元ヤンナオのバイク売る!

北海道ツーリングのオススメスポットとおすすめルート

バイク,買取,売却,売る,北海道

 

ツーリングスポットは北海道。コツは眺めを楽しもうとすること。バイクはVTX1800。

 

北海道ツーリングのオススメのルートとスポットをご紹介したいと思います。

 

自分の場合東京に生んでいることもあり北海道までは遠い為フェリーを使います。まずは高速を使い大洗まで行ってしまいます。

 

そしてバイクごとフェリーに乗り込みます。さんふらわあ号というフェリーは大変有名ですね。ちょうど大洗~苫小牧航路が運行していますのでそれにのり、夕方の便で乗ると船の中で一泊し翌日午後には到着という形です。

 

苫小牧に着いたら早速ツーリングスタート。札幌に向かいます。札幌まではさほど遠くなく1時間半くらいでしょうか。

 

あっという間に付いてしまいます。札幌はかなり都会の為食べ物も美味しく遊ぶ所もたくさんあります。札幌ラーメンは特に名物で彩未なんかは行列もできて東京では無い味なので、ホントに美味しいです。こってりしていて味噌が香ばしいのが特徴です。

 

麺はこしがある縮れ麺で一度行くと病みつきになりそうです。すみれ 札幌本店は、濃厚こってりのラーメンでかなりアクの強いラーメンですがとても美味しいです。

 

一日泊まった後は、小樽を目指すのが良いとでしょう。ライダーハウス小樽はライダーにも人気の場所で気軽に利用できます。その後稚内を周り宗谷岬を目指すと面白いでしょうね。売店では最北端到達証明書を購入できます。

 

また最北端の碑とツーショットで記念撮影出来る場所もあります。それから網走を目指して走り阿寒湖、オンネトーを見て、241号で弟子屈、屈斜路湖へ行くと面白いです。その後は知床観光します。知床五湖では毎年いつもかなりの確率でヒグマが出るため気をつけなくてはならないですね。それから摩周湖見学も良いです。よく言われる通称の裏摩周には神の子池という池があり、幻想的でとてもクールですね。

 

その後は根室を目指し釧路と言った流れでツーリングするといいですね。そして帯広を通ると六花亭や豚丼で有名な、ぱんちょうというお店がありオススメです。そして多様な種類の美しい花畑で有名な美瑛 富良野を観光し苫小牧に戻ってくるとう流れが良いと思います。帰りは同様にフェリーに乗って船の中で一休み。関東の方に限っては大洗から流す感覚で自宅へ帰りましょう。

 

知床クルーズのお値段はかなり高額!

 

知床観光での、知床クルーズは大変人気があるのですが個人的にはあまり好きでは無いです。

 

理由としては値段がかなり高いからです。大人一人6,500円しますのでバイクツーリングでガス代などでかかることを考えると出費が痛すぎますので良くない点ですね。

 

知床岬コースではヒグマなどの出没率は高いようですので心臓には悪いですね。ウトロの遊覧船に関しては、酔いやすい人にはオススメできませんね。

 

自分で歩くことも少ないのでそういう方に対しては良いかも知れませんが、正直なところ時間を使って乗るほどのものではない印象です。

 

あまりウトロの遊覧船はオススメできませんね。また小型クルーザーの方が断崖絶壁の方へ近寄る事ができるので魅力ありますが揺れには気をつけないと行けませんね、乗る前に酔い止めとか持参したほうが良いです。また港では客引きいわゆるポン引きのような人が少なからずいます。

 

新宿のみたいにぼったくりは無いでしょうが気をつけないと注意しないと行けませんね。また北海道ツーリングで全体的に良くなかった点は、林道を走るときにダートがかなり多いのが特徴であり、工事中も含めると普通に走っていてもダートを走らなくてはならない状況に陥ることもあります。悪路や悪天候も覚悟が必要ですね。

 

北海道はのんびり流すツーリングが一番!

 

自分は北海道ツーリングに何度か行った事がありますが、あまりスピードを出さずにのんびり走るのが個人的に好きな走り方です。

 

私はだいたい時速60~80キロくらいであまり出さずに流していました。また出しすぎると基本的には公道が多いため仮に時速100キロと100キロですれ違った場合はバイクが風で煽られて少し揺れるような感じがして危ないです。

 

更に小石や砂が顔にあたりかなり痛いです。あと今はどうかわかりませんが10年ほど前に北海道ツーリングに行った時すれ違う時にかならずライダーとライダーが手を上げて挨拶する習慣があり、なんだかバスの運転手になったようで良い気分でした。北海道ツーリングの魅力はバイクを走らせるのもそうですが、ライダーズハウスのような宿泊所での旅で知り合った人たちと意見を交わすのも楽しいですね。

 

結構ツーリングって一人で走るので孤独で寂しいものです。ですので、ライダーズハウスのようなところで同じ境遇のような人たちと知り合うとすぐに打ち解けて、話は結構盛り上がりますね。

 

どこのライダーズハウスがいいとかどこの観光地が面白いとかです。なかには、ホンダのFTRで女の子一人で来ている人もいました。びっくりでしたね。バイクは個人的にはVツインエンジンのアメリカンが好きです。レッドバロンで買いましたが安いし性能も良かったです。

 

私は大型免許があるのでVTX1800に乗っています。乗りやすいし安定するし何と言ってもVツイン特有のドドドッという迫力のあるエンジン音で北海道のような広大な土地を走ると気持ちいいです。ちなみにレッドバロンの会員であれば、北海道ツーリングでは有利です。

 

なぜなら7月から9月であれば、稚内と帯広のバイクステーションが安価で使うことができるからです。北海道ツーリングでは緻密にルートを決めるよりも少しづつ変更しながら、思いつきも取り入れてやりたいように走るというコンセプトで走ったほうが面白いかも知れませんね。また推奨するライダーズハウスは、留萌のARFや稚内はみどり湯などが印象が良かったです。

 

あと気をつけなくてはならないことは、北海道では夏もそれなりに服を持って行かないととんでもないことになります。初めは気分が高揚してペースが上がりますが走っているうちに確実に披露がたまります。想像以上に寒いという事も常に頭に入れておかなくてはなりません。バイクで走ることで体感温度は確実に上がりますので風邪を通さない服と厚着は必須ですね。