RG250ガンマ買取価格相場|高額査定の方法

最高額32万円!RG250ガンマ買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,バイク売る,売却,スズキ,rg250ガンマ

 

スズキ RG250ガンマを査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではRG250ガンマの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


RG250ガンマを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはRG250ガンマの買取相場をみてみる

 

このページではRG250ガンマの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、RG250ガンマの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではRG250ガンマを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ RG250ガンマ買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
RG250ガンマ 1987年 10382km 320000円
RG250ガンマ 1987年 7467km 300000円
RG250ガンマ 1985年 9182km 290000円
RG250ガンマ 1986年 12476km 275000円
RG250ガンマ 1984年 14940km 258000円
RG250ガンマ 1985年 16874km 250000円
RG250ガンマ 1985年 8930km 240000円
RG250ガンマ 1984年 18473km 235000円
RG250ガンマ 1983年 20298km 210000円
RG250ガンマ 1984年 14368km 200000円
RG250ガンマ 1983年 12940km 180000円
RG250ガンマ 1984年 24983km 140000円
RG250ガンマ 1985年 不明 120000円
RG250ガンマ 1983年 18499km 100000円
RG250ガンマ 1983年 不明 80000円

 

 

RG250ガンマは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

RG250ガンマ スペック  
排気量 247cc
発売開始年 1987年
エンジン 水冷2ST パワーり度バルブ並列2気筒
最高出力 45ps/9500rpm
最大トルク 3.8kg-m/8000rpm
重量 128kg
パワーウエイトレシオ 2.8kg/ps
メーカー スズキ

 

スズキ RG250ガンマは稀少バイク!高額買取が期待できます。

 

スズキのRG250ガンマは、当時としては画期的なアルミフレームを採用した、ツーストローク250ccのスポーツバイクです。

 

スズキ RG250ガンマはレーシングバイクからのテクノロジーをフィードバックして開発されており、標準でハーフカウルが付属し、オプションでフルカウルにすることも可能でした。

 

当時としてはハンドルポジションが低く、アルミ削り出しのバックステップとあわせて、レーシーなライディングポジションが取れるのは、他の同クラスのバイクにはない魅力と言えるでしょう。

 

また、RG250ガンマはツーストロークならではのドッカンパワーで、エンジンをブン回して乗りこなせるという、楽しい魅力も兼ね備えています。

 

スズキ RG250ガンマは当時の同クラスのバイクと比べても、十分なパワーと、トップスピードを誇っています。高速道路からワインディングでは、これほど楽しくて速いバイクはなかったと言っても過言ではないでしょう。

 

 

これ以外にも、スズキ RG250ガンマ当時先進的な装備である、3000回転から刻まれるタコメーターや、アルミサイレンサー次のチャンバーなど、レーシングレプリカの雰囲気を十分に楽しめるのは、当時としてはガンマだけだったと言えるでしょう。

 

RG250ガンマのサイレンサーからの乾いた回転音も、まるでレーシングモデルに乗っているような気分に浸らせてくれます。

 

スズキ RG250ガンマは、強力なツーストロークエンジンによって、加速から100キロに達してからの伸びに、他のバイクでは味わえない爽快感を味わうことが出来ます。

 

スズキ RG250ガンマは本格的レーシングモデル

 

公道でレーシングレプリカに乗るような感覚を味わいたくて、RG250ガンマを購入された方も少なくないでしょう。

 

しかし、良いことばかりではなく、やはり特徴的なモデルにありがちな、クセといったものもまた併せ持っていました。

 

このクセによって、RG250ガンマに乗りにくさとか扱いにくさというデメリットを感じられた方もいるようです。

 

例えば、3000回転以上を常用回転数として設計されているため、低回転ではほとんどトルクがなく、街乗りで渋滞に巻き込まれると、地獄の苦しみを味わう事になります。

 

また、RG250ガンマは高回転で乗るのが基本スタンスのバイクですから、どうしても燃費は悪くなってしまいます。

 

さらに、RG250ガンマはツーストロークエンジンの宿命ですが、振動が大きいため各パーツのビスが緩んでくるといったマイナートラブルに悩まされるケースも多かったのです。

 

 

これ以外では、あまりデメリットのないRG250ガンマでしたが、あえて言うならフルカウルモデルのため、こけたときにカウルを擦ったり割ったりという事で、修理費が高くなってしまう点を挙げておきます。

 

さまざまなデメリットもありながら、スズキのRG250ガンマは乗って楽しいバイクです。

 

先にも書いたように、峠のワインディングなどでは、当時これほど楽しめるバイクないと言っていいほどです。

 

RG250ガンマはツーストロークの250ccから発生する強力なトルクとパワーで、高回転をキープしながら走れば、峠で敵なしの状態です。

 

アルミサイレンサーからの乾いた回転音を聞きながら、ワインディングを攻めるのは、これ以上ないほどの快感を味わうことが出来ます。

 

RG250ガンマは車体がアルミフレームによって軽量化されているため、程よい慣性でバンクを自由にコントロール出来るのです。

 

体重移動とアクセルワークによって、バイクの姿勢をコントロールするのには、若干の慣れも必要ですが、慣れてしまえば身体の一部のように扱うことが出来て、こうなった時のバイクとの一体感は忘れることが出来ません。

 

RG250ガンマは街乗りには向いていませんし、実用度からいうと、それほど便利なバイクではありませんが、そんな事を全部差し引いても、魅力に溢れるバイクです。

 

また、レーシングスタイルにこだわりがあり、フルカウルのオプションの他にも、シングルシートにするオプションカウルも発売されていましたので、存分に気分を盛り上げることが出来ました。

 

スズキのRG250ガンマについて、そのメリットやデメリットについて書いてきましたが、最後にまとめておきたいと思います。

 

RG250ガンマは、当時のスズキのレーシングバイクからのテクノロジーをフィードバックして開発されたバイクです。

 

RG250ガンマは何年か後に、ヤマハからTZ250が発売されるまでは、レーサーレプリカの頂点に君臨しているバイクでした。

 

TZ250は、アルボックスフレームに後方排気のチャンバーを備え、RG250ガンマよりもさらにレーサーレプリカに近づけられたモデルでしたが、TZ250の発売までは間違いなく、レーシングモデルの中心的存在だったのです。

 

スズキ RG250ガンマのパワフルなエンジンももちろんの事ですが、スタイルとしてのフルカウルやアルミフレーム、バックステップなどレースに憧れる当時のバイク好きにとって、衝撃的なモデルだったことを強く記憶しています。

 

もう中古車としても、乗れる状態のものはほとんど手に入らなくなってしまっていますが、もし新車で買えるのだとすれば、借金してでも手に入れて乗りこなしたいバイクです。

 

スズキ RG250ガンマは現在の最新モデルから見れば、レーサーモデルとはとても言えませんが、初めて乗った時の感動は、一生忘れることが出来ないでしょう。

 

スズキ RG250ガンマのおすすめポイント

 

スズキ RG250ガンマの2サイクルエンジン特有の高回転時のパワーは非常に魅力的で、その加速はたった45馬力でありながらもすごかったです。

 

RG250ガンマは特にパワーバンド付近まで回転数を一気に上げると、後ろから追突でもされたかと思うほど一気にバイクが走り出すので、非力さに似合わず高性能なバイクだったと思います。

 

スズキ RG250ガンマの車重は乾燥重量で137kg、装備重量で161kgということでしたが、思ったよりも軽いイメージがあり、車庫への出し入れや手押しでバイクを移動させる際なども特に苦労をしたという経験はないです。

 

 

これも2サイクルエンジンの特徴ですがエンジン構造が単純なことから、RG250ガンマのエンジン周りも複雑な状態ではないので、結構自分で分解してメンテナンスをすることができます。

 

エンジンはさすがに分解せずにおくとしても、カウルを外しバイクの内部まで掃除をすることでより愛着が湧いてくるのでは?と思います。

 

また、2サイクルエンジン特有の排気臭(エンジンオイルが燃焼した時の匂い)はレース場へ足を運んだ人であれば気がつくと思いますが、レースバイクが出す排気臭に近いものがあり特に特定のメーカーのエンジンオイルを使えばその感覚はもっと強くなるので、自分がすごいバイクに乗っているという自己満足浸ることができました。

 

スズキ RG250ガンマのマイナスポイント

 

スズキ RG250ガンマに乗り始めた当初に一番困ったのがスタート時のプラグ被りです。

 

バイクショップの方から「5000回転以下でギアをつなぐとプラグが被りエンストするかもしれないよ」と言われていたんですが、それまで乗っていた4サイクルエンジンのバイクを同じ感覚で信号待ちからのスタートをしてしまい、交差点の真ん中でエンスト、パニックに陥るという経験を何度かしました。

 

RG250ガンマは別に乾燥クラッチを積んでいるわけではないので、ある程度は余裕があるものだと思っていたんですが、なかなかシビアなバイクでした。

 

その後5000回転以上でクラッチをつなぐとバイクが急発進するということ、半クラッチの状態で回転数を上げてつなぐとクラッチミスでやはり急発進という問題から、結果的に4000回転以下でスタート、バイクが動くとすぐにクラッチを切り空ぶかし、改めてクラッチをつなぐという操作をすることで、やんわり発進できる様になりましたが、、、。

 

スズキ RG250ガンマの2サイクルエンジンの特性として高回転域ではトルクが太いのですが、低回転域ではトルクが全くありません。

 

コーナー手前でキチンと減速してギアダウンをしてからクリッピングポイントでアクセルを思いっきり回すという操作をしないと、コーナー出口で全くバイクが前に進まない、またバイクが前に進まないので遠心力を使ってバイクの体勢を立て直す(倒し込んだバイクを起こす)という操作も出来ず、かなり怖い思いをしたことが何度かあります。

 

RG250ガンマはコーナー進入前に確実に減速、適切なギアにダウン、クリッピングポイントからはパワーバンドを意識しながらアクセルを開けるという操作に慣れるまでは怖かったです。

 

私が乗っていた1991年式のRG250ガンマで忘れてならないのが、セルスタート式ではなくキックスタート式だったことです。

 

RG250ガンマは一発でエンジンがかかるのでほとんど苦労はありませんでしたが、信号停止時などにエンストしてバイク道路脇まで急いで移動させ一生懸命キックをしている姿は哀愁を漂わせていたと思います。

 

スズキ RG250ガンマの総合評価

 

スズキ RG250ガンマは現在は排ガス規制の問題もあり、今後どんどん街中で見かける機会が少なくなるバイクだと思いますが、どちらかというと『見るだけ』にとどめておく方が良いバイクだと私は思います。

 

確かにRG250ガンマは非常に良いバイクだと思いますが、街乗りには絶対的に向きませんし、長距離のツーリング向きでもありません。

 

RG250ガンマはエンジンの回転数が低回転数では非常に乗りにくく、4サイクルエンジンと異なりエンジンオイルが走行中に減っていくので長距離ツーリング時には、途中でエンジンオイルを補充する必要が出てくる場合があります。

 

また、RG250ガンマはエンジン特性自体が非常にピーキーであるため、バイクをコントロールしなければならないRGV250Γは初心者には全く向かないバイクだと思います。

 

スズキ RG250ガンマの特性をキチンと理解して、コーナーを曲がるという基本を学ぶという意味ではエンジン特性がピーキーなことや、1990年代のSUZUKIのレーサーレプリカバイク特有の曲がり難さ(ホイールベースが長い)という面は非常に良いんです。

 

しかし、それを初心者がいきなりやろうとするのはかなり無謀だと思います。

 

バイク歴が長い、バイクに慣れているという方が趣味のバイク(セカンド機)としてRG250ガンマを持たれる分には、これほど面白いバイクはないと思うのでお勧めしますが、そうでなければRG250ガンマの購入を止めておくことを強くお勧めします。

 

管理人元ヤンナオのRG250ガンマを高く売る方法

 

RG250ガンマをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はRG250ガンマを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのRG250ガンマがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとRG250ガンマの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、RG250ガンマなどの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のRG250ガンマも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とRG250ガンマの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とRG250ガンマの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でRG250ガンマをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加