GN125-2F買取価格相場|高額査定の方法

最高額10万円!GN125-2F買取価格相場|高額査定の方法

gn1252n

 

スズキ GN125-2Fを高価買取して貰う方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではGN125-2Fの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


GN125-2Fを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはGN125-2Fの買取相場をみてみる

 

このページではGN125-2Fの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、GN125-2Fの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではGN125-2Fを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ GN125-2F買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
GN125-2F 2016年 948km 100000円
GN125-2F 2015年 1340km 94000円
GN125-2F 2015年 1899km 92000円
GN125-2F 2015年 2408km 90000円
GN125-2F 2014年 2988km 85000円
GN125-2F 2013年 3443km 82000円
GN125-2F 2014年 5657km 80000円
GN125-2F 2015年 7463km 74000円
GN125-2F 2013年 6651km 70000円
GN125-2F 2012年 8489km 66000円
GN125-2F 2013年 7480km 55000円
GN125-2F 2014年 10293km 50000円
GN125-2F 2012年 9982km 40000円
GN125-2F 2012年 13746km 30000円
GN125-2F 2012年 18894km 20000円

 

 

GN125-2Fの買取相場がわかりましたね。距離を走っていても高額で買取されることが多いのが特徴です。バイク買取ランキングを参考に無料査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

GN125-2F スペック  
排気量 125cc
発売開始年 2013年
燃費 52.6km/L
タンク容量 10L
吸気 キャブ
エンジン 空冷4ST OHC単気筒
最高出力 12.5ps/9500rpm
最大トルク 1.0kg-m/8500rpm
重量 122kg
サイズ 1945×1110×815
シート高 740mm
ボア 57mm
ストローク 48.8mm
圧縮比 9.5:1
フレーム ダイヤモンド

 

GN125F&2Fはアメリカン風ルックスを持つ中国からの帰国子女!

 

1982年、ビジネスユースからホビーライドまで、幅広い層に向けて販売を開始したのがGNシリーズです。400ccから50ccまで、5種類が展開されましたが、扱いやすさとリーズナブルさでもっとも多くの台数を売り上げたのはGN125でした。

 

空冷SOHC短気筒エンジンを搭載し、タフな作りのGN125は大きな仕様変更がないまま18年間に渡って生産され続けましたが、環境規制の強化と販売台数減少を受けて99年に生産を終えました。日本国内では生産を終えたGN125でしたが、その後スズキからの技術供与を受けた中国メーカー「大長江集団」によって生産が継続され、並行輸入車として出回るようになりました。

 

旧来のアメリカン風スタイルはそのままに、大型リアキャリアとチューブレスタイヤを持った新生GN125は、GN125Fとマイナーチェンジを果たしたGN125-2Fとして出回っています。

 

今回は、実用性と汎用性の高いスズキの原付二種バイク・GN125&GN125-2Fについてご紹介させて頂きます。

 

中国で進化を遂げたGN125は実用性大幅UP!

 

gn125-2f

http://blog.livedoor.jp/onigazyou2014/archives/1027717473.html

 

中国では人口密度や交通事情などの問題から、日本よりも遥かに125ccクラスのバイクが流通しており、非常に激しい市場競争が繰り広げられていました。

 

1980年代からスズキGN125の中国での評価は高く、中古輸入バイクとして多くのGN125が利用されており、生産終了後にライセンスを取得した「大長江集団」の看板車種として広く流通しました。この初期のGN125は、「GN125H」と命名され、並行輸入車として日本でも流通するようになりました。元々ビジネスバイクとしては高い評価を得ていただけに、中国産のGN125Hは好調なセールスを記録しました。

 

スズキ生産時のGN125EMとほぼ同一仕様のまま生産が続けられましたが、2005年にマイナーチェンジとなり、エンジン出力が12.5psに向上したGN125Hをリリースし、よりパワフルなエンジンで販売台数を伸ばすことに成功します。

 

ここで大長江集団は、バイクとしての性能を高めることが販売台数増加につながることを確信し、翌2006年にはモデルチェンジし「GN125F」を発表。新型ディスクブレーキやマフラーを採用し、燃料計やサイドガードなどが追加されました。エンジンパワーこそ環境規制に合わせた抑制が行われましたが、バイクとしての完成度は飛躍的に向上。

 

実用性を高め、大長江集団の看板商品となったGN125Fは、その後もマイナーチェンジを重ね現在に至ります。

 

GN125Fのクラシカルなルックスはカスタムベースに最適!

 

125ccの原付二種クラスは、バリバリのカスタムを行いづらいジャンルでもあります。その理由のひとつとしてパーツ類の低コスト化が挙げられます。

 

手頃な価格で販売することを重視したモデルが多い原付二種カテゴリでは、外装関連のコストダウンが恒常化しています。そのため、国内生産モデルは軒並み上位グレードでのカスタムが定番となり、125ccクラスはさほど手を入れづらい事情があります。

 

それに対し、GN125Fは中国生産による低コストの恩恵を活かし、メッキパーツをふんだんに使用した豪華さが目を惹くモデルとなっています。

 

また、ツインショックにキャストホイールの組み合わせは、往年の名車・GS400に通じる美しさがあり、実際にGS400仕様にカスタムするオーナーも増えています。シートの幅が広いため、足つき性はやや悪い部類ですが、シートが肉厚で加工しやすいのも大きなポイントのひとつです。

 

定番カスタムは旧車仕様かカフェレーサースタイルですが、敢えてローダウン化したチョッパーカスタムなども味わいがあって良い感じです。構造的に単純な設計であるGN125Fは、クラシックテイストを活かしたカスタム手法がよく似合います。

 

現行モデルのGN125-2Fは非常に安価! 二種入門におすすめの一台

 

高い耐久性をウリにしていたスズキGN125同様、大長江集団製のGN125-2Fも非常にタフで頑強さに定評のあるバイクです。

 

さすがにオフロード車レベルとまではいきませんが、サイドガードの装着などにより、スズキ生産時代よりも頑強に作られています。これは125ccクラスではトップクラスと言ってもよく、シンプルな構造のSOHC短気筒エンジンはメンテナンス性も上々。

 

低重心で扱いやすいMTバイクをお探しであれば、GN125FとGN125-2Fは過不足なくバイクを楽しめる仕様だと断言できます。

 

カスタムベースとしては、ややビジネスバイク然とした形状のシートが気になりますが、スポンジを抜く加工がしやすく、好みの形状に整えることが容易です。フラットな形状に整え、スクランブラー仕様にするのも面白そうですね。

 

そして、中国生産となったGN125-2Fは、販売価格が非常に安くなっていることも見逃せない重要ポイントです。メッキパーツなどの装着により、新車販売価格で20万円前後というリーズナブルさを感じさせない見事な作りは魅力的な選択肢と言えるでしょう。

 

既存のGN125とは互換性がないパーツも多めですが、サイズを合わせれば他のスズキ車からの流用も可能ですので、地道にカスタムするのがお好きな方には非常に面白みのあるバイクです。

 

管理人元ヤンナオのGN125-2Fを高く売る方法

 

GN125-2Fをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はGN125-2Fを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのGN125-2Fがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとGN125-2Fの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク比較.comの特徴

 

バイク比較.comは一括査定申込み件数NO.1!

 

買取店ではバイク王が有名ですが、他にも中小の買取店がたくさんあります。バイク比較.comには中小の買取店もたくさん登録されています。

 

そのため多くの買取店に一括で買取価格の競争をさせることで、価格競争がおきて思わぬ高額査定をして貰える可能性があります!最短29秒簡単査定が一番の特徴!

価格 数社と買取価格を競合させることができ、高い買取額
評価 評価5
備考 全国対応 バイク一括査定業界No.1

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクに特に強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とGN125-2Fの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とGN125-2Fの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク比較.comでGN125-2Fをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加