アドレスV100買取価格相場|高額査定の方法

最高額8万円!アドレスV100買取価格相場|高額査定の方法

アドレスv100

 

スズキ アドレスV100を高価買取して貰う方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではアドレスV100の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


アドレスV100を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではアドレスV100の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、アドレスV100の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではアドレスV100を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

スズキ アドレスV100買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
アドレスV100 2006年 4544km 80000円
アドレスV100 2005年 7584km 67000円
アドレスV100 2002年 6343km 65000円
アドレスV100 2003年 2948km 60000円
アドレスV100 2001年 10290km 54000円
アドレスV100 1999年 8911km 50000円
アドレスV100 2000年 12937km 46000円
アドレスV100 1996年 7736km 40000円
アドレスV100 1997年 5647km 37000円
アドレスV100 1996年 8949km 32000円
アドレスV100 1998年 10924km 30000円
アドレスV100 1999年 12332km 28000円
アドレスV100 1995年 14566km 25000円
アドレスV100 1996年 19823km 16000円
アドレスV100 1995年 25567km 8000円

 

 

アドレスV100の買取相場がわかりましたね。距離を走っていても高額で買取されることが多いのが特徴です。バイク買取ランキングを参考に無料査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

アドレスV100 スペック  
型式 CE13A
排気量 99cc
発売開始年 2004年
燃費 43.0km/L
燃料タンク容量 6L
航続可能距離 258.0
吸気 キャブ
エンジン 2ST空冷単気筒
始動方式 セル キック
最高出力 9ps/6000rpm
最大トルク 1.1kg-m/5500rpm
重量 90kg
パワーウエイトレシオ 9.4kg/ps
サイズ 1745×1015×635
シート高 718mm
タイヤサイズ 3.50-10 3.50-10
エンジン型式 E134
ボア 52.5mm
ストローク 46mm
圧縮比 6:5:1
点火方式 CDI式
フレーム アンダーボーン
トレール 68mm

 

スズキ アドレスV100は二種スクーターを代表する通勤快速!

 

1987年に50ccの原付一種スクーターとして誕生したアドレスシリーズは、現在まで販売されているスズキの看板スクーターです。

 

中でも、91年にアドレスVチューンをベースにしてリリースされた「アドレスV100」は、軽量とパワフルなエンジン、新車販売価格20万円を切るリーズナブルさを武器にした代表的モデルです。その軽快な運動性は、朝夕の通勤ラッシュ時にも高い実力を発揮し、「通勤快速」の名を欲しいままにしたスズキの孝行息子とも言える存在でした。
現在では4ストロークエンジン化した「アドレスV125」に世代交代を果たしましたが、ゼロスタートからの強烈な加速力は、今でもバリバリの現役で活躍できる元気のよい一台です。

 

今回は、原付二種スクーターを代表する快速車・スズキ アドレスV100についてご紹介させて頂きます。

 

アドレスV100は街乗り最強! シャープな反応が病みつきに!

 

アドレスv100

http://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/ADDRESS_V100/index.html

 

スズキ アドレスV100を語る上で欠かせないのは、その俊敏性です。慢性的な渋滞となる朝夕の通勤ラッシュ時は、原付スクーターはすり抜けなどを駆使することができる有効な通勤手段のひとつです。

 

しかし、原付一種は法定速度の上限が時速30kmと低く、二段階右折などわずらわしい要素があり交通の流れに乗り続けるのは厳しめ。原付一種の軽い車体に100ccの元気なエンジンを搭載したアドレスV100は、原付一種と二種の美味しい要素を遺憾なく発揮し、極めて高い利便性を武器としました。

 

アドレスV100の車体重量はわずか79kgで、非力な女性でもシートに腰を下ろしたままフロントを持ち上げることが出来るほど軽快です。フロントサスがやや固めにセッティングされており、頼りなさを感じさせないのも大きなポイントです。

 

騒音規制前のアドレスV100初期型は、やや低速の弱い部分がありましたが、規制後は低中回転域重視のダッシュ力がありかなりパワフルです。スロットルの開閉に対し、非常にシャープな反応を返してくれるため、街乗りならば現役のマジェスティよりも機動性は高く、ストレスとは無縁で利用できるほど。低予算で二種スクーターを探すなら、アドレスV100は間違いなく大本命の存在となる一台です。

 

コンパクトなのに居住性高し! アドレスV100は日本人のジャストサイズ

 

都市部や駅前では自転車用の駐輪場はあってもバイクは難しく、駐車可能でも原付までという縛りがあり、駐車スペースの確保は深刻な悩みの種となっています。

 

アドレスV100は、車体サイズを原付一種のアドレスVチューン50とほぼ同じ大きさとし、現行の4スト50ccスクーターよりも軽い車体重量で登場しました。高速道路走行ができない以外は実用性十分で、駐車スペースを取らないアドレスV100が人気を集めるまで、さほど多くの時間を必要としなかったのは皆さんがお察しの通りです。
それでは原付二種のメリットのひとつである「タンデム性」はどうなのか?と思われる方もいるでしょうが、これも非常によく出来ています。

 

前部が絞られた形状のシートはライダーには納まりがよく、コンパクトな見た目とは裏腹に自由なライディングポジションを取ることが可能です。

 

若干タンデム側のスペースがコンパクトすぎるきらいはありますが、後部空間は開放的に作られていることもあり、狭苦しさを感じさせないのがアドレスV100の魅力となっています。
収納式のタンデムステップも十分な幅が確保されており、ライダー・パッセンジャーとも不自由に感じることはあまりないと言えます。

 

また、アドレスV100は標準でリアキャリアが装備されていることもあり、タンデム時の快適性を高めるためにリアキャリアを利用し、ホンダ・スティードなどのシーシーバーを装着することも可能です。こちらは純正パーツ流用であるため、中古で安価なものを容易に探すこともでき、非常に手軽なカスタマイズと言えるでしょう。

 

日本人が日本人向けに作った快速車・アドレスV100は、日本の交通事情にこれ以上ないほどマッチしたベストコミューターと言える便利な二種スクーターです。

 

アドレスV100はタフで維持費の安さが魅力!

 

アドレスV100がスズキの看板スクーターになった最大の理由として、その販売価格の安さを挙げることができます。

 

発売当時から、新車価格199,000円というリーズナブルな価格を維持し続け、その価格設定は後継車種である「アドレスV125」にも受け継がれています。それだけリーズナブルだと耐久性が心配…という声もありましたが、9.0ps/6,000rpmという低中回転重視のマイルドな調整により、最初期の2ストロークエンジン搭載モデルでも現役で使用できるほどタフです。

 

2ストロークエンジンという特性上、アドレスV100の燃費性能はリッター平均28km前後という数値ですが、忙しい朝夕の通勤時にはアドレスV100のダッシュ力は大きな武器であり、乗り換える気がしないというファンの声もちらほら聞かれます。

 

原付二種ならではの税金の安さや、中古パーツ・消耗品の普及率の高さで維持費も安く、低予算で通勤快速をお探しの方には非常に有効な選択肢のひとつと言えるマシンです。

 

管理人元ヤンナオのアドレスV100を高く売る方法

 

アドレスV100をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はアドレスV100を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのアドレスV100がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとアドレスV100の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ちアドレスV100などの原付2種は高価買取が狙えます。
名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクに特に強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とアドレスV100の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とアドレスV100の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でアドレスV100をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加