ドラッグスター250買取価格相場|高額査定の方法

最高額38万円!ドラッグスター250買取価格相場|高額査定の方法

バイク,買取,売る,売却,ドラッグスター250,ヤマハ,dragstar

 

ヤマハ ドラッグスター250を査定して貰う時に最も高く買取してもらう方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではドラッグスター250の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


ドラッグスター250を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではドラッグスター250の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、ドラッグスター250の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではドラッグスター250を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ヤマハ ドラッグスター250の買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
ドラッグスター250 2016年 499km 380000円
ドラッグスター250 2016年 1100km 360000円
ドラッグスター250 2015年 2325km 350000円
ドラッグスター250 2014年 4928km 320000円
ドラッグスター250 2014年 3662km 315000円
ドラッグスター250 2012年 6788km 300000円
ドラッグスター250 2013年 9483km 300000円
ドラッグスター250 2011年 7664km 288000円
ドラッグスター250 2008年 4849km 270000円
ドラッグスター250 2009年 10988km 265000円
ドラッグスター250 2006年 12333km 250000円
ドラッグスター250 2005年 16352km 250000円
ドラッグスター250 2004年 10284km 220000円
ドラッグスター250 2002年 9883km 219000円
ドラッグスター250 2001年 19283km 210000円
ドラッグスター250 2000年 23818km 180000円
ドラッグスター250 2004年 18272km 150000円
ドラッグスター250 2000年 26477km 130000円
ドラッグスター250 2003年 30192km 100000円
ドラッグスター250 2000年 39382km 80000円

 

 

ドラッグスター250は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

ドラッグスター250 スペック  
型式 JBK-VG05J
サイズ 2320×935×1070
ホイールベース 1530mm
シート高 670mm
最低地上高 150mm
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 135mm
ブレーキ ディスク ドラム
タイヤサイズ 80/100-18 130/90-15
エンジン型式 G607E
エンジン 空冷4ST SOHC2バルブV型2気筒
排気量 248cc
圧縮比 10
ボア 49mm
ストローク 66mm
最高出力 20ps/8000rpm
最大トルク 1.9kgf-m/6000rpm
ミッション 5速
吸気 キャブ
タンク容量 11L
燃費 51km/L

 

ドラッグスター250は末弟ながら1番人気!

 

ホンダ・Vツインマグナに対抗する形で、2000年にデビューとなったDSシリーズの末弟・ドラッグスター250。

 

1996年にデビューしていた兄貴分・ドラッグスター400の車体サイズ全長2,340mm×全幅845mm×全高1,045mmに対し、全長2,320mm×全幅935mm×全高1,070mmというドラッグスター250。

 

ドラッグスター250の車体サイズはまさにクラスレスというに相応しい風格があります。

 

 

2000年の発売当時、ライバルと目されていたホンダ・Vツインマグナや、スズキ・イントルーダーLC250、カワサキ・エリミネーター250Vを打破し、現在も生き続けている唯一の存在がドラッグスター250です。

 

今年2016年は、ドラッグスター(DS)シリーズ20周年のアニバーサリーイヤー。

 

記念すべき折り目の年を迎え、250ccクラスでは天下無双の存在となったドラッグスター250の歴史を、今一度振り返ってみましょう。

 

圧倒的な存在感のロー&ロングボディがドラッグスター250の証

 

http://carcast.jp/5512

 

ドラッグスター250の最大の特徴は、その圧倒的な巨体が放つ存在感です。

 

これについて異論を挟むユーザーは、恐らく極めて少数派でしょう。

 

それほど車格の良さを誇るドラッグスター250は、クラス唯一のクルーザーとなりました。

 

もちろん、シート高670mmのロー&ロングボディの迫力も250ccクラス随一のもので、国内のミドルクラスクルーザーの中でも高い人気を獲得しています。

 

名実ともにオンリーワンの存在となったドラッグスター250ですが、その構成はヤマハアメリカンバイクの名車・XVビラーゴのDNAが色濃く受け継がれています。

 

 

ドラッグスター250の空冷4ストロークOHC2バルブ60゜V型2気筒エンジンというエンジンのベースは、まさにXVビラーゴ250のものです。

 

1988年に発売を開始したドラッグスター250の偉大なるこの先輩は、2000年に国内販売を終了しました。

 

しかし、生産を終えたのではなく、戦いの場を北米市場という世界的なステージへと移し、ドラッグスター250は現在も販売を続けています。

 

2007年モデルまではVirago250、それ以降はV-Star250という名称になっているので、ヤマハファンにとってはそちらの通り名の方知られた存在かも知れません。

 

XV250ビラーゴもドラッグスター250同様、ロー&ロングスタイルの本格的なクルーザー仕様アメリカンバイクでした。

 

細身のスタイルであったXVビラーゴに対し、ドラッグスター250はマッチョなタンク&タイヤのドラッグ仕様という違いこそありますが、ロー&ロングスタイルは間違いなくXVビラーゴ譲り。

 

現在も北米で販売を続けているこの先輩からのフィードバックを考えると、ドラッグスター250が天下を取るべくして取った存在であることが納得できます。

 

XVビラーゴの誕生から、20年の時を経てオンリーワンの王座に就いたドラッグスター250。

 

ドラッグスター250ビッグボディには、ヤマハアメリカンの粋を結集した遺伝子が流れています。

 

ドラッグスター250は高回転で楽しむスピードクルーザー

 

ヤマハ ドラッグスター250のエンジンは、XVビラーゴ250と同じ空冷4ストローク2バルブSOHCV型2気筒。

 

最高出力も20ps/8,000rpmと全く同一のもの。

 

それだけに、やはり巨体を動かすためにはある程度エンジンを回す必要があります。

 

最大トルク値19Nm(1.9kgf・m)/6,000rpmは一般的なバイクから見ると低回転仕様ですが、ドラッグスター250にはタコメーターがついておらず、最初は感覚で覚えるしかありません。

 

反面、一度体が覚えてしまえば、ドラッグスター250は素性のよいエンジンの性能を十分に発揮し、よく拭け上がる歓喜の咆哮音を上げながら加速します。

 

つまり、大排気量車のマシン任せのクルージングではなく、ドラッグスター250は自分の意思で早さを生み出すスピードクルーザーなのです。

 

エンジンを回せば回すほどに真の姿を現すドラッグスター250。

 

 

ハンドリングの素直さと低重心による安定性は高く、高速でのコーナーリング性能も見事にこなします。

 

250ccクラスの醍醐味である、「限りあるパワーをフルに使用して乗りこなす」楽しみがドラッグスター250にはあります。

 

クルーザー・アメリカンというジャンルでは軽視されがちな楽しみ方ですが、ドラッグスター250はその原点の楽しみ方を乗り手に思い起こさせてくれるハイスピードクルーザーです。

 

現行車屈指の人気モデル!それだけにドラッグスター250はよく吟味!

 

国内250ccクラスで唯一のクルーザーモデルであるドラッグスター250。

 

これは実力と実績でドラッグスター250自身が築き上げたものですが、競合相手がいないほどの人気で。中古車市場での玉数は非常に豊富です。

 

40台以上展示する中古ショップであれば、一台はドラッグスターがあると言えるほど多いドラッグスター250。

 

 

ドラッグスター250はそれだけに価格はこなれており、購入に当たっては妥協なく選んでOK!

 

しっかりと吟味し、少しでも程度のよい車両を時間が許す限り探すことが出来ます。

 

カスタムパーツは星の数ほど販売されています。

 

ドラッグスター250は自分好みのカスタムをあれこそ考えて、じっくり仕上げてお楽しみ頂けます。

 

初めてのアメリカン・クルーザー購入、女性ライダー、リターンライダーにおすすめしたいドラッグスター250です。

 

管理人元ヤンナオのドラッグスター250を高く売る方法

 

ドラッグスター250をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はドラッグスター250を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのドラッグスター250がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとドラッグスター250の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、ドラッグスター250などの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のドラッグスター250も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とドラッグスター250の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とドラッグスター250の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でドラッグスター250をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加