イナズマ400買取価格相場|高額査定の方法

最高額31万円!イナズマ400買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,売る,売却,イナズマ400

 

スズキ イナズマ400を査定するときに高価買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではイナズマ400の買取相場と、高額買取してくれる買取店をご紹介します。


イナズマ400を売る時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはイナズマ400の買取相場をみてみる

 

このページではイナズマ400の買取相場を調べて,相場表を掲載しています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰えます。

 

ただ、イナズマ400を1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、イナズマ400の査定価格の競争がおきてより高く買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではイナズマ400を高価買取してくれる買取店をランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ イナズマ400買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
イナズマ400 2005年 8374km 310000円
イナズマ400 2000年 9190km 290000円
イナズマ400 2004年 10293km 270000円
イナズマ400 2003年 5198km 250000円
イナズマ400 2002年 12993km 245000円
イナズマ400 2001年 11090km 220000円
イナズマ400 1999年 14938km 218000円
イナズマ400 2000年 13009km 210000円
イナズマ400 1998年 18487km 200000円
イナズマ400 1997年 17764km 180000円
イナズマ400 1999年 9901km 177000円
イナズマ400 2000年 29488km 150000円
イナズマ400 1997年 30493km 130000円
イナズマ400 2001年 24988km 110000円
イナズマ400 1997年 31222km 100000円

 

 

イナズマ400は相場表の通り高価買取が狙えます。2社以上に査定して貰って高値で買取して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

イナズマ400 スペック  
エンジン 油冷4ST 4気筒
エンジン型式 K717
排気量 399cc
圧縮比 11.2
ボア 52.0mm
ストローク 47.0mm
吸気 キャブ
エンジンオイル容量 4.7L
タンク容量 18L
ミッション 6速
最高出力 53ps/11000rpm
最大トルク 3.7kg-m/9500rpm
燃費 36.5km/L
フレーム ダブルクレードル
トレール 102mm
タイヤサイズ 120/70ZR17 170/60ZR17

 

ゴツゴツとしたトルク感が楽しいイナズマ400!

 

399cc油冷4サイクル直列4気筒DOHC4バルブエンジン。

 

今では珍しい冷却方式のエンジンを持つスズキ・イナズマ400。

 

イナズマ400の初代GSX-R750を始祖に持つスズキ伝統のこのエンジンは、高温度となるエンジンのシリンダーヘッド周りにエンジンオイルを吹き付けて冷却するというスズキの独自仕様。

 

2008年にGSX1400が生産終了となるまで23年の歴史を持つ個性的なエンジンが、イナズマの走りを支える心臓です。

 

 

油冷エンジンの面白いところは、中回転域より少し手前からゴツゴツと伝わってくるトルク感。

 

このイナズマ400のベースエンジンは、オリジナルである初代GSX-R750のものを400ccにスケールダウンしたもの。

 

それだけに、クラスレスの高い耐久性が現在でも元気に走れるイナズマ400の高評価にも繋がっています。

 

GSX-R750と比較すると排気量によるパワーは落ちますが、イナズマ400はオリジナル同等との油冷エンジンの醍醐味を存分に味わう事ができます。

 

イナズマ400の車体サイズは全長2140mm×全幅745mm×全高1090mmと、発売された1997年当時の400ccとしては大柄サイズ。

 

イナズマ400の車体重量187kgも重い部類に入りますが、意外に取り回しは良好でした。

 

現行の400ccネイキッドにも見劣りしない魅力があるイナズマは、スズキテクノロジーの純粋血統車です。

 

優しい丸みとエンジン造形が美しいイナズマ400

 

http://carcast.jp/7265

 

当時のスズキが400ccネイキッドで主力としていたのは、イナズマ400(型式番号・GK79A)。

 

こちらは直線の占める割合が多いシャープな印象のデザインでしたが、イナズマ400はカワサキ・ゼファー400に近い曲線を多用したデザインでした。

 

 

イナズマ400の大きな車体に優しいカーブを描くタンクデザインと、油冷エンジンの造形美の象徴である放熱フィンが美しく見えるよう計算されていたのも印象的。

 

グラマラスな美女を連想させる、どこか女性的な官能感もある魅力的なマシンです。

 

イナズマ400のライディングポジションも肩の力を抜いてナチュラルに乗れるよう設計されており、走り出すとその自然さと滑らかな出足の良さに満足。

 

足つき性もよく、現行ネイキッドよりもふわりと座れるように作られており、イナズマ400の目指した走りは快適性をも両立しようとしていたことが伺えます。

 

スルスルとイナズマ400の大きな車体が滑らかに走っていく姿は、乗り手が思っている以上に見る人の心を惹きつける魅力があります。

 

バイクという乗り物に、ネイキッドというジャンルに美しさと機能性を求めるなら、スズキ・イナズマ400は非常に満足度の高い一台と言えるでしょう。

 

路面を滑るように伸びる加速力がイナズマ400の持ち味

 

イナズマ400の最高出力は53ps/11,000rpm、最大トルク値36Nm(3.7kg.m)/9,500rpm。

 

現在の出力・排気ガス規制以前のバイクだけあり、エンジンパワーは間違いなく高いと言えます。

 

しかし、実際に走らせてみると(本当に53psあるの?)と思えるほど、穏やかで扱いやすい出力。

 

これは非力という事ではなく、極めて走りがナチュラルという事。

 

イナズマ400はフルスロットルで本気を出せば、本来の荒々しさが表へ出てきますが、実用域での挙動は総じて穏やか。

 

「イナズマ」という鋭さのある名前からは想像がつかない走行フィーリングです。

 

イナズマ400は3,000回転から7,000回転まで、静かに滑らかに回るエンジンはパワー伝達に無駄がないように作られています。

 

 

股下からは油冷エンジン特有の、ゴツゴツと湧き上がってくるトルク感を感じさせますが、100km巡航がせいぜい60kmくらいにしか感じられません。

 

現在では750ccクラスより上のバイクだけが持つ事を許される、本当の意味で余裕のある走りがイナズマ400の持ち味です。

 

まるで銀盤の上を一流のスケーターが滑っていくようになめらかなイナズマ400。

 

コーナーリング時は、この滑らかさと剛性の高いフレームがクッ、としなるように乗り手の身体に伝わり、ネイキッドの中ではイナズマ400にしかない独特の楽しさを体感できます。

 

400ccだけあり、最高速は180kmメーターを振り切るまでは一歩足りませんが、上質な走りを求めるライダーには、イナズマはベストマッチングの一台です。

 

稀少化傾向の見えるイナズマ400は今がチャンス

 

油冷エンジンが2008年のGSX1400で絶えた現在、イナズマ400を含む油冷エンジン搭載車は値段が徐々に高騰化しつつあります。

 

発売開始当初こそ、「重い」と言われていたイナズマですが、1200・750の兄弟車と同一のフルサイズボディが印象付けたイメージではなく、実際に走らせてからの素軽さが後に評価を高めていった事もあります。

 

これまでになかったわくわく感を体感できるイナズマ400。

 

同年のカワサキ・ゼファー400がプレミア価格になりつつある現在、イナズマ400も旧車カテゴリに入るモデルとなりました。

 

イナズマ400は今後、中古市場でも価格が上がる事が予想できます。

 

世界の頂点を極めた油冷エンジンの実力を知りたいファンにとって、現在がイナズマ400を手頃に入手できる最後のチャンスと言えるかも知れません。

 

管理人元ヤンナオのイナズマ400を高く売る方法

 

イナズマ400をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はイナズマ400を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのイナズマ400がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとイナズマ400の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、イナズマ400などの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のイナズマ400も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とイナズマ400の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とイナズマ400の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でイナズマ400をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加