ZRX1200R買取価格相場|高額査定の方法

最高額80万円!ZRX1200R買取価格相場|高額査定の方法

 

カワサキ ZRX1200Rを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではZRX1200Rの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


ZRX1200Rを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

このページではZRX1200Rの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、ZRX1200Rの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではZRX1200Rを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

カワサキ ZRX1200Rの買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
ZRX1200R 2009年 7567km 800000円
ZRX1200R 2009年 5943km 770000円
ZRX1200R 2009年 9584km 750000円
ZRX1200R 2008年 10222km 750000円
ZRX1200R 2007年 5640km 738000円
ZRX1200R 2006年 8574km 720000円
ZRX1200R 2005年 2928km 700000円
ZRX1200R 2007年 3478km 690000円
ZRX1200R 2005年 12049km 650000円
ZRX1200R 2006年 14757km 610000円
ZRX1200R 2009年 18054km 600000円
ZRX1200R 2008年 19041km 580000円
ZRX1200R 2007年 10555km 560000円
ZRX1200R 2006年 20500km 550000円
ZRX1200R 2005年 23720km 510000円
ZRX1200R 2007年 14632km 500000円
ZRX1200R 2006年 10223km 480000円
ZRX1200R 2007年 10901km 450000円
ZRX1200R 2006年 30933km 400000円
ZRX1200R 2005年 19483km 350000円
ZRX1200R 2004年 20499km 320000円
ZRX1200R 2003年 25567km 300000円
ZRX1200R 2002年 28744km 280000円
ZRX1200R 2003年 49584km 250000円
ZRX1200R 2001年 47322km 222000円
ZRX1200R 2001年 76462km 180000円

 

 

ZRX1200Rは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

ZRX1200R スペック  
型式 BC-ZRT20A
サイズ 2120×780×1150
ホイールベース 1465mm
シート高 790mm
最低地上高 135mm
重量 224kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 106mm
ブレーキ ダブルディスク ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 180/55ZR17
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ並列4気筒
排気量 1164cc
圧縮比 10.1
ボア 79mm
ストローク 59.4mm
最高出力 95ps/7500rpm
最大トルク 10.3kgf-m/3500rpm
ミッション 5速
吸気 キャブ
タンク容量 18L
燃費 25.5km/L

 

カワサキがファンの熱望に応えたZRX1200Rは、スペシャリティあふれる魅惑の一台

 

2001年、大ヒットを受けたカワサキZRX1100シリーズの正統後継車として発売されたZRX1200R。

 

大型ハーフカウルを装着したZRX1200Rと同時に発売となったZRX1200Rですが、シリーズ最初のモデルZRX400から変わらないメッキパーツ等の華美さを極力控えた、男らしい骨太なストロングスタイルを実現しました。

 

1980年代のAMAスーパーバイクシリーズのE・ローソンが駆って優勝を果たしたZ1000Jと、その優勝を記念した限定モデルZ1000Rを色濃く映すデザインで、発売と同時に大ヒットを記録しました。

 

ZRX1200Rの明確にパフォーマンスを重視したスタイルにカワサキ伝統のライムグリーンを配した美しいシルエットは、栄光のグランプリライダーの雄姿を思い出すに十分なクオリティーのものでした。

 

ZRX1200Rは現在は排気ガス規制の影響によってその生産を終え、後継車であるZRX1200DAEGがフューエルインジェクション搭載車として販売されています。

 

 

しかし、キャブレター装着のZRX1200Rをわざわざ探し求めるファンは多く、筆者もそのキャブレター装着車の大ファンの一人です。

 

ZRX1200Rはリッターネイキッドというジャンルに新しい風を吹き込んだ功績と、抜群の高性能を誇っています。

 

爆発的な加速力を持つハイパワーマシンでありながら、乗り手を労わる優しさとが共存していた旧型モデルとなるZRX1200R。

 

その魅力について語ってみたいと思います。

 

懐かしさと最先端の技術が共存する力強さがZRX1200Rの持ち味

 

http://sanctuary-redeagle.jp/2012/10/28/zrx1200r.html

 

ZRXシリーズを象徴するビキニカウルにホワイトをメインとしたライン。

 

タンク別体式のリアサスペンション。

 

直角を多用したゴツゴツとした骨っぽさ。

 

1980年代の伝説の名ライダーE・ローソンの優勝を記念して作られた特別限定モデルZ1000Rを再現したZRX1200R。

 

ZRX1200Rは近年のバイクに多いスマートに流形を多用するデザインではなく、直線的でエッジの効いたトータルデザインは懐古的なもの以外に、男心の琴線に触れる何かがあります。

 

 

人によってそれぞれの琴線がありますが、その琴線に触れるものこそが男カワサキの硬派なイメージである事に異論を挟む方は皆無かと思います。

 

そんな骨っぽさのあるスタイリングに採用された現代的な装備・仕様の数々が、ZRX1200Rを特別な一台に仕上げていると言っても決して過言ではないでしょう。

 

ZRX1200Rの前後サスペンションはフルアジャスタブルタイプ化し、アルミ製スイングアームを採用。

 

ZRX1200RのブレーキシステムはTOKIKO製6ポットキャリパーに310径のダブルディスク。

 

「ローソンレプリカ」Z1000RのKERKER製ブラック仕上げメガホンタイプではなく、極太サイズの大型サイレンサーをカチ上げにしたスポーツタイプマフラーなどが現在の最先端技術を演出。

 

この現代と古き良き「過去」との融合が、ZRX1200Rの最大の魅力だと思います。

 

ZRX1200Rの水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブのエンジンは滑らかに回り、最高出力は95ps/7,500rpm。

 

近年のスポーツ色の強いネイキッドよりも、やや中高回転域にピークパワーがセッティングされている通り、シティライドを意識した特性です。

 

しかし、ZRX1200Rの最大トルク値は101Nm(10.3kgf・m)/3,500rpmという低速重視仕様。

 

ZRX1200Rはフラットなトルク特性でグイグイと加速し、タンデムシートの柔らかく幅広な作りもあってタンデム者に不快感が伝わらない程安定感のある加速が魅力です。

 

その反面、大きくスロットルを開ければゴツゴツとした外観を裏切らない野太い加速力を発揮します。

 

ZRX1200Rの優しさと荒々しさの共存するエンジン特性は、不器用な男らしさと人間くささを感じさせる独特の味わいがあります。

 

 

ZRX1200Rの装備に関しては利便性も十分に考慮され、握りやすい太さで両サイドに設置されたグラブバー、荷物積載用のフックなど、快適性を考慮しつつ、デザインを損なわない配慮がなされています。

 

そうした意味での現代的な仕様を施されていますが、全く日常的なカッコ悪さを感じさせないのはZRX1200Rの魅力の一つと思えます。

 

決して多くを語らない硬派な雰囲気を持つZRX1200Rには、本当に男くさくて今のバイクが失った何かがあります。

 

 

古いハードボイルド小説の主人公フィリップ・マーロウの有名な台詞に以下の言葉があります。

 

「強くなくては生きていけない。優しくなくては、生きている資格がない」

 

この台詞がZRX1200Rの在り方を非常に良く体現しているように筆者には思われて仕方がありません。

 

男らしい骨太な強さと、無言でさりげなく乗り手の傍らに佇む優しさ。

 

それを無意識に感じるファンの多さが、ZRX1200Rをキャブ車の絶えた現在でも愛され続ける一台にしているのでしょう。

 

時にはハードボイルドに、ZRX1200Rと同じ目線で生きてみる。

 

それもバイクライフの一つの形ではないでしょうか?

 

管理人元ヤンナオのZRX1200Rを高く売る方法

 

ZRX1200Rをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はZRX1200Rを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのZRX1200Rがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとZRX1200Rの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、ZRX1200Rなどの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のZRX1200Rも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とZRX1200Rの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とZRX1200Rの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でZRX1200Rをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加