SRX600買取価格相場|高額査定の方法

最高額20万円!SRX600買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,売る,売却,srx600

 

SRX600を査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではSRX600の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


SRX600を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはSRX600の買取相場をみてみる

 

このページではSRX600の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、SRX600の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではSRX600を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ヤマハ SRX600買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
SRX600 2002年 8492km 200000円
SRX600 2000年 7819km 190000円
SRX600 1999年 9123km 180000円
SRX600 2001年 13584km 160000円
SRX600 1999年 19483km 150000円
SRX600 1996年 20484km 150000円
SRX600 1995年 17469km 130000円
SRX600 1992年 17420km 110000円
SRX600 1993年 23872km 110000円
SRX600 1991年 25361km 100000円
SRX600 1990年 25637km 100000円
SRX600 1991年 21029km 90000円
SRX600 1989年 12827km 80000円
SRX600 1988年 15448km 70000円
SRX600 1987年 23332km 60000円

 

 

SRX600は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

 

SRX600 スペック  
エンジン 4サイクル空冷単気筒
フレーム ダブルクレードル
サイズ 2090/720/1045mm
燃料タンク 14L/4L
最高出力 42ps/6500rpm
最大トルク 4.9kg-m/5500rpm
車両重量 170kg
乾燥重量 149kg
定地燃費 40km/L
最小回転半径 2.7m
最低地上高/シート高 140mm/760mm

 

SRX-6はSRの成功を受けて製作されたヤマハシングルの世界戦略車!

 

ヤマハのシングルスポーツと言えばSR、SRと言えばヤマハシングルと言えるほど売れたSRは、ヤマハを代表する看板モデルのひとつです。その成功を機に、日本製シングルスポーツバイクとして輸出車として開発されたのが、「SRX-6(SRX600)」です。

 

SRX600は、優美な曲線を多用したSRとは異なり、シングルスポーツとしてスリム化が図られており、この仕様によって当時のシングルスポーツレースでは上位を独占するほどの猛威を奮いました。

 

日本国内では排気量区分の関係上、ボアダウンした下位モデル「SRX-4(SRX400)」の知名度が高く、SRX600はややマイナーな珍車的存在になっています。しかし、独特の味付けを好むファン人気が根強く、SRX600は今でもオーナーライダー達に大事に乗られている開発者冥利に尽きるクラシカルな一台です。

 

今回は、ヤマハが意欲的に欧州へ送り出した元祖世界戦略車・SRX600についてご紹介させて頂きます。

 

SRX600はメカニカルな美しさを追求したレーシーなシングルスポーツ!

 

http://www.goobike.com/bike/stock_8200399B30080709001/

 

SRX600はSRシリーズとほぼ同一の構成で設計された事実上の兄弟車で、1985年から97年まで生産された派生モデルのひとつです。

 

SRX600は優美さを前面に押し出したSRとは異なり、スポーツ志向を押し出した機械的な美しさが大きな特徴となっています。この違いは上位モデル同士を比較するとより顕著で、2バルブであるSR500の最大出力が32ps/6,500rpmであるのに対し、4バルブのSRX600は45ps/6,500rpm。100cc換算でのパワー比はSR500の6.5psに対し、SRX600は7.5psとかなり上の数値となっています。

 

美しさとレトロ感を演出したSRに対し、レーサーとしての機能性を重視しているのもSRX600の特徴で、前後ディスクブレーキを採用して制動性能を高めています。最高速度もなかなかのもので、SRX600は170kmでの高速巡航でも熱ダレを起こさないタフさを兼ね備えています。

 

今となっては絶版車の仲間入りを果たしたSRX600ですが、現在でも国内シングルスポーツレースでは上位に食い込むエントリーマシンが多く、まだまだ現役で通用する元気なシングルスポーツバイクとして知られています。

 

SRX600はあの名車を生んだデザインチームによる作品!

 

メーカーであるヤマハによれば、SRX600の総販売台数は1万9,000台(初期モデルであるSRX-6を含む)と発表されており、全世界での販売台数であることを考えると、商業的には決して成功したとは言えない結果に終わりました。

 

そのためなのかどうか、真偽のほどは不明なのですが、実はSRX-6のデザインはあのVmaxを生み出した名デザインチーム・GKダイナミクスによるものです。こうして言われてみれば、バイク本来のメカニカル感を大事にしたデザイン性といい、機能美を優先しながらも細かい配慮がなされている点に納得のいくバイクファンは多いのではないでしょうか?

 

SRX600が発売された1980年代当時は、国内の各バイクメーカーによる性能競争が非常に激しく、タコメーターなどの装備充実が販売成績に直結する時代でもありました。

 

当然、SRX600もそのご多分に漏れず、「売るため」の装備が後付けされたことは想像に難くありません。レース志向であるため、ディスクブレーキを採用したことには納得がいっても、レース車としては不必要なタコメーターを装備した分、スリムが身上のシングルスポーツに不釣り合いな幅となったSRX600は、GKダイナミクスにとっては不本意なモデルだったのではないでしょうか。

 

生産終了から実に20年近い月日が経過した2017年現在、かつては10万円台を切る中古車両で溢れ返っていたSRX600は、中古車両で30万円クラスが当たり前という価格帯で販売されています。

 

これは当時の先進的なGKダイナミクスのデザイン性が評価された、というひとつの証なのかも知れません。往年の懐古的なものではありますが、SRX600もまた時代の波に翻弄されてしまった隠れた名車と言える存在です。

 

SRX600は現行シングルスポーツ顔負けのパワー感を持ったマシン!

 

やや湿っぽい話となってしまいましたが、SRX600自体のバイクとしての完成度は高く、スペックデータ・装備ともに現行シングルスポーツと遜色ない見事な出来栄えを誇るバイクに仕上げられています。

 

1985年発売の最初期モデルのSRX-6は、前後ともダブルディスクブレーキを採用し、リザーバータンク付きのツインサスペンション、オイルクーラーを装備。さらに最高出力45psのパワーを発揮し、最高時速170kmをコンスタントに出せる仕様は、今でも十分魅力的。

 

FI化している現在のシングルスポーツ達と比べると、燃費性能ではどうしても一歩譲らざるを得ないのが実状ですが、それ以外の面ではことごとく上回っている点に驚かされます。

 

発売当初のSRX-6は、キックのみの始動方式となっていましたが、ユーザーからの希望に応え晩年の後期モデルではセルスターターを採用。

 

点火方式も旧来のGDIからフルトランジスタ化し、ユーザーフレンドリーで親しみやすさを持たせました。そうした多くの改良点が評価されず、97年で早々と生産を終えたことが惜しい限りですが、違いのわかる大人のベテランライダーたちによる評価は高く、今日も日本各地でSRX600は元気に走り続けています。

 

現在では玉数も少なくない、中古バイク市場でも探しにくくなってしまったSRX600ですが、シングルスポーツに興味のある方ならば、一度は探してでも乗って頂きたい完成度の高さを持った実力派マシンです。

 

管理人元ヤンナオのSRX600を高く売る方法

 

SRX600をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はSRX600を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのSRX600がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとSRX600の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、SRX600などの大型バイク、外車は高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のSRX600も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とSRX600の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とSRX600の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でSRX600をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加