CBR1000RR買取価格相場|高額査定の方法

最高額100万円!CBR1000RR買取価格相場|高額査定の方法

バイク,売る,買取,cbr1000rr,ホンダ

 

ホンダ CBR1000RRを査定する際に最も高く買取してもらう方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではCBR1000RRの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


CBR1000RRを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではCBR1000RRの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、CBR1000RRの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではCBR1000RRを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ CBR1000RR買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
CBR1000RR 2012年 10112km 1000000円
CBR1000RR 2012年 6758km 980000円
CBR1000RR 2011年 4394km 920000円
CBR1000RR 2012年 6758km 900000円
CBR1000RR 2010年 15144km 850000円
CBR1000RR 2007年 4934km 820000円
CBR1000RR 2008年 8975km 805000円
CBR1000RR 2008年 13948km 780000円
CBR1000RR 2006年 4103km 770000円
CBR1000RR 2008年 8899km 760000円
CBR1000RR 2007年 12039km 750000円
CBR1000RR 2010年 4438km 730000円
CBR1000RR 2008年 8790km 700000円
CBR1000RR 2006年 7867km 650000円
CBR1000RR 2004年 4556km 640000円
CBR1000RR 2007年 9503km 630000円
CBR1000RR 2007年 16588km 620000円
CBR1000RR 2008年 17585km 610000円
CBR1000RR 2006年 19604km 600000円
CBR1000RR 2005年 4112km 580000円
CBR1000RR 2004年 20898km 550000円
CBR1000RR 2004年 21029km 500000円
CBR1000RR 2005年 9804km 500000円
CBR1000RR 2004年 25664km 480000円
CBR1000RR 2005年 29303km 450000円
CBR1000RR 2004年 9903km 440000円

 

 

CBR1000RRは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

CBR1000RR スペック  
型式 EBL-SC59
サイズ 2075×720×1135
ホイールベース 1410mm
シート高 820mm
最低地上高 130mm
重量 202kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
ブレーキ ダブルディスク ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 190/50ZR17
エンジン型式 SC59E
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ並列4気筒
排気量 999cc
圧縮比 12.3
ボア 76mm
ストローク 55.1mm
最高出力 123ps/9500rpm
最大トルク 9.9kgf-m/8500rpm
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 17L
燃費 25.1km/L

 

意外に扱いやすいSS・CBR1000RR!

 

ホンダCBR1000RRと聞くと、リッターバイクである事からサーキット仕様のバリバリのスーパースポーツを連想するのは決して不自然ではありません。

 

かくいう私も、そんな想像をする一人でした。

 

 

しかし、実際にCBR1000RRというバイクに跨ってみると、その想像は良い意味で裏切られました。

 

私の試乗したCBR1000RRは現行モデルの形式番号SC59。

 

CBR1000RRは欧州仕様で最高出力178/12,000rpmを誇る戦闘的なスーパースポーツ。

 

体全てを強烈に後方へ置き去りにしようとするかのような暴力的な加速性能は、先代であるCBR900RRファイアーブレード譲り。

 

CBR1000RRのサイズは全長2,075mm×全幅720mm×全高1,135mmと、決して小さくはない車体をナタの切れ味のようなパワーで一気に高速域に誘います。

 

CBR1000RRのシート高はCBR600RRと同じく820mmで、足つき性が担保されています。

 

 

同じ数値ですが、比較してみるとCBR1000RRの方がわずかに足つき性が高いのが特徴で、これはシート形状とタンクに秘密があります。

 

このSC57というCBR1000RRは、前モデルであるSC57よりもシート形状がスリムで絞られた形になっており、実際にシートに腰を下ろしてみるとすんなりフィット。

 

CBR1000RRのタンク形状もシート側はスリム化されており(タンク容量はしっかり確保されています)、より足つき性の良い改良が施されています。

 

これはCBR600RRと購入を迷っている方には非常に嬉しいメリット。

 

立ちゴケ1回数万円コースが当たり前のスーパースポーツで、これほど足つき性のよいモデルは早々あたらないと言ってよいレベル。

 

もし女性の大型二輪免許保持者で、CBR600RRとCBR1000RRとで迷っている方がいれば、断然こちらをおすすめさせて頂きます。

 

街乗り向けのトルクフルなCBR1000RR

 

http://bike-lineage.jpn.org/honda/cbr1000rr/sc57-2.html

 

CBR1000RRはリッターバイクならではの余裕のあるトルクも魅力的で、車体重量210kgのボディを軽々と極低回転で推進させてくれるのも大きなポイント。

 

信号待ちの状況からでも、1秒もかからずに80kmまで到達するキレの良さはこのCBR1000RRならではの快感です。

 

先代モデルのCBR1000RR・SC57と比較すると、ややテールの上がり角が強いため、積載性能は先代よりも残念ながら劣ります。

 

しかし、スーパースポーツというジャンルのバイクにおいて、積載性は必要十分なものが担保されており、余程の大荷物でなければ決して悪くはありません。

 

CBR1000RRはオリジナルカスタムで乗り味UP!

 

CBR1000RRのポジショニングはスーパースポーツだけあり、前傾のキツい姿勢を強いられます。

 

より楽なポジションを求める方であれば、社外パーツでトップブリッジを加工し、ハンドルの位置調整を行うことで解決する事も可能です。

 

以前に街で見かけたカスタムスタイルでしたが、このCBR1000RRにGPZ900Rの純正ハンドルをやや絞り気味に加工したものを装着していたオーナーさんを見かけました。

 

 

話してみると、知人の知人であったために頼み込んで跨らせて頂きましたが、スピードツアラー的なポジショニングとなっていてなかなか快適でした。

 

戦闘力の高いマシンであるCBR1000RRなら、絶対速度をある程度抑える形でカスタムを楽しんでも余裕のある走りが出来るという面白いカスタム体験でした。

 

カワサキ・ZZR1400やスズキ・ハヤブサのように、本当に最高速度だけを求めるモデルではなく、限界値の極めて高いスポーツバイクとしてCBR1000RRを選ぶのであれば、この選択は大いにアリと言ってよいでしょう。

 

CBR1000RRは長時間はやや苦手。アイデアで快適性UP!

 

総じて街乗り性能も比較的悪くない部類に入るCBR1000RRですが欠点はあります。

 

CBR1000RRはスーパースポーツらしくシーツの厚みは薄めで、そのままでは長距離ツーリングは厳しい面があります。

 

この点はバイク用の座布団(ジェルタイプでフィット感のあるもの)を装着することでカバーできます。

 

 

CBR1000RRのエキゾーストは純正マフラーでも程よい抜け方で、サウンドもGOOD。

 

それを各種カスタムパーツメーカーのスリップオンタイプのものに変えれば、非常に攻撃的なものから穏やかでありながら体の芯に響く重い音までよりどりみどり。

 

CBR1000RRはリッターバイクだけあって、アクセルワークに注意しなければ水冷4ストロークDOHC4バルブ4気筒エンジンが生み出すパワーは軽々とフロントを持ち上げてしまう暴力的な一面もあります。

 

しかし、10分も試乗すればパワー特性を理解し、早々にその走りの実力を自分のものに出来るCBR1000RRは、リッタースポーツとしては扱いやすい部類のバイク。

 

メガスポーツほどの過剰な走行性能より、カスタムも楽しめるエントリーモデルとしてCBR1000RRという選択肢は、ユニークな魅力を持つモデルと言えるかも知れません。

 

管理人元ヤンナオのCBR1000RRを高く売る方法

 

CBR1000RRをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はCBR1000RRを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのCBR1000RRがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとCBR1000RRの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、CBR1000RRなどの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のCBR1000RRも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とCBR1000RRの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とCBR1000RRの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でCBR1000RRをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加