ヤマハ MT-10買取価格相場|高額査定の方法

最高額140万円!ヤマハ MT-10買取価格相場|高額査定の方法

MT-10

 

ヤマハ MT-10を査定する時に高価買取して貰う方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではMT-10の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


MT-10を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではMT-10の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、MT-10の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではMT-10を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ヤマハ MT-10の買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
MT-10 2016年 563km 1400000円
MT-10 2016年 948km 1350000円
MT-10 2016年 1445km 1300000円
MT-10 2016年 3422km 1280000円
MT-10 2016年 2940km 1200000円
MT-10 2016年 6554km 1150000円
MT-10 2016年 4553km 1110000円
MT-10 2016年 8920km 1000000円
MT-10 2016年 10243km 980000円
MT-10 2016年 7788km 940000円

 

 

MT-10の買取相場がわかりましたね。この価格を参考にして、買取ランキングの買取店にMT-10を査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

MT-10 スペック  
排気量 998cc
発売開始年 2016年
タンク容量 17L
燃費 8km/L (100km巡航時)
吸気 FI
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ直列4気筒
始動方式 セル
最高出力 160.4ps/11500rpm
最大トルク 11.3kgf-m/9000rpm
重量 210kg
サイズ 2095×1110×800
シート高 825mm
タイヤサイズ 120/70 ZR17 190/55 ZR17
ボア 79mm
ストローク 50.9mm
圧縮比 12.9:1
最低地上高 130mm
軸間距離 1400mm

 

エンジンベースはR1! 異形のデザインが刺激的なヤマハ MT-10

 

2016年に発表されたMT-10は、これまでのヤマハ車のイメージを破り捨てた、ある種の革命児的存在です。

 

2015年のイタリア・ミラノで開催されたEICMAで披露されたMTシリーズのフラッグシップモデルとして、初代VMAX登場以来の衝撃を世界に与えました。ベースエンジンは同社のフラッグシップとして有名なYZF-R1ですが、これをそのまま搭載したのではなく、独自の外観とマッチした味付けがなされている点がアツいモデルです。

 

今回は欧州を中心に話題沸騰中のヤマハ MT-10についてご紹介させて頂きます。

 

ヤマハ MT-10のコンセプトは「Ray of Darkness」!

 

これまでのどんなバイクにもなかった異形の2灯式ヘッドライトを持つMT-10。

 

その造形は、メカと野獣の融合という言葉がしっくりとくる独特のもので、一目見るだけで走るバイクだということが乗り手に伝わります。

 

ダークトーンでまとめられた車体に対し、黄緑のホイールカラーがアクセントとして光るのは、デザイン面にも「Ray of Darkness」という開発コンセプトが反映されているからでしょうか。

 

このコンセプトは、ハーレーの人気モデルとなったナイトロッドシリーズに通じるものがあり、優等生的なメーカーイメージからの脱却を図ったダークヒーロー的なモデルだとも言えます。

 

近年、国内バイクメーカーのデザイン力は海外車以上の独創的なモデルを多数生み出していますが、MT-10の異端ぶりは群を抜いています。そのメカニカルモンスターぶりは、日本での国内販売を待ち焦がれているファンの声の多さからも推して知ることができます。

 

MT-10はVmaxを越える? クロスプレーンエンジンの最終進化形!

 

MT-10

 

https://www.youtube.com/watch?v=FikoZJW--cU

 

イグニッションをONにし、スロットルを軽く開けただけでも小気味よい咆哮を轟かせるMT-10は、ゾクゾクするようなオーラで魅せてくれます。

 

MT-10のベースエンジンがR1のものであることは前述した通りですが、現行モデルのR1ではなくBSBチャンピオンの座に輝いたあのクロスプレーンエンジンがベースです。
つまり、現時点でMT-10はクロスプレーンエンジンの最終進化形と言って良いでしょう。

 

それを証明するのは、1:46あたりから2:05までの全開走行の様子です。

 

撮影当日はあいにくのウェットコンディションで、ライダーはかなり慎重に乗っている様子でしたが、強烈な加速力で浮き立つフロントやめまぐるしく変わるメーターが、MT-10のハイパフォーマンスぶりを顕著に物語っています。

 

動画後半では、日常使用速度域である時速30〜60km台でのコーナリングが試されていますが、メーターが示す回転数やビューの安定感からかなり粘り強さが見てとれます。

 

これは最高出力200psのR1エンジンを、敢えて160ps/11,500rpmまでデチューンした成果というべきでしょう。7,000回転あたりでは、強烈な突き上げ感でフロントが暴れる様子も散見され、ギアレシオはかなりショートな仕様と予想できます。

 

これらの情報を元とし、総合的に判断するとMT-10はストリート向けの低中回転域重視のセッティングであることがわかります。

 

サーキットでのチャンピオンマシンから、ストリートの王者へと転身を遂げたクロスプレーンエンジンの真価が気になるところです。

 

MT-10はトラコンが鍵? ハイテク装備が支えるMT-10の走りとは?

 

「Yamaha Motor Europe」の公式サイトによると、MT-10にはクイックシフターの搭載とトラクションコントロール、スリーパークラッチなどの最新装備がこれでもか!と言わんばかりに採用されています。

 

確かに20%以上のデチューンを施してあるとは言え、いきなり猛獣を抱きしめて戯れることは無理です。それを考えると、こうした数々の電子制御システムの恩恵は非常に大きく、MT-10の走りに不可欠であることがよく理解できます。

 

ヤマハによればMT-10のトラクションコントロールは従来型とは異なり、スロットルoff時のみ操作可能である点と、イグニッションをoffにしても前回走行時と同じモード引き継ぐ仕様に変更となっている点が印象的です。

 

これはまだ想像の域を出ませんが、ユーザー本位の利便性を追求した電子制御システムが一歩前進したことを示すひとつの証だと思われます。装備重量210kgというMT-10の車体は、決して軽いとは言えないものです。

 

しかし、この新型トラクションコントロールと、R1から60%以上もの改良を行った専用フレームは、乗り手にとって猛獣を従えるための鍵となることは明らかです。

 

そして去る10月、2017年モデルのMT-10とその上位グレードとなるMT-10SPが発表されました。ヤマハのこれまでの販売戦略を考えると、日本でのMT-10の販売解禁はまもなくとなりそうです。

 

チャンピオンマシンの心臓と最新電子制御システムは、私たち日本のライダーをどのように楽しませてくれるのか、その動向が非常に気になる一台です。

 

管理人元ヤンナオのMT-10を高く売る方法

 

MT-10をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はMT-10を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのMT-10がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとMT-10の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、MT-10のような大型バイクは高価買取が狙えます。

 

名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクにも特に強い買取店です。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でMT-10をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加