GSX-R600買取価格相場|高額査定の方法

最高額82万円!GSX-R600買取価格相場|高額査定の方法

バイク売る,バイク,買取,gsx-r600

 

スズキ GSX-R600を査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではGSX-R600の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


GSX-R600を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはGSX-R600の買取相場をみてみる

 

このページではGSX-R600の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、GSX-R600の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではGSX-R600を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ GSX-R600の買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
GSX-R600 2016年 758km 820000円
GSX-R600 2016年 1023km 800000円
GSX-R600 2015年 2039km 790000円
GSX-R600 2015年 3382km 750000円
GSX-R600 2014年 2940km 740000円
GSX-R600 2015年 3954km 725000円
GSX-R600 2014年 5939km 700000円
GSX-R600 2013年 8477km 700000円
GSX-R600 2014年 10244km 680000円
GSX-R600 2012年 3587km 650000円
GSX-R600 2011年 7766km 650000円
GSX-R600 2010年 9483km 630000円
GSX-R600 2009年 4554km 600000円
GSX-R600 2008年 13347km 500000円
GSX-R600 2007年 17566km 480000円
GSX-R600 2009年 18499km 450000円
GSX-R600 2008年 20284km 430000円
GSX-R600 2006年 28574km 410000円
GSX-R600 2006年 35400km 400000円
GSX-R600 2006年 38778km 370000円

 

 

GSX-R600は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

GSX-R600スペック  
サイズ 2030×710×1135
ホイールベース 1385mm
シート高 810mm
最低地上高 130mm
重量 187kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 97mm
ブレーキ ダブルディスク ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 180/55ZR17
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ並列4気筒
排気量 599cc
圧縮比 12.9
ボア 67mm
ストローク 42.5mm
最高出力 92.5kw/13500rpm
始動方式 セル
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 17L

 

スズキ・GSX-R600は長年熟成を重ねてきた抜群の信頼感を誇るスポーツバイク

 

スズキGSX-R600の歴史は古く、初代は1992年にまで遡ります。

 

1992年の初代GSX-R600こそ、GSX-R750のスケールダウンモデル的位置付けでしたが、モデルを重ねる毎に熟成化。

 

GSX-R600激戦区である欧州のミドルクラス市場でも注目を集めるホットなモデルとなりました。

 

 

現在では逆にGSX-R600をボアアップしたモデルがGSX-R750となっており、熟成・信頼度を語る面白いエピソードとして知られています。

 

発売開始から四半世紀を迎え、何度もモデルチェンジを繰り返し進化を続けてきたGSX-R600は、一体どんなマシンに仕上がっているのでしょうか?

 

GSX-R1000譲りの装備と専用設計の融合がGSX-R600の高い戦闘力の秘密

 

現在販売されているGSX-R600は、2011年にフルモデルチェンジを行った7代目の継続モデルに当たります。

 

GSX-R600はピストンの軽量化と加工精度向上により、水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジンは125ps/13,500rpmまでパワーアップ。

 

GSX-R600はパワーを最大限に活かす為、兄貴分であるGSX-R1000譲りのトランクションコントロールシステム「S-DMS」を2モードにして搭載。

 

ギアレシオの変更など、様々な改良を施したハイパフォーマンスバイクとしてGSX-R600は欧州市場で大人気を博しています。

 

GSX-R600は6代目までの同モデルと比較してやや手前よりにセットされており、より快適なライディングポジションが取れるよう調整されているのも大きなポイントです。

 

GSX-R600の車体は「これ以上は無理」とまで囁かれていた従来のフレームより1,350gも軽量化した新設計のアルミキャストツインスパー。

 

 

徹底した見直しが行われ、GSX-R600の車体重量187kgという考えられないほどの軽量マシンになっています。

 

それだけにGSX-R600の車体の扱いやすさは非常に楽で、こちらもGSX-R1000譲りとなる倒立式ビッグピストンフロントフォークとのバランスも抜群。

 

路面追従性の高いフロントにより、より安定したコーナーリングが楽しめる歴代最強との呼び名も高い完成度を誇るマシンとなっています。

 

GSX-R600はさらに安定性を高める為、電子制御式ステアリングダンパーまで標準搭載。

 

兄貴分GSX-R1000にもない専用装備の数々が、GSX-R600の走行性能と魅力の元となっています。

 

人車一体感を強く味わえるGSX-R600は、これからのスズキを象徴するミドルクラスのフラッグシップマシン

 

兄以上の豪華装備と専用の新設計を持ち、欧州での地位を万全のものへと固めたGSX-R600。

 

兄同様の激しい走りかと思えば、意外なことにマイルドと言えます。

 

GSX-R600は低中回転域で粘るトルク仕様になっている点も大きいのですが、600ccならではの伸びやかなパワー出力という事に起因しています。

 

GSX-R1000が圧倒的な加速力でコーナーイン、車体コントロールでアウトしていくといった形に対し、GSX-R600はより余裕を持ってインし、微調整でクリアするといった形。

 

GSX-R600は兄弟車であっても、全く速さの質は別物となっています。

 

もちろん「S-DMS」をAモードにすれば即座に兄貴分と変わらぬ荒々しさも味わえます。

 

十分以上のパワー、400ccと言われても信じてしまいそうなコントロール性の良い車体、そして走行バランスの良さという3要素がGSX-R600の走りを支える鍵です。

 

GSX-R600のブレンボ製のモノブロックキャリパーもいい仕事をしてくれ、わずかなタッチでも車体が倒し込めるほどよいアクションのトリガーとなってくれます。

 

もちろん制動能力は折り紙付きで、指一本で事足りる反応の良さはマシンへの信頼感をさらに高めてくれます。

 

GSX-R600は圧倒的なパワーを持つモンスター・GSX-R1000と比べ、一回りコンパクトな車体は街乗りでの取り扱いもイージー。

 

GSX-R600は太い低速トルクの恩恵で、高回転仕様のスーパースポーツとしては渋滞も苦にならないだけのバランスとなっています。

 

GSX-R600のシート高は810mmと高めになっていますが、沈み込みが大きい事で足つき性はかなり良好。

 

165cmあれば土踏まずまで両足を接地することが出来ます。

 

GSX-R600は免許制度の問題さえなければ、日本の道路事情にこれほど適合するスーパースポーツはないと言っても過言ではないほど。

 

自分の思い通りに動かせる車体との一体感は格別のものがあり、視線を向けるだけでナチュラルに理想のコーナーリングが出来る感覚はGSX-R600だけの特別なもの。

 

スーパースポーツ特有の窮屈さも控えめで、ロングクルーズこそ不向きですが200km程度の中距離ツーリングまでは十分こなせる居住性も持っています。

 

積載性だけは致命的ですが、タンクバッグを使うことでそれもカバー。

 

GSX-R600はスポーツを中心に、オールラウンドな使い方を考えている本物志向のライダーにおすすめしたい一台です。

 

管理人元ヤンナオのGSX-R600を高く売る方法

 

GSX-R600をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はGSX-R600を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのGSX-R600がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとGSX-R600の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、GSX-R600などの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のGSX-R600も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とGSX-R600の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とGSX-R600の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でGSX-R600をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加