ST250買取価格相場|高額査定の方法

最高額24万円!ST250買取価格相場|高額査定の方法

 

スズキ ST250を査定する際に最も高く買取してもらう方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではST250の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


ST250を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはST250の買取相場をみてみる

 

このページではST250の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、ST250の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではST250を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ ST250の買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
ST250 2014年 355km 240000円
ST250 2009年 1540km 230000円
ST250 2015年 2804km 220000円
ST250 2012年 4508km 210000円
ST250 2013年 890km 195000円
ST250 2008年 13606km 170000円
ST250 2004年 4177km 155000円
ST250 2007年 13455km 120000円
ST250 2010年 14900km 95000円
ST250 2007年 21050km 90000円
ST250 2006年 17385km 82000円
ST250 年式不明 14500km 80000円
ST250 年式不明 18766km 68000円
ST250 2008年 19988km 48000円
ST250 1993年 2869km 30000円
ST250 年式不明 14555km 25000円

 

 

ST250は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

ST250 スペック  
サイズ 2070×750×1075
重量 146kg
ブレーキ ディスク ドラム
タイヤサイズ 90/90-18 110/90-18
エンジン 空冷4ST SOHC2バルブ単気筒
排気量 249cc
圧縮比 9.2
最高出力 19PS/7500rpm
最大トルク 2.1kg-m/5500rpm
ミッション 5速
吸気方式 FI
タンク容量 12L

 

スズキ ST250はDR250SのDNAを受け継ぐネオクラシック

 

2003年にシングルスポーツとして販売を開始したスズキ ST250。

 

ST250はすでに息の長いロングセールスを続けていたボルティーの後継車として作られたバイクで、クラシカルなデザイン性とリーズナブルな価格帯をウリにしたスタンダードなモデルです。

 

シングルスポーツ特有の味わいのある外観と、スズキ初のデュアルパーパス車として1982年に販売開始されたDR250Sのエンジンがベースとなっており、30年以上もの歳月をかけて熟成されてきたエンジンがST250の自慢となっています。

 

ST250は先代となるボルティーよりも実用域の回転数仕様エンジンとなっており、最大トルク値は21Nm (2.1kgf)/5,500rpm。

 

 

ST250は実馬力こそ19psと非力なのは否定できませんが、シングルスポーツ特有の扱いやすさと、低速でよく粘るバランスの良いバイクとなっています。

 

シングルスポーツのバイクは、その仕様上どうしてもパワー不足が感じられる傾向にありますが、ST250は絶対的なパワーではなくても不自由を感じさせるトルクの細さはありません。

 

ネオクラシックを普通二輪免許で乗り始めるなら、ST250からのステップアップという選択肢は。今後のバイクライフを豊かにする様々な楽しみ方を体験する事が可能です。

 

スズキ ST250は2008年以降のモデルが断然おすすめ!

 

出典:http://www.tk-kijima.co.jp/custom_st250.htm

 

ST250の車体サイズは全長2,070mm×全幅750mm×全高1,075mmとクラス内では標準サイズ。

 

元々タフで好燃費なことに定評のあったDR250Sベースのエンジン特性とよくマッチし、軽快な運動性能がST250のウリの一つです。

 

前後18インチというタイヤサイズもそれを後押しし、ネイキッドというカテゴリで見てもハンドリングの良さは大きな魅力です。

 

シート高770mmもST250のルックスを損なわない丁度よい高さとなっており、足つき性の良さはシングルスポーツ随一。

 

 

女子高生が普通二輪免許取得後に乗るバイクとしても、押し引きに苦労しない車体サイズと足つき性の良さは大きな安心材料です。

 

2008年以降のモデルからST250は上位モデルであったST250 E-Typeとの統合となり、上質なメッキパーツが随所に光るボディデザインとデコンプ式キックレバーが追加装備。

 

ガソリンタンクにも美しいグラデーションペイントが施されるようになりました。

 

車両価格も従来モデルのST250と変わらない価格帯のままで、新車販売価格449,000円(税抜)はとてもリーズナブル。

 

絶対性能を求めないシングルスポーツ・ネオクラシックのジャンルにおいて、ルックスは最重要事項ですが、ST250のモデル統合化はファンにとっては朗報と言える出来事でしょう。

 

ST250 E-Typeの2016年モデルは、フォックスオレンジメタリック/という個性の際立つクラシカルカラーが追加され、ルックスに拘るシングルスポーツファンにもおすすめの一台です。

 

スズキ ST250ならゆったりとした穏やかな時間が過ごせます!

 

スズキが熟成に熟成を重ねてきたST250の空冷SOHC2バルブエンジンは、低回転での粘りが身上。

 

ST250はアイドリングからクラッチを繋ぐだけでスルスルと発進できるスムーズさは、まるで大人しいビッグスクーターのような穏やかな走りとなっています。

 

それでいながら、スロットルを開ければDR250Sの鋭い足を彷彿とさせる二面性もあり、高回転ではかなりの冒険が可能。

 

見た目から判断すると、スポーツ走行は苦手な部類かと思えるST250ですが、下りのコーナーリングでは大排気量車よりも軽快な運動性能と素直なエンジンを武器に楽しむことができます。

 

基本的には穏やかな走りを楽しむテイストのST250ですが、その気になればグイグイとスポーツ走行を楽しめるのは面白い要素の一つ。

 

 

ST250はフルにカスタマイズすれば、ネオクラシックジャンルの雄であるヤマハ・SR400に負けないだけの確かな走りの下地を秘めています。

 

ノーマルでのライディングポジションは、ややシート前方の薄い部分に体重がかかり過ぎる傾向があり、長時間走行には正直不向きです。

 

乗ってみて違和感を覚える、または長時間走行を考えている方は、ST250の純正ハンドルを社外品コンチハンドルに変更してみるとゆとりが出来ておすすめです。

 

扱いやすさとカスタムで、オーナーの楽しみ方を幅広くしてくれるST250は、初心者からコアなカスタムファンまで層を問わずに楽しめる魅力的なネオクラシックの新鋭です。

 

手頃な価格が魅力のST250は通勤通学の足にも最適な一台!

 

新車価格もリーズナブルなST250ですが、中古車市場では車両価格10万円台という価格相場となっています。

 

しかも総じてエンジンコンディションが良く、ある程度のカスタムが施された車両でも乗り出し価格20万円台というお手頃価格は、初めてバイクを買う方にも大きなポイント。

 

現在のスズキ車ラインナップの中でも、もっともシンプルな設計構造のST250はメンテナンス性も良く、簡単な整備からでも覚えていきたいというユーザーにとって最適なモデルと言えます。

 

 

エンジンもDR250Sという耐久性に定評のあるST250は、消耗品以外でのトラブルが少ないというメリットもあり、女性でも維持のしやすいバイクと言ってよいでしょう。

 

ST250はオイル交換とタイヤの定期的な空気圧チェックさえ怠らなければ、10年先でも現役で乗り続けられるモデルです。

 

車検不要で維持のしやすい250cc軽二輪クラスでも、これほど手のかからないバイクは極めて稀で、日常の走りの豊かにしたいファンにとって非常におすすめのモデルです。

 

管理人元ヤンナオのST250を高く売る方法

 

ST250をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はST250を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのST250がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとST250の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、ST250などの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のST250も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とST250の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とST250の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でST250をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加