バーグマン200を査定|高価買取して貰う方法

最高額36万円!バーグマン200買取価格相場|高額査定の方法

バイク,買取,売却,売る,バーグマン200

 

スズキ バーグマン200を査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではバーグマン200の買取相場と、高額買取してくれる買取店をご紹介します。


バーグマン200を売る時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではバーグマン200の買取相場を調べて,相場表を掲載しています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰えます。

 

ただ、バーグマン200を1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、バーグマン200の査定価格の競争がおきてより高く買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではバーグマン200を高価買取してくれる買取店をランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

バーグマン200買取相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
バーグマン200 2014年 255km 360000円
バーグマン200 2014年 4800km 320000円
バーグマン200 2015年 6900km 300000円
バーグマン200 2014年 15700km 260000円
バーグマン200 2015年 12300km 260000円
バーグマン200 2014年 16044km 240000円
バーグマン200 2014年 19024km 220000円
バーグマン200 2014年 18452km 210000円

 

 

より高くバーグマン200を売りたいなら、複数の買取店で買取価格を競争させましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

バーグマン200 スペック  
サイズ 2055×740×1355
シート高 735mm
重量 161kg
排気量 199cc
エンジン 水冷4ST SOHC4バルブ
最高出力 19PS/8000rpm
最大トルク 1.7kg-m/6000rpm
燃費 30.1km/L
タンク容量 10L
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 110/90-13 130/70-12

バーグマン200はスカイウェイブから受け継いだスズキビッグスクーターの粋を集めたスリムボディマシン

 

スズキのビッグスクーターとして長年活躍してきたスカイウェイブシリーズ。

 

海外シリーズでの名称であった「BURGMAN」(バーグマン)という名をそのままに、スカイウェイブの後継車的位置付けで国内販売を開始したのがこのバーグマン200です。

 

 

ホンダ・PCXやヤマハ・マジェスティSといったコンパクトサイズのビッグスクーター人気が高まりつつある現在の国内市場に向け、タイスズキが投入したこのバーグマン200。

 

言ってみればバイリンガルな帰国子女のような存在となるわけですが、ライバルとなるPCXが152cc、マジェスティSが155ccという排気量に比較してこのバーグマン200は199cc。

 

バーグマン200は俊敏さがウリであった「アドレスV125]シリーズと、スカイウェイブ250の良い所を併せ持つバイクとして生まれただけあり、軽快な運動性が持ち味です。

 

単純な最高出力で比較すると、PCX/14ps・マジェスティS/15psに対し、バーグマン200は19ps。

 

 

スカイウェイブ250の弱点であった出足の悪さも、車体重量161kgという50kg以上も軽量となったことで解消。

 

スズキ バーグマン200は高速道路走行時もスパッと追い越しを図れるスムーズな加速力を手に入れました。

 

バーグマン200のサイズは全長2,055×全幅740×全高1,355mmとスカイウェイブに比べてグッとスリム化し、アドレスV125シリーズよりは大らかなサイズ。

 

バーグマン200の特にフロント周りのスリム化は大きなポイントで、発進・停車時を問わずにハンドルが軽く、非常に快適な扱いやすさをも身に付けました。

 

スカイウェイブからフィードバックされた技術と、スズキらしい出力特性を融合させたコンパクトサイズ・ビッグスクーターの雄としてバーグマン200は注目を集め始めている一台です。

 

走りの実力ももちろん本物! ニュートラルな扱いでスイスイ走る高機動力がバーグマン200最大の武器

 

バイク,買取,売却,売る,バーグマン200

出典:http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=67509

 

肝心のバーグマン200の走りについてですが、エンジンを目覚めさせると同時に心地よい振動感を伴ってアイドリングを開始。

 

バーグマン200のVツインを思わせるような鼓動感が、その走りの実力を感じさせてくれます。

 

いざ道へと乗り出すと、想像以上の加速力。

 

 

スズキ バーグマン200を従来のスカイウェイブ250と比較してみると、アクセルを開けた時のほんの一瞬のタイムラグが消え、開けると同時に車体を前に進めようとする元気のよさ。

 

バーグマン200は長い直線で他の車両に注意しながらアクセルを開ければ、スフォーンと抜けるような排気音と共に伸びのよい加速をしてくれます。

 

バーグマン200はメーター読み7,500回転前後の回転数でも衰えるそぶりが感じられず、表記レッドゾーンの9,500回転より上でもしっかり回りそうな雰囲気を持っています。

 

それでは高速はどうだろう?と実際に乗り入れてみれば、120kmまでは余裕で伸びてくれます。

 

どちらかと言うと、コンパクトサイズのビッグスクーターでの高速道路は危なっかしい印象が強かったのですが、バーグマン200は安心感強し。

 

カーブに差し掛かれば、バーグマン200の軽くてハンドルワークのしやすいフロントと、コンパクトながら優れた重心バランスのお陰でかなり深くまでバンクさせることができ、立ち上がりは爽快の一言。

 

 

本当は300ccと言われても一瞬納得してしまいそうな余裕のある走りが楽しめます。

 

スズキ バーグマン200のこのニュートラル・ナチュラルにスイスイ走れる高い機動力はお見事。

 

日本より交通事情の厳しい東南アジア市場を睨んだタイスズキの送り出したバーグマン200。

 

バーグマン200は極めて日本の交通事情にマッチするバランスのよい新星と言えるでしょう。

 

収納性もパーフェクトなバーグマン200は何でもござれの万能ビッグスクーター

 

最後にビッグスクーターの重要ポイントである収納性と利便性についても検証を。

 

バーグマン200のシート高735mmは文句なしに足付き性が良く、165cmの筆者でもしっかり両足のかかとが地面にベッタリ。

 

加えてバーグマン200の軽い車体の恩恵で、全く困る要素が見当たりません。

 

さらにステップ部分には足付き性の良さを高めるため、カットフロアボード構造が採用されています。

 

バーグマン200には足を投げ出して楽に乗れるだけのフロントスペースがあり、ライバル達では少々窮屈な長時間走行でも疲れ知らずな設計となっています。

 

タンデム用のフットレスト部分までが一体化されているためか、重量バランスなどはシングル・タンデムを問わず終始安定。

 

このチョイスは大正解だと素直に感嘆しました。

 

 

バーグマン200の収納スペースはシート下がメインですが、41リットルとなかなかの容量。

 

試しにとフルフェイスヘルメットを入れてみればスッポリ収まり、まだまだ余裕あり。

 

それではと、試乗用のヘルメットをもう一つ入れてみるとしっかり収納。

 

250ccクラス以上のビッグスクーターでは当たり前の収納量ですが、バーグマン200はコンパクトクラスでは最大級と言えるでしょう。

 

バーグマン200のフロントのハンドル下部にはグローブボックスもあり、こちらは内部で左右に分かれる分割式となっています。

 

バーグマン200の左側にはDCソケットが装備されていて、携帯・スマホを充電しながら走行も可能と嬉しい仕様。

 

 

右側にはしっかり500mlのペットボトルが入る容量が確保されていて、サングラスや非常用キットなどを入れておいてもお釣りが来る大容量です。

 

おまけにハンドル右下にはチケットや小銭を入れるに最適なミニボックスも完備。

 

細部も決しておろそかになっていないのは、スカイウェイブで学んだ事が全てバーグマン200へとフィードバックされている何よりの証でしょう。

 

スズキ バーグマン200は見た目の豪華さでは250ccクラスに一歩譲らざるをえませんが、車両価格は安価で魅力的。

 

運動性能は総合的にはこちらの方が上と断言してもよく、これからビッグスクーターを購入したいという方にはバーグマン200はまさにお買い得な一台。

 

これほど万能感の強いコンパクトサイズのビッグスクーターの登場を待っていた方、待った甲斐のある完成度を誇るのがバーグマン200です。

 

バイク選びにまた新しく、迷って楽しいマシンが登場しました。

 

管理人元ヤンナオのバーグマン200を高く売る方法

 

バーグマン200をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はバーグマン200を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのバーグマン200がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとバーグマン200の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、中型バイク、大型バイク、外車は高価買取が狙えます。

 

面倒な手続きはすべて代行してくれて、バーグマン200の名義変更などの書類手続きもすべて無料で手続きをしてくれます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のバーグマン200も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とバーグマン200の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とバーグマン200の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でバーグマン200をお試し査定

 

このエントリーをはてなブックマークに追加