノクロスサスペンション採用となります。

 

毎年のようにDT250は、はっきりそれとわかる程大きな改良を行いながら進化し続けました。

 

オフロードバイクに必要な力強さと、現在のヤマハ車全般に通じるコンパクト&スリムなデザインを守り続けたDT250。

 

ヤマハオフロードバイクの原点の姿は、オールドバイクファン必見の一台と言っても良いでしょう。

 

DT200Rへ継承された確かな性能が自慢のヤマハ DT250

 

http://minkara.carview.co.jp/car/yamaha/dt250/

 

扱いやすさと力強さを両立させるべく、非常に多くの試行錯誤がなされたヤマハ DT250。

 

この一台では、残念ながら研究の成果を花開かせる事が叶いませんでしたが、後継のDT200Rで開花。

 

125ccの扱いやすさと、250ccの力強さを両立させたオフロードバイクとして高い人気を得ました。

 

 

DT250の1977年モデルで試みられた「トルクインダクションシステム吸気方式」が、後のYPVS・EXUPに繋がったのは言うまでもありません。

 

こうした技術的な面から見ると、DT250は現在のヤマハの礎と言うべき存在にも思えます。

 

商業的には成功したとは言えないDT250でしたが、研究の成果を後続へフィードバックするためのプロトとしては大いに成功したモデルと言えます。

 

クラシカルなデザインが熱い視線を集めるDT250

 

決してハイスペックというバイクではなかったヤマハ DT250ですが、その細身でクラシカルなデザイン性は、現在多くのカスタムファンから熱い視線を集めている存在となっています。

 

直線的なデザインの中にも優しい曲線があるDT250は、カワサキ・マッハシリーズに通じるような一種の「雰囲気」があります。

 

DT250の加えて2ストロークエンジン単気筒250ccという、今となっては稀少なエンジン仕様もその理由の一つです。

 

いつしかDT250は、ビンテージバイクとしてレストアを楽しむ、ホビーバイクカテゴリに分類されるバイクとなっていました。

 

非常に軽量な車体であったDT250は、車体重量100kg以下という驚異的な軽さ。

 

片手でヒョイッ、と小脇に抱えられてしまいそうなルックスのDT250を見れば、トイバイクとしての魅力も確かに感じられます。

 

グッドデザイン賞を受賞したトレール250DT-1の面影を強く残したDT250らしい愛され方と言えます。

 

破損フェンダー一つですら高値がつくヤマハ DT250

 

決して高価なバイクでもなかったヤマハ DT250ですが、近年は非常に人気が高まり、現在はボロボロのフェンダー一つですらかなりの高値で取引されるようになってきました。

 

1970年代は、オートバイという乗り物にもっとも勢いのあった時代です。

 

現在の息苦しいほどに規制でがんじ絡めのバイクにはない、勢いのようなものが感じられるDT250が求められているのは、当時の空気に憧れるライダーの深層意識の表れなのかも知れません。

 

DT250の空冷2ストローク単気筒エンジンはかなり耐久性が高く、シンプルな設計である為、比較的レストアは容易です。

 

 

この年代のヤマハ車は、エンジン番号が打刻されていません。

 

1977年〜79年モデルのDT250は、249ccから246ccに僅かにボアダウンしていますので、レストア部品探し時には要注意。

 

当時の新車価格の3倍前後という高値取引が増えたDT250ですが、意外に田舎(失礼!)の一軒家の軒先に眠っていることが多いバイクでもあります。

 

稀少価値が高くなっているのは確かですが、のんびり構えてツーリングがてらに実車を見に行く。

 

そんな感覚で、個人売買の相手を探すのもDT250を購入する上での楽しみ方の一つかも知れません。

 

管理人元ヤンナオのDT250を高く売る方法

 

DT250をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はDT250を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのDT250がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとDT250の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、DT250などの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のDT250も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とDT250の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とバイクの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でDT250をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加