アクシストリート買取価格相場|高額査定の方法

最高額12万円!アクシストリート買取価格相場|高額査定の方法

 

ホンダ アクシストリートを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではアクシストリートの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


アクシストリートを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではアクシストリートの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、アクシストリートの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではアクシストリートを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ヤマハ アクシストリートの買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
アクシストリート 2017年 847km 120000円
アクシストリート 2016年 12093km 100000円
アクシストリート 2016年 2836km 100000円
アクシストリート 2014年 4783km 90000円
アクシストリート 2015年 3522km 86000円
アクシストリート 2013年 1092km 80000円
アクシストリート 2014年 3370km 70000円
アクシストリート 2011年 1294km 65000円
アクシストリート 2011年 3490km 58000円
アクシストリート 2009年 6478km 50000円
アクシストリート 2009年 9382km 41000円
アクシストリート 2010年 8373km 38000円
アクシストリート 2011年 10294km 24000円
アクシストリート 2011年 14444km 21000円
アクシストリート 2009年 9822km 15000円

 

 

アクシストリートは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

アクシストリート スペック  
型式 EBJ-SE53J
サイズ 1795×675×1070
ホイールベース 1255mm
シート高 735mm
最低地上高 105mm
重量 110kg
サスペンション テレスコピック ユニットスイング
トレール 74mm
ブレーキ ディスク ドラム
タイヤサイズ 3.50-10 3.50-10
クラッチ 乾式遠心シュー
エンジン 空冷4ST SOHC2バルブ単気筒
排気量 124cc
圧縮比 9.5
ボア 51.5mm
ストローク 60mm
最高出力 8.1ps/7000rpm
最大トルク 0.91kgf-m/6000rpm
始動方式 セル/キック
ミッション Vベルト無段変速
吸気 FI
タンク容量 5.6L
燃費 46km/L

 

ヤマハが自信を持って125ccクラスに送り出したアクシストリートは通勤快速コンパクトスクーター

 

ヤマハのスクーターモデルにはどの時代でも高い評価があります。

 

それは125ccの原付二種クラスでも同様で、マジェスティ125を始め多くのスクーターモデルがリリースされています。

 

この125ccクラスは維持費の安さ・50ccと比較しての法定速度の緩和・二人乗り可能・駐車スペースを問わない等、非常に多くのメリットがある事で近年盛り上がりを見せているクラスです。

 

そんな中に送り出されたアクシストリートは、ヤマハ自身が「通勤快速コンパクト」をコンセプトに掲げて意欲的に開発されたモデル。

 

ヤマハ アクシストリートの全長1,795mm全幅675mm全高1,070mmとコンパクトな車体は、小柄な方・女性でも苦労なく扱えるちょうど良いサイズです。

 

ヤマハ アクシストリートはまるで50ccスクーターモデルのサイズですが、足元のフットスペース・シートの大きさによってかなり余裕があり、見た目以上にゆとりを持って乗る事が出来ます。

 

 

アクシストリートはシート高も735mmと手頃な高さに設定されているため、足付き性も文句なし。

 

スクーターモデルで好評を博しているヤマハならではの隙のなさが、アクシストリートにもしっかり受け継がれています。

 

ヤマハ アクシストリートの最高出力は8.1psと控え目ですが、これは低中回転域重視の仕様のため。

 

アクシストリートは街乗りではコンパクトさの恩恵で、非常に軽快な取り回しと俊敏な動きで乗り手にストレスのない通勤・通学時間をお約束します。

 

アクシストリートは、ミニバイク・スクーターモデルを隅から隅まで知り尽くしたヤマハならではの通勤快速車。

 

それがアクシストリートです。

 

ヤマハ アクシストリートは環境と乗り手のお財布に優しいエコな一台

 

http://www.bikebros.co.jp/vb/fifty/fimpre/fimpre-20090913/

 

アクシストリートに搭載の空冷4ストローク単気筒エンジンは好燃費な事で知られており、ストップ&ゴーの多い日本の交通事情下で走らせてもリッター平均値35kmと優秀。

 

近年、どんどん厳しさを増す環境規制による影響を物とも思う必要がないほど、このアクシストリートは優秀です。

 

過剰な豪華装備は控え、必要なものを機能的に配置したアクシストリートの車体は110kgと軽く、エンジンOFFでの取り回しも楽々と可能。

 

アクシストリートは早朝・深夜の周辺に気を使わなくてはならないような場合でも、全く力を必要とせずに押し引きの出来る点は毎日使う足として、オーナー満足度を高めてくれます。

 

 

ヤマハ アクシストリートは絶対的な瞬発力はなくても、十分な加速力と安心して乗れる抜群のマシンへの信頼感。

 

アクシストリートはエコロジーで乗り手の懐に優しい経済的な通勤快速車です。

 

積載能力も高いヤマハ アクシストリートはキャンプツーリングもこなす実力車

 

無駄を省いたアクシストリートですが、日常での利便性で魅力的なのが積載能力です。

 

アクシストリートのシート下のメットinスペースを始め、フロントポケットにリアキャリア、足元のフットスペースにコンビニフック。

 

これでもか!という位に詰め込めるのは、このサイズでは他に類を見ないほど。

 

実際、試しにキャンプ用のバーベキューコンロセットと4人用テントを積み込む事が出来ました。

 

今度の連休は泊まりがけで鮎釣りに行くか!気軽に思い立って気楽にキャンプ。

 

そんなホリデーライフも快適にサポートしてくれる強い味方がアクシストリートです。

 

シティクルーズにも適したヤマハ アクシストリートは初心者でも安心のベストスタンダートな一台

 

ヤマハ アクシストリートは原付二種クラスの大きな魅力である二人乗りも忘れてはならない大事なポイントです。

 

アクシストリートは全長1,795mmと小さく感じられるサイズですが、余裕のある大きめのシートは座り心地が良く、ソフトに設定されたリアサスペンションもタンデム時の安定感に大きく貢献しています。

 

ほんの少しシート前部より高めに設定された一体型シートの後部も、タンデム用にしっかり幅があり、左右両サイドのグラブバーが実にいい位置に装着されていて、タンデム者の安定性にも不安はありません。

 

アクシストリートはバランス性もこのクラスでは非常に良く、タンデム時の低速での切り返しも難なくこなしてくれます。

 

ビジネスの打ち合わせに2km先のオフィスまで同僚と二人で。

 

 

ヤマハ アクシストリートはそんなシチュエーションでも快適にこなす、シティクルーザー的な使い方もこなせる器用な一面が光ります。

 

アクシストリートは、もちろん大切なパートナーとのタンデムデートにも遺憾なくその実力を発揮し、路面からの衝撃もライダー・タンデム者を問わず吸収し、陰から二人をスマートにエスコートします。

 

でしゃばる事なく、空気のように自然にそばにあるような存在がアクシストリートの持ち味です。

 

排気量の関係上高速道路の利用こそ出来ませんが、それ以外はすこぶる良好なアクシストリート。

 

ヤマハ アクシストリートの新車価格22万500円という価格設定以上にお買い得と言って良い仕上がりです。

 

アクシストリートは初めての通勤・通学用の足から、便利に使えるセカンドバイク、オールマイティに何でも使えるメインとして、非常に幅広い方々に安心しておすすめ出来る普段使いに「ちょうど良い」ベストスクーターです。

 

管理人元ヤンナオのアクシストリートを高く売る方法

 

アクシストリートをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はアクシストリートを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのアクシストリートがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとアクシストリートの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、原付は高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のアクシストリートも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とアクシストリートの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とアクシストリートの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でアクシストリートをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加