アドレスV125買取価格相場|高額査定の方法!

最高額13万円!アドレスV125買取価格相場|高額査定の方法!

バイク,売る,売却,買取,アドレスv125

 

スズキ アドレスV125を査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではアドレスV125の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


アドレスV125を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではアドレスV125の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、アドレスV125の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではアドレスV125を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ アドレスV125の買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
アドレスV125 2017年 948km 130000円
アドレスV125 2016年 1274km 122000円
アドレスV125 2013年 1848km 117000円
アドレスV125 2011年 1633km 110000円
アドレスV125 2009年 2048km 102000円
アドレスV125 2010年 849km 96000円
アドレスV125 2008年 3049km 90000円
アドレスV125 2009年 5543km 84000円
アドレスV125 2007年 4432km 80000円
アドレスV125 2008年 10473km 71000円
アドレスV125 2011年 9920km 66000円
アドレスV125 2012年 14356km 60000円
アドレスV125 2006年 18487km 55000円
アドレスV125 2007年 12033km 47000円
アドレスV125 2008年 9504km 33000円
アドレスV125 2006年 20384km 28000円
アドレスV125 2005年 25546km 24000円
アドレスV125 2006年 28990km 21000円
アドレスV125 2005年 34356km 20000円
アドレスV125 2005年 31028km 20000円

 

 

アドレスV125は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

アドレスV125 スペック  
型式 EBJ-CF4EA
サイズ 1750×635×1030
ホイールベース 1235mm
シート高 740mm
最低地上高 120mm
重量 97kg
サスペンション テレスコピック ユニットスイング
トレール 82mm
ブレーキ ディスク ドラム
タイヤサイズ 90/90-10 100/90-10
エンジン型式 F468
エンジン 空冷4STSOHC2バルブ単気筒
排気量 124cc
圧縮比 9.6
ボア 53.5mm
ストローク 55.2mm
最高出力 9.9ps/7500rpm
最大トルク 1kgf-m/6000rpm
始動方式 セル/キック
ミッション Vベルト自動無段変速
吸気 FI
タンク容量 6L
燃費 52km/L

 

通勤快速の代名詞! スズキ アドレスV125

 

日本の朝夕の道路交通事情は極めて悪く、通勤渋滞は日常茶飯事となっています。

 

そんな通勤事情の背景で、125ccの原付二種という区分は大きな人気を集めています。

 

 

50ccの原付一種とは違い、法定速度が50kmとなることでネズミ捕り(スピード違反検問)の取り締まり率が格段に減り、加えて公道での二人乗り可能であること、維持費が250cc以上のバイクより格段に安いのが大きなメリットです。

 

そんな原付二種スクーターモデルを通勤・通学の足として使うユーザーは多く、それらのバイクは「通勤快速」と呼ばれています。

 

その通勤快速車の中でも、特に人気が高いのがスズキ アドレスV125。

 

 

初代となる2ストロークエンジン搭載車のアドレスV100が通勤・通学の足として非常に優れていたことにより、原付二種スクーター=通勤快速車のイメージが強くなりました。

 

2005年のフルモデルチェンジにより、排気量を125cc・4ストロークエンジン化したアドレスV125は、発売初年だけで3万台以上の販売台数を記録。

 

1991年から2005年まで製造を続けたアドレスV100が14年間で21万台を売り上げたのに対し、

 

現在、2ストロークエンジン特有の瞬発力ほどではありませんが、スタンダードさ・利便性はそのままに、現在も使い勝手のよさと確かな走行性能でアドレスV125は朝夕の強い味方として走り続けています。

 

アドレスV125はきれいにまとまった安心のスタンダード車!

 

 

現在、125cc通勤快速車の王座をホンダ PCXと争い続けているスズキ アドレスV125。

 

PCXが装備の豪華さをウリの一つとしているのに対し、アドレスV125は頑固なまでに昔ながらのベーシックな基本装備のみで対抗しています。

 

メーカーであるスズキでは、公式にアドレスV125を通勤特急としてセールスしています。

 

通勤快速から通勤特急にランクアップしたというアドレスV125の装備は、スタンダードでありながらも、日常使いの利便性を追及したレベルの高いものとなっています。

 

 

メーター内臓のデジタル時計、A4サイズまでの書類ケースがしっかり入るフロント収納スペースにバッグホルダー。

 

さらにXLサイズのフルフェイスヘルメットが収納できるシート下のメットinスペースと、アドレスV125の収納性は必要十分。

 

日常使いとビジネスの移動、通勤時の足として求められるものが全てアドレスV125にはあります。

 

ゴテゴテとした最新鋭の豪華装備より、一目見るだけでパッとわかるシンプルさ。

 

スタンダードの基本コーディネイトは、「シンプル・イズ・ベスト」。

 

アドレスV125は、デフォルトスタンダードであり続けるためには何が必要で何が不必要なのかを、十二分に知り尽くしたスズキならではの快速ビジネスコミューターです。

 

アドレスV125は朝の渋滞では向かうところ敵ナシ!

 

スズキ アドレスV125の車体サイズは全長1,780mm×全幅635mm×全高1,035mmとコンパクト。

 

大型化の著しいビッグスクーターとは異なり、50ccスクーターモデルと変わらないサイズのアドレスV125は、混雑する朝の市街地では最強のスプリンター。

 

2ストロークエンジンのアドレスV100ほどの瞬発力はありませんが、キビキビとした走りは得意中の得意とするところで、スズキ独自のSCEMメッキシリンダー加工によってエンジンも丈夫です。

 

 

多少ラフな走りを続けてもヘタる事もなく、毎日の走行を快適に保つことができます。

 

制動性能も折り紙つきで、特に通勤時間帯での渋滞のすり抜けでは抜群の働き。

 

少し引き摺り気味にソフトなブレーキングをすることで、車体バランスを崩すことなくスイスイと走り抜けることが可能です。

 

初代アドレスV100から、コンパクトな車体サイズを活かしてのすり抜けはアドレスのお家芸でしたが、アドレスV125も運動性能は高く、フューエルインジェクションによるパワーダウンの犠牲になった部分は皆無と言ってよいでしょう。

 

発進時にウイリーしてしまうようなヤンチャさは鳴りを潜め、より大人の乗り物として現役のアドレスV125。

 

日本の道路事情にこれ以上ないほどに適合するアドレスV125は、扱いやすい上に高い走行性能を持つ通勤快速車の王者です。

 

意外にお買い得?アドレスV125は玉数豊富で掘り出し物も!

 

既に20万台以上もの販売台数を誇るスズキ アドレスV125。

 

上位モデルとなるアドレスV125GやアドレスV125Sを含めると、非常に多くの台数でとなり、中古車選びで困ることはないでしょう。

 

購入時のポイントは、実際にシートに座ってみることです。

 

 

座ってみて、妙にやわらかく沈むような感じがしたら要注意。

 

もともとアドレスV125は、サスペンションが固めにセッティングされています。

 

乗り味のためにサスペンション自体を交換してしまう愛好家もいますが、それは稀なケースです。

 

もし違和感を覚えたら、ショップのスタッフさんに「これってサス調整とか交換ってしていますか?」と一言聞いてみましょう。

 

その返答が調整またはサス交換であればまだ大丈夫ですが、変更していなければ黄色信号点灯。

 

 

頑丈に作られているアドレスV125は、よほど乗り込まれてもそうそうに柔らかくなりません。

 

それが柔らかいということは…あとはお察し頂けるかと思います。

 

逆に、予算が少ない方であれば、そこからショップとの価格交渉に入るのも一つの手段ですね。

 

状況に応じて車両購入を考えることをおすすめいたします。

 

タフに使えて極めて俊敏なシティコミューターが欲しい方には、スズキ アドレスV125は買って損のない通勤特急車です。

 

管理人元ヤンナオのアドレスV125を高く売る方法

 

アドレスV125をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はアドレスV125を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのアドレスV125がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとアドレスV125の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、アドレスV125などの原付二種は高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のアドレスV125も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とアドレスV125の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とアドレスV125の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でアドレスV125をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加