ライブDioZX買取価格相場|高額査定の方法

最高額9万円!ライブDioZX買取価格相場|高額査定の方法

 

ホンダ ライブDio ZXを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではライブDioZXの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


ライブDioZXを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではライブDioZXの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、ライブDioZXの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではライブDioZXを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ ライブDioZXの買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
ライブDioZX 2003年 1344km 90000円
ライブDioZX 2001年 3524km 80000円
ライブDioZX 2003年 2049km 71000円
ライブDioZX 2002年 3444km 70000円
ライブDioZX 2000年 5408km 65000円
ライブDioZX 1999年 1029km 60000円
ライブDioZX 1998年 2998km 50000円
ライブDioZX 1996年 8499km 48000円
ライブDioZX 1995年 7366km 46000円
ライブDioZX 2000年 10294km 45000円
ライブDioZX 2001年 8736km 40000円
ライブDioZX 2000年 6665km 38000円
ライブDioZX 1999年 7029km 35000円
ライブDioZX 1998年 12494km 28000円
ライブDioZX 1997年 18472km 25000円
ライブDioZX 1995年 12001km 20000円
ライブDioZX 1996年 18487km 17000円
ライブDioZX 1995年 19887km 10000円
ライブDioZX 1994年 20192km 7000円
ライブDioZX 1994年 不明 3000円

 

 

ライブDioZXは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

ライブDio ZX スペック  
型式 BB-AF35
サイズ 1675×630×995
ホイールベース 1145mm
シート高 700mm
最低地上高 105mm
重量 75kg
サスペンション テレスコピック ユニットスイング
トレール 72mm
ブレーキ ディスク ドラム
タイヤサイズ 90/90-10 90/90-10
エンジン型式 AF34E
エンジン 空冷2ST 単気筒
排気量 49cc
圧縮比 7.1
ボア 40mm
ストローク 39.3mm
最高出力 6.3ps/7000rpm
最大トルク 0.66kgf-m/6500rpm
始動方式 セル/キック
ミッション Vベルト自動無段変速
吸気 キャブ
タンク容量 6L
燃費 49km/L

 

優れた性能と街乗りの利便性に優れたベストスクーターライブDio ZX

 

ホンダを代表する50ccバイクと言えばスーパーカブですが、スクータータイプ限定であればこのライブDio ZXを抜きにしては語れません。

 

ホンダは50ccスクーターとして数多くのバイクを販売してきました。

 

少し例を挙げれば、タクトシリーズにDJ-1、リードなど非常に多くの車種があります。

 

しかし、50ccというクラスではコストや性能の面で譲らなければならない部分が多いことから一長一短という状況が長らく続きました。

 

 

そんな中、1994年に発売を開始したDioシリーズは、軽快な運動性能にシート下のメットinスペース、しっかりした足回りに小回りの効く車体サイズと、これまでの同社のスクーターの良い所を全て採用したオールインワン仕様で登場し、大ヒットを記録しました。

 

そのDioシリーズの歴史の中で、フロントにディスクブレーキを採用したDio SRや剛性の高さと衝撃吸収性に優れたショックを採用したスーパーDio ZXなど多くの派生モデルが生まれました。

 

このライブDio ZXはそんな派生モデルの中の一つですが、非常に完成度の高いスクーターとして2ストロークエンジンモデルが生産を終了した今日現在でも高い人気を誇る一台です。

 

街乗り時の快適度は50ccトップクラスのライブDio ZX

 

http://www.horikoshi-syoukai.com/shop-description.php?ID=1396326421

 

ライブDio ZXが人気を博した理由の一つに、非常にしっかりした足回りが挙げられます。

 

このモデルの前にはスーパーDioZXが存在し、フロントディスクブレーキを採用していましたが、これまでのモデルよりも価格設定が高い事がネックとなっていました。

 

この当時はスクータースポーツブームでもあり、カワサキを除く各社が高性能を全面的に押し出した事による高額化が進んでいました。

 

それを受けてホンダもスーパーDioZXではスポーツ走行向けのリアサスペンションを採用し、フロントフォークを倒立式にしていました。

 

ライブDio ZXは、その分乗り味が固めとなってしまい、街乗り時や悪路に弱い面もあって一般向けではない印象がありました。

 

その後に販売されたこのライブDio ZXでは、程よい固さのサスセッティングが施された事、足回りの確かさは確保したまま価格を下げる事に成功。

 

これによって汎用性が加わり、ライブDio ZXは免許を取得したばかりの女性でも乗りやすいバランス性に優れた仕上がりとなりました。

 

ライブDio ZXは50ccクラスの規制値上限である7.2psなのは同様でしたが、このエンジン特性も見直され、急にアクセルを開けてもフロントが浮き上がらない程度のマイルドな出力特性に。

 

ライブDio ZXのライバルであったヤマハ・JOZシリーズが、ピーキーな出力で簡単にフロントが浮き上がる事を教訓にした形で、「親しみやすく乗りやすい」ことを全面的に押し出したイメージに。

 

ライブDio ZXは当時人気を集めていたTRFをCMに起用した事も人気を後押しし、一大ヒットを記録しました。

 

また、このライブDio ZXのエンジンは当時の50cc2ストロークエンジン搭載のスクーターモデルとしてはかなり耐久性が高いことが特徴です。

 

 

JOGシリーズのエンジンがピーキーな特性の為に短命(メンテナンスの度合いによる一般論として)な傾向が強かったのに対し、手間をかけなくても比較的良好なコンディションで元気に走るものが多く、今日現在でも元気に街中を走る姿を見ることが出来ます。

 

ライブDio ZXはリミッターカット等によって最高速が70km以上までUPするのは、この当時のスクーターと同様でしたが、限界を超えてしまうほど無理な出力とならない設計が功を奏し、エンジンが長命になったという一面もあります。

 

デザイン面も良く、直線を多用しながら程よいバランスで細部に流形が混じり、シャープさの中に優しさが感じられるデザインが女性にも愛されました。

 

また、シート下のメットinスペース以外にフロント部に500mlペットボトルが左右一本ずつ入れられる収納スペースやコンビニフックなど、街乗り時の利便性を考えられた作りは実用性を求める主婦層にも歓迎されました。

 

ライブDio ZXは扱いやすく高性能なのにお手頃価格。

 

 

一般ユーザーが50ccスクーターに求めるもの全てを持ち合わせる形となったライブDio ZXは、今でも安心して乗れる快適度の高いスクーターです。

 

ライブDio ZXはカスタムも十分楽しめるセカンドバイクに最適なスクーター

 

本体の低コストに多くの社外パーツ、耐久性の高いエンジンによって今日現在でもスクーターレースで元気な姿を見ることもあるライブDio ZX。

 

ライブDio ZXはカメレオンファクトリーのプーリーやエアファンネルなど、多くのカスタムパーツが今日でも入手可能な程潤沢に流通しており、当時は高嶺の花であったカスタムも現在はインターネットの普及によって割安価格で入手が可能です。

 

過剰なカスタムは自己責任となりますが、その気になればボアアップまで可能なほど幅広いカスタムが楽しめるのはこのライブDio ZXならでは。

 

ライブDio ZXはライトにカスタムして、元気な街乗り用セカンドバイクに最適な一台です。

 

管理人元ヤンナオのライブDio ZXを高く売る方法

 

ライブDio ZXをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はライブDio ZXを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのライブDio ZXがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとライブDio ZXの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、原付は高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のライブDio ZXも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とライブDio ZXの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とライブDio ZXの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でライブDio ZXをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加