KTM RC390の買取価格相場|高額査定の方法

最高額55万円!KTM RC390の買取価格相場|高額査定の方法

rc390,ktm

 

KTM RC390を査定するときに高価買取して貰う方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではRC390の買取相場と、高額買取してくれる買取店をご紹介します。


KTM RC390を売る時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではKTM RC390の買取相場を調べて,相場表を掲載しています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰えます。

 

ただ、RC390を1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、RC390の査定価格の競争がおきてより高く買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではRC390を高価買取してくれる買取店をランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

RC390の買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
KTM RC390 2016年 2144km 550000円
KTM RC390 2015年 1300km 510000円
KTM RC390 2015年 3607km 500000円
KTM RC390 2015年 5892km 480000円
KTM RC390 2014年 2304km 450000円
KTM RC390 2014年 8901km 400000円
KTM RC390 2014年 10335km 380000円
KTM RC390 2014年 15674km 350000円

 

 

KTM RC390は相場表の通り高価買取が狙えます。2社以上に査定して貰って高値で買取して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

KTM RC390 スペック  
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ単気筒
排気量 375cc
圧縮比 12.5:1
最高出力 44ps/9500rpm
最大トルク 3.56kgm/7250tpm
サイズ 1995×705×1099
シート高 820mm
最低地上高 178.5mm
ホイールベース 1340mm
サスペンション テレスコピック スイングアーム
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 110/70-17 150/60-17
フレーム形式 トレリス

 

KTM RC390はスリム&軽量ボディを実現

 

このところ際立って盛り上がりを見せる、ミドルクラスのスポーツバイク市場ですが、操る楽しさを再認識させるこのクラスは、スタイリングも良好なうえ、価格帯も手ごろ。

 

こういった理由から多くのライダーに見直されつつあります。昨今ではクォータークラスに注目が集まっているものの、250ccクラスではやはりパワー不足感が否めません。

 

そんな市場の声を反映してRC390はデビューを果たしました。

 

 

KTMのRCシリーズといえば、先鋭的デザインのRC8が思い起こされます。このRC390はそのDNAを受け継ぎながら、390ccという排気量で手軽さを両立するモデルです。

 

当然のことながら車体はコンパクトに設計されていて、日本人ライダーにとっても扱いやすく仕立てられています。

 

サイズ的にはコンパクトさだけでなく、139kgの重量は重心を低く持たせることで、挙動も軽やかな仕上がりです。

 

見た目以上に軽く動くため、乗り始めの段階から思い通りに車体を操れるのはスポーツバイクとしては嬉しいところです。

 

RC390に搭載されるエンジンはデューク390と共通なため、中低回転域での粘りは健在です。高回転域をみても、クォーターモデルではすぐに限界を迎えてしまうようなシュチュエーションでも、しっかりと加速してくれます。

 

ワインディングはもちろん、市街地走行でも違和感なく使えるため、1台ですべての用途をまかなうことが可能になっています。

 

KTM RC390はmoto3に参戦するレーシングマシンをイメージした外観になっています。

 

まさにレーサーレプリカの復権を予想させるファンモデルと言えます。

 

KTM RC390のエクステリアと走行性能

 

rc390,ktm

www.m-bike.sakura.ne.jp

 

カウルはmoto3参戦のレーシングマシンをイメージした斬新なカウルデザインになっています。

 

外観はスポーティそのもので、特にリア周りはスパルタン。むき出しのフレームに極太のスイングアーム、モノサスも見える位置に搭載されていて、まさにスポーツバイクと言った印象。

 

シートは一見シングルシートに見えますが、シングルシート風の2人乗り可能なタンデムシートになっていて、カッコいいスタイルを崩すことなく2名乗車を可能にシテいます。

 

ライトも2眼式で国産車にはないイカツイ面構えを実現しています。

 

タンクもカクカクとした立方体をデザインとして採用していて、KTMらしさを十分に表現しています。

 

エンジンの重量はわずか39kgと軽量でトルク感も十分です。

 

 

フロントフォークはWP製の倒立タイプを採用。動きもしなやかでスポーツ/街乗りの両方で威力を発揮します。

 

メーターはマルチ機能を持たせたデジタルタイプを採用。

 

足つき性は良好で、ミドルクラスらしいコンパクトな車体は125ccと共通になっています。そのため、停車中は両足がかかとまでべったりつくほどです。ハンドルとの距離もジャストサイズなため、常に快適なポジションがキープできます。

 

車体はRC125と共通化していますので、手軽にスポーツ走行が楽しめる上に、ランニングコストが抑えられている点が特徴として挙げられます。

 

シティユースでも扱えるスポーツモデルなだけに、気兼ねなく日常でも楽しみたいという方はRC390も要チェックです。

 

管理人元ヤンナオのRC390を高く売る方法

 

RC390をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はRC390を2社以上に査定してもらう方法です。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのRC390が高値で買取されているのかわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとRC390の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより買取価格が確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので1番高く買取して貰えます。また、お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

ハーレーや、KTM等の外車に強い買取店で、バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、中型バイク、大型バイク、外車は高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のRC390も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクにも特に強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とRC390の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とRC390の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でRC390をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加