元ヤンナオのバイク売る!

埼玉長瀞から山梨に抜ける国道140号線のツーリングルート

バイク,買取,売却,売る,埼玉

 

長瀞から山梨に抜ける国道140号線のツーリングルート

 

今回は東京から埼玉県の長瀞に行き、山梨県に向かうツーリングコースを紹介します。

 

このツーリングコースの醍醐味は国道140号線の山間道路を夏は新緑の匂いを感じながら、秋は紅葉を見ながらツーリングを楽しめることです。

 

長瀞から山梨に途中には行く秩父もみじ湖の滝沢ダムがあり、その手前のループ橋は見れば必ず驚くと思います。

 

都会の生活では見ることのできない巨大なループ橋はこのツーリングコースの1番の醍醐味といっても過言ではないでしょう。

 

ループ橋を登りきったところで、バイクから降りて登ってきたループ橋を眺めて下さい。

 

滝沢ダムを過ぎると、一般国道山岳トンネルで日本一の長さの雁坂トンネル有料道路につきます。

 

雁坂トンネル有料道路を過ぎ、山道を下るといよいよ山梨県に入ります。

 

山梨県では「ほったらかし温泉」に入ることをおすすめします。

 

「ほったらかし温泉」は富士を望み甲府盆地を見下ろす眺望は最高です。温泉につかればツーリングの疲れなんて一気に吹き飛んでしまいます。

 

私が実際にこのルートでツーリングをゴールデンウィークの頃でした。それでも山間部を走るのでかなり寒く、「ほったらかし温泉」でツーリングで冷え切った体を温めるには本当におすすめです。

 

ちょっと分かりずらい場所にありますが、近くの笛吹川フルーツ公園の駐車場を通り抜ければ「ほったらかし温泉」に到着です。

 

長瀞から山梨に抜ける国道140号線のツーリングルートの問題点

 

長瀞から国道140号線を抜けて山梨に向かう山間道路のツーリングは、馬力のあるバイクで行ったほうがいいと思います。

 

私は街乗りバイクのビックスクーターで行ったのですが、坂道が多く快適なツーリングをできたとは言えません。

 

また、国道140号線は食事処があまりありません。事前に下調べをしてここで食事をしようと計画ををした方が良いでしょう。

 

私の場合、計画をたてずにツーリングに出かけたので、昼飯も晩飯も特に名物は食べず道の駅の軽食で済ませたことがちょっと後悔しております。

 

東京に住んでる人は休みの日は長瀞まで行く東北道、甲府から東京に向かう中央自動車道は渋滞しているので時間に余裕を持ってツーリングしたほうがいいと思います。

 

私がツーリングした日はゴールデンウィークでしたが、長瀞まで行く関越自動車道はそんなに渋滞はしていなかったのですが、甲府から東京に向かう中央自動車道では大渋滞にはまり、渋滞に耐えられなくなり相模湖インターで降りました。

 

相模湖から山間道路抜けて東京に帰りましたが、東京の高尾山近くに来た頃には雨も降り始め、ビショビショになりながら家に向かいました。非常に時間がかかり家に着いたのは夜中の12時を回っていました。

 

今回紹介した長瀞から山梨に抜ける国道140号線のツーリングルートは関東随一のツーリングコース

 

国道140号線は手づかずの大自然と巨大建造物を一気に味わえる大変魅力的なツーリングルートです。

 

夏は新緑・秋は紅葉を楽しみながら、都会では味わえない自然の素晴らしさが体験できます。

 

また、滝沢ダムで手前のループ橋は巨大建造物の凄さを痛感することができる素晴らしいスポットです。

 

自然の中に突然現れたループ橋の存在に違和感を覚え、バイクを止めて茫然と見てしまうはずです。

 

事前にインターネットでこのルートを調べましたが、大半の人たちがループ橋の前でバイクを止め、写真を撮っていました。
ついつい足を止めて、バイクとループ橋を撮影したくなる気持ちが分かりました。

 

埼玉県と山梨県を繋ぐ一般国道山岳トンネルで日本一の長さの雁坂トンネル有料道路も感動します。

 

このトンネルにより、埼玉と山梨のアクセスが断然楽になったと実感するでしょう。延長6625mのトンネルを通ると山梨県に到着です。

 

山梨では「ほったらかし温泉」も必ず言って下さいね。入力料800円と安く、何より温泉に浸かりながら見る景色が本当に最高です。

 

眼下に広がる甲府盆地、富士山を見ながら大きな露天風呂につかればツーリングの疲れがとれ、日ごろの生活のストレスも一気に解消できるはずです。

 

「ほったらかし温泉」は日の出1時間前から22時まで営業しており「朝焼け」から「甲府盆地の夜景」まで素晴らしい景色が堪能できます。

 

また、国道140号線沿いには道の駅が2つあります。

 

1つは「道の駅 みとみ」もう1つは「道の駅 花かげの郷 まきおか」です。

 

このツーリングコースはスピードを出して進むというよりかは、ゆっくり自然を楽しみながらツーリングをする感じなので道の駅に寄ってゆっくりするのもおすすめです。

 

私はこのツーリングをするまで、埼玉県から山梨県に抜ける道があるとは全く知りませんでした。

 

秩父の長瀞から国道140号線で「ほったらかし温泉」へ行くのは約90分位です。

 

信号はほとんどなく、渋滞もしないのでツーリングコースとしては最高だと思います。

 

私がツーリングをした時期は春(ゴールデンウィークの頃)でしたが、今度は紅葉のシーズンに行きたいと思います。きっと紅葉の時期は素晴らしい景色を堪能できるはずです。

 

ちょっとだけ贅沢を言うと、1泊2日で山梨の「ほったらかし温泉」近辺で1泊し、帰りも国道140号線を走りたいと思います。
それほどまでにこの長瀞から山梨に抜ける国道140号線のツーリングルートは素晴らしいのです。