イントルーダークラシック400買取価格相場|高額査定の方法

最高額55万円!イントルーダークラシック400買取価格相場|高額査定の方法

バイク売る,バイク,買取,イントルーダークラシック,スズキ

 

スズキ イントルーダークラシック400を査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではイントルーダークラシック400の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


イントルーダークラシック400を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはイントルーダークラシック400の買取相場をみてみる

 

このページではイントルーダークラシック400の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、イントルーダークラシック400の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではイントルーダークラシック400を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ イントルーダークラシック400の買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
イントルーダークラシック400 2016年 998km 550000円
イントルーダークラシック400 2015年 2031km 500000円
イントルーダークラシック400 2012年 4938km 470000円
イントルーダークラシック400 2014年 6409km 450000円
イントルーダークラシック400 2010年 8473km 430000円
イントルーダークラシック400 2007年 7488km 424000円
イントルーダークラシック400 2008年 12039km 400000円
イントルーダークラシック400 2005年 18287km 378000円
イントルーダークラシック400 2002年 16470km 350000円
イントルーダークラシック400 2001年 17476km 280000円
イントルーダークラシック400 2009年 21349km 220000円
イントルーダークラシック400 2010年 26453km 188000円
イントルーダークラシック400 2008年 18200km 120000円
イントルーダークラシック400 2002年 38489km 90000円
イントルーダークラシック400 2001年 48392km 70000円

 

 

イントルーダークラシック400は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でイントルーダークラシック400をお試し査定してみる

 

 

イントルーダー400クラシック スペック  
型式 EBL-VK56A
サイズ 2500×955×1110
ホイールベース 1655mm
シート高 700mm
最低地上高 140mm
重量 275kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 141mm
タイヤサイズ ディスク
エンジン型式 K509
エンジン 水冷4ST SOHC4バルブV型2気筒
排気量 399cc
圧縮比 10.5
ボア 65mm
ストローク 60.2mm
最高出力 33ps/8000rpm
最大トルク 3.4kgf-m/6000rpm
始動方式 セル
ミッション 5速
吸気 FI
タンク容量 15L
燃費 33km/L

 

流麗な美しさを持つイントルーダークラシック400

 

普通二輪免許で楽しめる400ccクラスは、ジャンルを問わず世界市場でも稀に見る激戦区となっています。

 

その国内市場の中でも近年アメリカン・クルーザーというジャンルは特に人気が高く、年々バラエティ豊かなモデルが登場しています。

 

そんな激戦区の中で、長年に渡りスズキのミドルクラスクルーザーとして根強い人気を誇っているのがイントルーダークラシック400です。

 

イントルーダークラシック400の全長2,500×全幅955×全高1,110mmとド迫力の車体は、圧倒的な存在感を持っておりタンク上部を起点とする流麗なデザインも美しいモデルです。

 

「クラシック」の称号に相応しい上品なクロムメッキ仕上げのパーツの数々がイントルーダークラシック400というバイクの美しさを際立たせています。

 

イントルーダークラシック400のシート高700mmという高さは足つき性も非常に良く、フォワードコントロールのポジションもフットボードの恩恵で疲れ知らず。

 

数あるミドルクラスクルーザーモデルの中でも頭一つ抜けた存在感を持つイントルーダークラシック400。

 

イントルーダークラシック400は長年愛され続けてきたロングセラーらしい完成度の高さと、ゴージャスなメッキパーツの数々がオーナーの所有感を存分に満たしてくれる一台です。

 

スズキらしい意外性がイントルーダークラシック400の走りを語る上でのキーポイント

 

イントルーダークラシック400の装備重量275kgという大柄な車体。

 

イントルーダークラシック400の巨体を目の前にして誰もが感じるのは、(本当に曲がるのか?)という事に尽きます。

 

クルーザーモデル特有の倒立式フロントフォークを大きく寝かせたスタイルは、「直線番長」を連想させるものですが、跨ってしまうと意外なほどに重さを感じさせません。

 

イントルーダークラシック400はどちらかと言えば素直なハンドリングで、クルーザーモデルとしては大きめなバンク角がコーナーリング性能を高めています。

 

イントルーダークラシック400はシート高700mmの数値通り、ロー&ロングボディの低重心設計は、腰だけで操る事が可能な絶妙のバランスになっており、巨体を倒し込む事に恐怖心を感じさせないものとなっています。

 

イントルーダークラシック400のホイールベース1,655mmという数値は確かに大きなものですが、バランス性の良さが旋回性を保証し、運動性能は決して悪くありません。

 

クラッチレバーもクセがなく、ストレスなく扱える軽快なもの。

 

 

総合的に評価して、渋滞時でも労せず悠々と走れるだけのスマートな仕上がりとなっています。

 

アメリカンバイクに興味はあるけど、扱い辛そう…。

 

そんなネガティブなイメージを覆す意外性を持つイントルーダークラシック400。

 

バイク本来の面白さを研究した、スズキらしいクルーザーモデルと言える存在です。

 

随所に盛り込まれたイージーライドスタイルがスズキ・イントルーダークラシック400の大きな魅力

 

ド迫力の車体が自慢のスズキ・イントルーダークラシック400ですが、走りは至って穏やか。

 

イントルーダークラシック400の最高出力33ps/8,000rpmに最大トルク33Nm(4kg・m)/ 6,000rpmという数値は、このクラスでは標準的な数値となっています。

 

イントルーダークラシック400のライバルであるヤマハ・ドラッグスターと比べるとやや大人しい印象を受けるほどですが、その秘密は駆動系にあります。

 

イントルーダークラシック400の駆動系はシャフトドライブとなっており、その滑らかさが穏やかな印象を強くしています。

 

確かにトルクフルなスタートダッシュを決めるエンジン仕様ではありませんが、この出力特性は上品なイメージを持つイントルーダークラシック400に相応しいもの。

 

イントルーダークラシック400の走りに優雅さを持つ1ランク上のクルーザーモデルのような、余裕が感じられるのが長年に渡る人気の秘密とも言えます。

 

イントルーダークラシック400の空冷単気筒SOHC2バルブというエンジンの仕様上、Vツインのように独特の鼓動感ではありませんが、ライダーの全身を優しく包み込むような独特の鼓動感は特筆に値します。

 

クルーザーがクルーザーであるために、何が必要なのか?

 

本当に必要となるものを、ゆとりを持って提供してくれる1ランク上のマシン。

 

イントルーダークラシック400でスズキが目指したものは、心躍らせながらも癒す存在としてのバイクです。

 

ストレス多き現代の日本社会において、数少ないゆとりを楽しめるバイク。

 

それがイントルーダークラシック400最大のセールスポイントです。

 

スズキ・イントルーダークラシック400は長距離ツーリング向きの高い巡航性能が自慢のツーリングクルーザー

 

その車格の良さと居住性抜群の乗り味で、満足度の高いイントルーダークラシック400。

 

イントルーダークラシック400は燃費性能も優れており、市街地走行のみでもリッター平均値22kmをマークします。

 

15リットル容量のガソリンタンクと合わせて計算すると1回の給油で300km以上走破出来る計算に。

 

イントルーダークラシック400は乗り手に疲労を感じさせない居住性の良さと合わせると、クルーザー以外にツアラーとしての高い実力も伺えます。

 

機能性を前面に押し出したツアラーバイクが多い中、イントルーダークラシック400の優美な美しさは新鮮味があり、旅を楽しむ大きな魅力たりえます。

 

イントルーダークラシック400の車格の良さと豪華なメッキパーツ。

 

優美で乗りやすい上に走りを心から楽しめる。

 

そんな自慢の愛車を持つという喜びが味わえるイントルーダークラシック400は、アメリカンバイクファンからバイク初心者、女性ライダーとタイプを問わずにバイク本来の楽しさが満喫できるお買い得なマシンです。

 

管理人元ヤンナオのイントルーダークラシック400を高く売る方法

 

イントルーダークラシック400をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はイントルーダークラシック400を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのイントルーダークラシック400がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとイントルーダークラシック400の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、イントルーダークラシックなどの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のイントルーダークラシック400も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とイントルーダークラシック400の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とイントルーダークラシック400の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でイントルーダークラシック400をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加