Vストローム650買取価格相場|高額査定の方法

最高額52万円!Vストローム650買取価格相場|高額査定の方法

バイク,買取,売却,売る,vストローム650

 

スズキ Vストローム650を査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではVストローム650の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


Vストローム650を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはVストローム650の買取相場をみてみる

 

このページではVストローム650の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、Vストローム650の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではVストローム650を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ Vストローム650買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
Vストローム650 2016年 965km 520000円
Vストローム650 2016年 675km 500000円
Vストローム650 2015年 1487km 500000円
Vストローム650 2015年 2374km 485000円
Vストローム650 2014年 1902km 450000円
Vストローム650 2015年 2743km 450000円
Vストローム650 2014年 3477km 430000円
Vストローム650 2014年 6474km 428000円
Vストローム650 2013年 7463km 415000円
Vストローム650 2012年 4730km 410000円
Vストローム650 2013年 3893km 408000円
Vストローム650 2011年 7893km 400000円
Vストローム650 2010年 9384km 400000円
Vストローム650 2011年 10291km 370000円
Vストローム650 2010年 12366km 320000円
Vストローム650 2009年 8939km 310000円
Vストローム650 2008年 13847km 300000円
Vストローム650 2008年 14890km 270000円
Vストローム650 2009年 16489km 250000円
Vストローム650 2008年 18949km 230000円

 

 

Vストローム650は走行距離が多くても高価買取できることがわかりました。高く売れるオススメの買取店をランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

Vストローム650 スペック  
型式 EBL-VP56A
サイズ 2290×835×1405
ホイールベース 1555mm
シート高 835mm
最低地上高 175mm
重量 214kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 108mm
ブレーキ ダブルディスク ディスク
タイヤサイズ 110/80R19 150/70R17
エンジン型式 P515
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブV型2気筒
排気量 645cc
圧縮比 11.2
ボア 81mm
ストローク 62.6mm
最高出力 66ps/8800rpm
最大トルク 6kgf-m/6500rpm
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 20L
燃費 39km/L

 

スポーツ・エンデューロ・ツアラーと3つの顔を持つVストローム650

 

ミドルマルチパーパスというジャンルは、日本国内ではどちらかと言えばあまり馴染みがないクラスかも知れません。

 

しかし、このミドルクラスにはリッター換算200psオーバーを発揮するハイスペックエンジン搭載車や、特筆に価する素晴らしい名車が多いクラスです。

 

 

Vストローム650もまた名車のオーラを強く感じさせる一台です。

 

Vストローム650の水冷V型DOHC2気筒645ccという欧州市場の主流排気量エンジンはスリムで収まりが良く、214kgという車体重量の軽さに貢献しています。

 

スズキ Vストローム650はミドルクラスらしく余裕のあるパワーバランスセッティングとなっており、最高出力は66ps/8,500rpm(2014年モデル)と扱いやすいスペックとなっています。

 

 

Vストローム650は欧州ではその扱いやすさ・ライディングポジションの快適さ・長距離の走破性の面から、「アルペン・マイスター」と称され多くのファンに愛されるバイクです。

 

欧州市場ではミドルクラスのロードスポーツ・エンデューロ・ツアラーを一台挙げて、と質問するとVストローム650という答えが返ってくるほど。

 

幅広いシーンで快適な走りをするために必要不可欠なものを全て備えるVストローム650は、通勤の足から普段使い、長距離ツーリングまでしっかりこなす日本の道路事情向きオールラウンダーです。

 

「快適な普通」「当たり前に快適」。 自分の手足のようにいつでも自在に操れるという信頼感の高さがVストローム650の持ち味です

 

バイク,買取,売却,売る,vストローム650

http://www.motomap.net/lineup/2012/mdl_vstrom650abs_o.html

 

Vストローム650はアルミ製のツインスパーフレームを採用し、低回転域からクラッチをつなぐだけでしっかり車体を前に進めようとする実用的なパワーバランスは秀逸の一言。

 

タフでスマートなVストローム650が、目の肥えた欧州のライダーたちに支持される一因はこのパワーバランスにあると言ってもよいでしょう。

 

決して乗り手の意思に逆らう事がなく、図抜けて暴れ狂うようなパワー感こそありません。

 

しかし、いつでも十分な加速力とトルクをフラットに提供してくれる安定感と柔軟性があり、普通に自転車に乗るような感覚で走れる「快適な普通さ」という乗り味があります。

 

確実に自分のイメージ通りの速度と安定感で走り続けられる。これは長距離を走る際の理想的な条件の一つですが、Vストローム650というバイクはこの点では120点。

 

スズキ Vストローム650はこちらの求める理想をわずかに上回るバランス性を、どのシーンでも確実に発揮してくれるというマシンへの信頼度が非常に高い仕上がりになっています。

 

さらにVストローム650のタンク容量は20リットルという大容量のもので、「ツール・ド・フランス」の光景で容易にご想像がつく通り、補給の機会が日本では想像がつかない程限られている、欧州の山岳ツーリングをこなすだけの実用性を持ち合わせています。

 

さらにVストローム650は燃費も良好で、ストップ&ゴーの多い日本の交通事情であってもリッターあたり27km前後で走れる、好燃費はミドルクラスの最上位に位置すると言えます。

 

Vストローム650のカウルに装着されたスクリーンはウィンドプロテクション効果が非常に高く、シールドなしのジェットヘルメットでも風を物ともせずに走れるだけの高性能。

 

秋から冬の風が冷たい時期でも快適に乗る事が出来る、アドベンチャーモデルのようにタフな快適性を持ったVストローム650。

 

スズキ Vストローム650は欧州以上に日本の交通事情に適した超実力派です。

 

Vストローム650は黙々とライダーの要求に応えてくれる頼れる相棒的存在

 

決してハイパワーではなく、スペックだけ見れば平凡過ぎるくらい平凡なVストローム650。しかし、これは決してマイナス要素ではありません。

 

Vストローム650は扱いにくいパワー特性を持つミドルスーパースポーツやハイスピードツアラーのように、乗り手の反応一つで暴れ狂おうとする特性の対極にあります。

 

逆に乗り手の求めるものを求めただけ的確に提供してくれるというのは長距離ツーリングで一番大事な要素。

 

 

Vストローム650はシートも肉厚で10時間以上乗り続けたとしても全く快適性が損なわれない実用度の高いもので、日本国内の道路事情に応じたシティクルージングもこなします。

 

Vストローム650ミドルクラスの排気量による大人の余裕と、全てが優しさに満ちたマイルドな感覚を持ち合わせています。

 

純正仕様では体格の良い欧州人に合わせたシート高なのが玉にキズですが、中古市場で探す際にはリアサスのシールが馴染んだものをと注文をつければ、車体バランスと剛性をキープしながらライダーの体重に合わせて沈み、足つき性に優れる面があります。

 

これはVストローム650のリアサスの素性自体が良いものである証。試乗する機会があれば積極的にその優しいフィーリングをお試し頂きたい一台です。

 

スズキ Vストローム650派手さはないものの、その気になればリッターマシンにもしっかりついて行けるだけの実力派です。

 

酷道から街乗り、スポーツまでこなす確実な地力は、Vストローム650は初心者・リターンライダーにこれ以上ない最適な一台と言えるでしょう。

 

管理人元ヤンナオのVストローム650を高く売る方法

 

Vストローム650をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はVストローム650を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのVストローム650がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとVストローム650の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、Vストローム650などの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のVストローム650も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とVストローム650の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とVストローム650の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でVストローム650をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加