エリミネーター250買取価格相場|高額査定の方法

最高額38万円!エリミネーター250買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,バイク売る,売却,エリミネーター250

 

カワサキ エリミネーター250を査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではエリミネーター250の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


エリミネーター250を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはエリミネーター250の買取相場をみてみる

 

このページではエリミネーター250の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、エリミネーター250の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではエリミネーター250を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

カワサキ エリミネーター250買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
エリミネーター250 2007年 2567km 380000円
エリミネーター250 2010年 7890km 350000円
エリミネーター250 2007年 8930km 310000円
エリミネーター250 2008年 12039km 280000円
エリミネーター250 2006年 14500km 250000円
エリミネーター250 2005年 14744km 230000円
エリミネーター250 2004年 17476km 210000円
エリミネーター250 2006年 9509km 200000円
エリミネーター250 2002年 20493km 180000円
エリミネーター250 1999年 17760km 175000円
エリミネーター250 2000年 11092km 160000円
エリミネーター250 1998年 14556km 150000円
エリミネーター250 2002年 18992km 135000円
エリミネーター250 2001年 28999km 120000円
エリミネーター250 1998年 24555km 110000円

 

 

エリミネーター250は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

エリミネーター250 スペック  
エンジン 水冷4ST 2気筒
排気量 249cc
吸気方式 キャブ
タンク容量 12L
エンジンオイル容量 1.9L
ミッション 6速
最高出力 40PS/12500rpm
最大トルク 2.4kg-m/10000rpm
タイヤサイズ 100/90-17 140-90-15
ブレーキ ディスク ドラム

和製ドラッガースタイルが魅力のカワサキ エリミネーター250

 

1987年に発売を開始したカワサキ エリミネーター250は、既存のアメリカンバイクにはない車体デザインを持つマシンです。

 

和製ドラッグレーサーという風貌を持ち、カワサキのハイスピードツアラー・ZZRシリーズの末弟ZZR250のエンジンを搭載。

 

250ccアメリカンというジャンルでは異例の最高出力40ps/12,500rpmを誇るマシンでした。

 

 

エリミネーター250の車体サイズは全長2140mm×全幅665mm×1045mmで、スタイルとしてはロー&ロングタイプとなっています。

 

クラスを意識させないマッチョさがエリミネーター250の持ち味で、高回転仕様というエンジン特性もあって信号のない直線道路ではパワフルな加速力を堪能できます。

 

フットポジションはセンターとなっており、ロー&ロングスタイル定番のフォワードポジションでない分、自然な姿勢で乗れる稀少なアメリカンモデルです。

 

1軸バランサーを組み込むことで振動を抑え、高速巡航時の快適さを担保した乗り心地のよさがエリミネーター250の特徴と言えます。

 

個性的なルックスで人気を博したエリミネーター250でしたが、生産期間はわずか3年という短いもので、エリミネーター250SEとエリミネーター250LXにバトンを託しました。

 

ヒールなイメージで現在も人気のエリミネーター250SE

 

出典http://www.bikebros.co.jp/impression/bike/detail/m/4/s/77/b/3/base.php?start=3

 

1988年に追加販売の形でリリースされたエリミネーター250SE。

 

こちらはエリミネーター250をベースに、ブラック塗装仕上げのエンジンを始め、ビキニカウルとアンダーカウルを持つワルっぽさの強いマシンとして人気を博しました。

 

オリジナルのエリミネーター250もマッチョな風貌の際立ったマシンでしたが、このビキニカウル装着モデルのエリミネーター250SEはそれがさらに強調され、際立った個性で多くのファンを獲得しました。

 

空力効果よりもデザイン性を優先したビキニカウルでしたが、これは男カワサキのイメージにこれ以上なく似合い、クールなアメリカンバイクという評価も得ました。

 

 

1989年以降のエリミネーター250SEには、専用のリザーバータンクがついたショックアブソバーが装備され、よりドラッグレーサーとしての色合いが強いモデルとなっています。

 

なおかつエリミネーター250には装備されていなかったグラブバーも標準装備し、タンデム性も向上したモデルです。

 

夜の走行が似合うエリミネーター250SEは、ハーレーダビッドソンのナイトロッドシリーズにも似たヒールな魅力があり、雰囲気のあるマシンです。

 

スポークホイール採用でクラシック感の強いエリミネーター250LX

 

オリジナルのエリミネーター250からバトンを受け継いだエリミネーター250LXの特徴は、スポークホイールを採用してクラシックな雰囲気を演出したモデルです。

 

エリミネーター250とエリミネーター250SEが、キャストホイールで精悍さを強調したモデルであるのに対し、クラシカルでどことなく優しい雰囲気も感じられるのがエリミネーター250LXの持ち味です。

 

ドラッガースタイルにこのスポークホイールは殊の外相性が良く、ZZR250のエンジンを持つエリミネーター250の3兄弟の中では、もっとも製造年数の長いモデルとなっていました。

 

 

エリミネーター250が生産を終了した後は、こちらがベーシックモデルといった位置付けになり、1998年にV型エンジン搭載のエリミネーター250V販売までホンダ Vツインマグナの良きライバルとなっていました。

 

こちらもエリミネーター250SE同様にグラブバーを標準装備し、タンデム性の高い仕様となりました。

 

中古車市場ではこちらの方がエリミネーターSEよりも安く、予算が少なめでも手を出しやすいアメリカンバイクとして支持されています。

 

Vツインエンジン搭載でフルモデルチェンジ! エリミネーター250V

 

1997年にフルモデルチェンジとなり、エリミネーターは並列2気筒エンジンから新設計のV型2気筒エンジン搭載車となりました。

 

Vツインマグナの影響により、アメリカンバイクの主流がVツインという流れが確立された時勢の流れに沿う形でデビューしたエリミネーター250V。

 

最高出力が38ps(前期型スペック。後期型は35ps)とマイルドになり、高回転仕様のエンジン特性は同一ですが、フラットな走行フィーリングとなりました。

 

 

多くのモデルチェンジを重ねて2007年まで生産されたエリミネーター250Vでしたが、最初期のモデルはVツインマグナに近い車体デザインで、外見はドラッガーではなくクルーザー化しました。

 

その反面扱いやすさは向上し、カラーリングの豊富さで一般人気も上々となり、ヤマハ ドラッグスター250やホンダ Vツインマグナと共に250ccアメリカンを盛り上げました。

 

2007年の排気ガス規制の影響を受けて生産終了となったエリミネーター250Vでしたが、復活を望むファンも多数存在しています。

 

年式でデザインも変化。エリミネーター250は必ず実車確認を!

 

息の長いセールスを続けたエリミネーター250シリーズでしたが、現在では全てのモデルが生産を終了してしまいました。

 

高回転仕様ながらも、ZZR250同様の高い耐久性を誇るエリミネーター250はまだまだコンディションの良い車両が見つかるモデルです。

 

中古車価格も数万円台から30万円台前半で購入が可能ですが、購入前には必ず実車確認が必要です。

 

特にエリミネーター250Vは細かくモデルチェンジを重ねているため、モデルによってだいぶデザインも変化しました。

 

 

カタログの正確な年式と、通販ショップでの車両が違っているケースもある為、購入時はなるべく実車の画像を確認するか、自身の目で現物確認を怠らない事が大切です。

 

独自のスタイルを貫いた硬派なエリミネーター250シリーズは、900・750・400・125ccと多彩なラインナップがあり、それぞれに独自の良さがあります。

 

車検不要で維持費・性能の面で優れるエリミネーター250シリーズは、アメリカン・クルーザーの入門用としても最適です。

 

ぜひエリミネーター250の抜群の加速力と、ロー&ロングのマッチョな車体を操る楽しさをお試しください。

管理人元ヤンナオのエリミネーター250を高く売る方法

 

エリミネーター250をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はエリミネーター250を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのエリミネーター250がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとエリミネーター250の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、エリミネーター250などの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

面倒な手続きはすべて代行してくれて、エリミネーター250の名義変更などの書類手続きもすべて無料で手続きをしてくれます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のエリミネーター250も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とエリミネーター250の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とエリミネーター250の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でエリミネーター250をお試し査定

 

このエントリーをはてなブックマークに追加