KTMのバイクを査定するときに高価買取してくれる買取店

KTMのバイクを査定|車種別の買取相場とオススメ買取店

バイク売る,バイク,買取,ktm

 

KTMのバイクを高額で買取して貰える買取店

 

 

管理人のナオです。

 

一番高くKTMを売る方法は2社以上にKTMを査定してもらうことです。

 

2社以上に査定してもらうと買取価格の競争がおこりますので、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

このサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い買取価格をつけてくれた買取業者に売ればOKです。


 

KTM 車種別買取価格一覧表

 

KTM  
125デューク RC125
200デューク 250デューク
RC250 RC390
フリーライド350 690デューク
690デュークR 990デューク
1290デュークR  

 

 

元整備士の管理人「ナオ」のKTMを高く売る方法

 

高くKTMを売るにはどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番のおすすめはバイクを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのバイクがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとバイクの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

オススメ!業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)ですので、仕事終わりの遅い時間でも査定申込みが出来ます。

 

もちろん、バイク買取業界ナンバー1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でもバイク王ダイレクトショップという販売店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートをもちKTMなどの外車は高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のKTMのバイクも全て買取できます。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
備考 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

簡単30秒査定!バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。

 

中型、大型バイクや、KTMなどの外車にも特に強い買取店です。

 

独自のバイク輸出ルートを持っていて、海外で高い値段で販売されている車種は他の買取店に負けない買取価格をつけてくれます。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とKTMの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

査定額が事前にわかるバイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店と買取価格を競合させると高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でKTMをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

自然豊かな国の名門メーカー・KTM

 

自然色豊かな美しい国、オーストリア。

 

その大自然が身近にあるこの国には、オフロードバイクの名門メーカーとして名を知られるKTMがあります。

 

1934年、ハンス・トゥルンケンポルツ氏によってオーストリア・マッティクホーフェンで産声を上げたKTM。

 

KTMは設立から約20年間はKTMというブランド名での製作はなく、金属加工会社の「クラフトファールツォイク・トゥルンケンポルツ・マッティクホーフェン」という社名で従業員20名体制で1日わずか3台のみという小規模生産でバイク製造を行っていました。

 

その後1954年に会社名の頭文字を取り、「KTM」というブランド名が世に出る事になりました。

 

 

KTMは翌1955年にはロードレースへの参戦を行い、技術力の高さを内外にアピール。

 

1970年には自社工程でのエンジン開発を行い、そのエンジンを搭載したバイクとゲンナーディ・モエセフとのコンビによってモトクロス世界選手権でチャンピオンの座を獲得。
KTM初のタイトル獲得で大いにその存在をPRしました。

 

 

その後も2001年のパリ・ダカールラリー・バイク部門や2004年のマレーシアGPでMotoGP・GP125クラスでの勝利など、精力的なレース活動を行ってきたのがKTMというメーカーです。

 

KTMは日本での市販モデルも、国産バイクにはない荒々しさ・力強さがある事で人気があります。

 

KTMのイメージカラーがオレンジ・黒・銀の3色で、少々派手な事もあって若年層ライダーに好まれる傾向にあります。

 

KTMは数多くのレースシーンで培われてきた高い技術力をフィードバック

 

http://www.hooters.co.jp/news/1966/

 

KTMはオフロードバイクを中心に長年培ってきた技術力の高さと信頼性の高さで人気を博する世界的メーカーです。

 

伝統の大レースであるパリ~ダカールラリーへの参戦を始め、近年ではMotoGP・GP250&GP125クラスへの参戦など、レースシーンで得た技術をフィードバックした高性能バイクを排出するメーカーとして高い評価を得ています。
オフロードマシンにKTMあり。

 

いつしかそんな声を囁かれるまでに成長したKTMは、2002年に設立された日本法人「KTMジャパン」によって取り扱いが行われています。

 

 

日本法人設立当初まではオフロード色の強いメーカーという印象が強かったKTMですが、MotoGPなどでの好成績に加え、レースで培われたノウハウをフィードバックした数々のオンロードバイクの性能が高く評価されています。

 

特に印象的なのが、2012年にKTMが参戦したMotoGP・Moto3(旧GP125)クラス。

 

KTMは2014年まで連続してマニュファクチュアーズタイトルを獲得する活躍で、MotoGPを大いに盛り上げたのは記憶に新しいところです。

 

保安部品が装着され、しっかり日本の安全基準を満たした仕様の車両販売がメインとなっていますが、そのままでレース参戦出来るほどハイクオリティなバイクを数々排出し、世界中のレースシーンで熱い視線を集めています。

 

また、2013年には現在人気放送中のアニメ「ばくおん!!」の原作漫画とのコラボレーションを組み、「KTM HAMAGUCHI BAKUON Racing」を結成。

 

http://hamaguchixbakuon.com/htm/report.htm

 

KTMは第36回鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦。

 

翌年の第37回にも参戦し、多くの話題と注目を集めました。

 

KTMはオフロードモデル以外の車種も豊富。 代表車種はDUKE(デューク)とAdventure(アドベンチャー)。

 

オフロード・モタードでの硬派でスパルタンなイメージが強いKTMですが、オンロードバイクも高性能で壊れにくい事でも評価の高いメーカーです。

 

国外メーカーとしてはパーツ類が安価で、立ちゴケ一回ウン万円が常識の海外メーカー車の中では、維持費がすこぶる安い部類に入ります。
KTMを代表する車種としては、以下のものが代表的です。

 

ミニバイク  
KTM 50SX KTM 65SX
KTM 85SX  
モトクロス  
KTM 125SX KTM 250SX-F
KTM 350SX-F KTM 450SX
エンデューロ  
KTM 640 ENDURO (エンデューロ) KTM 690 ENDURO (エンデューロ)
KTM 125EXC KTM 125EXC SIXDAYS (シックスデイズ)
KTM 150XC KTM 200EXC
KTM 300XC-W KTM 250EXC
KTM 250EXC-F SIXDAYS (シックスデイズ) KTM 350EXC-F SIXDAYS(シックスデイズ)
KTM 400LS-Eミリタリー(※ドイツ販売車) KTM 400EXC
KTM 450EXC KTM 500EXC SIXDAYS(シックスデイズ)
KTM 525EXC KTM 525MXC
KTM 950 SUPER ENDURO(スーパーエンデューロ)  
トレッキング  
KTM FREERIDE(フリーライド)250R KTM FREERIDE(フリーライド)350
KTM FREERIDE(フリーライド)E  
トラベル  
KTM 620 LC4 Adventure(アドベンチャー) KTM 640 LC4 Adventure(アドベンチャー)
KTM 950 Adventure(アドベンチャー)  KTM990SM T
KTM 990 Adventure(アドベンチャー) KTM 1050 Adventure(アドベンチャー)
KTM 1190 Adventure(アドベンチャー) KTM 1290 Super Adventure(スーパー アドベンチャー)
スーパーモタード  
625SMC 660SMC
690 SUPERMOTO(スーパー モト) 690SMC R
950SM R 990SM R
ネイキッド  
KTM DUKE(デューク) KTM 125 DUKE(デューク)
KTM 200 DUKE(デューク) KTM 390 DUKE(デューク)
KTM 640 DUKE(デューク) KTM 690 DUKE(デューク)
KTM 990 SUPER DUKE(スーパーデューク) R KTM 1290 SUPER DUKE(スーパーデューク) R
スーパースポーツ  
KTM 1190 RC8 R KTM RC125
KTM RC200 KTM RC390

 

こうしてKTM代表車種を挙げてみるとやはりオフロードモデルが多く、現在の中古車市場でもこれらの人気が高い傾向にあります。

 

最近では車体重量100kgを切る事で話題のFREERIDE350 (フリーライド)の評判が非常に高く、KTM車の中でも買取相場が上昇気味となっているようです。

 

KTMのバイクを売るなら絶対ココはチェック! 買取業者はここを見ています!

 

日本法人「KTMジャパン」設立当初まではパーツ代を含め、高価な外車というイメージが強かったKTM。

 

近年では円高の恩恵もあってかなりパーツが安く入手できるようになり、一時期ほど小さなキズで大幅減額査定、といったケースはまずないようです。

 

ほぼ日本の国内メーカー感覚で乗れるようになってきた気配と言えます。

 

 

KTMのパーツは全て本国・オーストリアからの空輸となる為、大体一週間前後待たされるのが常ですが、安定した供給が受けられるのがポイントです。

 

これによってKTMの買取査定額の幅が安定傾向にあり、大幅に値崩れ・減額される事が少なくなりつつあります。

 

オフロードバイクの多いKTMで査定時によくチェックされるポイントは、ズバリエンジン下部とラジエーターの前面部分。

 

飛び石や転倒などの傷・影響を受けやすいこの箇所は、KTMオーナー自身が見落としがち

 

比較的頑丈なエンジンを持つKTMのバイクですが、この部分の傷み具合で状態を推測される傾向があるため、査定前は必ず清掃&チェックしておくことをおすすめいたします。

 

オフロードモデルが多いKTM車は比較的エンジン下部に細かい傷が付きやすい傾向にあります。

 

 

しかし、問題は傷よりもむしろ傷の上に汚れが付着しているかどうか、です。

 

これによってオーナーがマシンを大事に扱っているかどうかの目安にするケースが多く、査定前は入念に汚れを落とす事をおすすめいたします。

 

カウル割れ・破損といった箇所は素直にありのまま見てもらう方が減額率も低い傾向にあるようです。

 

KTM社のバイクはしっかり違いを判断してくれる大手バイク買取業者での査定が絶対お得です!

 

KTM社製バイクであれば、絶対に大手バイク買取業者複数社に見積もりさせる事は必要です。

 

大型二輪・普通二輪という特殊でややこしい免許制度の日本よりも、輸送費を支払って海外で販売する方がバイク買取業者にとっても儲け幅が大きいという理由があります。

 

大々的に広告を打てる大手バイク買取業者(バイク王 バイクランド バイクワン)であれば海外での販売ルートがあり、より高額で販売可能というわけです。

 

高額で売却できるという事は、買取金額もそれに応じて期待が出来るものとなり、面倒な書類手続も廃車手続完全無料で手間はいりません。

 

下取り・見積もり査定を申し込んでも成約しなかった場合は有料!というトラブルが多い町のバイク屋で査定してはいけない理由はここにあります。※当サイトでご紹介している買取店はキャンセルしてもお金はもちろんかかりません。

 

KTMのバイクを査定して貰う際の注意事項としては

 

 

KTM製バイクは水洗い程度の洗車に留め、水しぶきを丁寧に拭き取る事。

 

たったこれだけの注意で、最も適切な買取価格が引き出せます。

 

海外メーカー製のバイクはパーツが高価な事で知られていますが、転倒した傷跡を誤魔化すのNGです。

 

それよりはむしろ、査定前に水洗いして汚れを落としきった後、水滴をしっかりと拭き取って大事に扱っていた事を見てもらう方が好印象で買取金額が上がる傾向にあります。

 

また、オフロードモデルが多いKTMは、交換パーツが以前より安価になっている事などの理由から、外装の程度での減額よりもエンジンの調子で査定をされるケースが多々あるようです。

 

そのため、査定前には暖機運転を行ったうえで、実際の調子を把握しておく事をおすすめいたします。

 

オーナーが状態を把握していない=あまり大事にされていないと判断されるのも嫌な気分になりますし、状態を説明できるのであれば、査定担当者の心情もプラスに働くというメリットがあります。

 

本当にあなたのKTMを正当に評価してもらいたいなら、迷わず複数のバイク買取業者に査定してもらう事をおすすめいたします。

 

元整備士の管理人「ナオ」のKTMを高く売る方法

 

高くKTMを売るにはどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番のおすすめはバイクを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのバイクがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとバイクの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

KTMを高く売るコツ、買取店の申込みランキング、買取店の詳しい特徴は⇒バイク買取店比較、バイクを高額買取して貰うテクニック

 

バイク王

オススメ!業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)ですので、仕事終わりの遅い時間でも査定申込みが出来ます。

 

もちろん、バイク買取業界ナンバー1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でもバイク王ダイレクトショップという販売店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートをもち高価買取が狙えます。

 

面倒な手続きはすべて代行してくれて、KTMのバイクの名義変更、廃車手続き、再発行、所有権解除などの書類手続きもすべて無料で手続きをしてくれます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のKTMのバイクも全て買取できます。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
備考 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

簡単30秒査定!バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。

 

中型、大型バイクや、KTMなどの外車にも特に強い買取店です。

 

独自のバイク輸出ルートを持っていて、海外で高い値段で販売されている車種は他の買取店に負けない買取価格をつけてくれます。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とKTMの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

査定額が事前にわかるバイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店と買取価格を競合させると高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でKTMをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

KTMのバイクを査定する|最も高く買取してくれる買取店!記事一覧