ゼファー750RS買取価格相場|高額査定の方法

最高額95万円!ゼファー750RS買取価格相場|高額査定の方法

ゼファー750rs

 

カワサキ ゼファー750RSを査定する時に高価買取して貰う方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではゼファー750RSの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


ゼファー750RSを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはゼファー750RSの買取相場をみてみる

 

このページではゼファー750RSの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、ゼファー750RSの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではゼファー750RSを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

カワサキ ゼファー750RSの買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
ゼファー750RS 2004年 7685km 950000円
ゼファー750RS 2003年 8471km 900000円
ゼファー750RS 2001年 10233km 820000円
ゼファー750RS 2002年 6775km 800000円
ゼファー750RS 2000年 13647km 790000円
ゼファー750RS 2004年 17489km 770000円
ゼファー750RS 2003年 20827km 750000円
ゼファー750RS 2001年 16673km 700000円
ゼファー750RS 1999年 23088km 680000円
ゼファー750RS 1997年 27476km 660000円
ゼファー750RS 1996年 31028km 600000円
ゼファー750RS 1998年 25660km 540000円
ゼファー750RS 1997年 38473km 400000円
ゼファー750RS 1999年 40377km 360000円
ゼファー750RS 1996年 45434km 300000円

 

 

ゼファー750RSの買取相場がわかりましたね。距離を走っていても高額で買取されることが多いのが特徴です。バイク買取ランキングを参考に無料査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

ゼファー750RS スペック  
型式 BC-ZR750C
サイズ 2105×770×1095
ホイールベース 1450mm
シート高 780mm
最低地上高 150mm
重量 213kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 107mm
ブレーキ ダブルディスク ディスク
タイヤサイズ 120/70-17 150/70-17
点火方式 トランジスタ
エンジン 空冷4ST DOHC2バルブ並列4気筒
排気量 738cc
圧縮比 9.5
ボア 66mm
ストローク 54mm
最高出力 68ps/9000rpm
最大トルク 5.5kgf-m/7500rpm
始動方式 セル
ミッション 5速
吸気 キャブ
タンク容量 16L
燃費 34km/L

 

ゼファー750RSは扱いやすさが光るスタンダードネイキッド!

 

1989年のレーサーレプリカ全盛期、「カウル類を装着しないスタンダードなオートバイ」というスタンスで登場した「カワサキ ゼファー400」。

 

その仕様はハイスペック重視のあまり、画一的になりかかっていた日本のバイク業界の在り方を変え、ジャンルの多彩化を促すことになりました。

 

当初は400cc限定モデルという位置付けでしたが、ファンからの厚い支持と人気に応え、91年には名車Z2を意識した作りの「ゼファー750」が追加販売されることになりました。

 

750cc化してもゼファーのコンセプトのひとつである「スタンダードな扱いやすさ」は変わらず、大型二輪ファンから歓迎されました。

 

そしてよりZ2に近いイメージのゼファーとして誕生したのが、1996年に登場した「ゼファー750RS」という派生モデルです。絶版車となった現在でも高い人気を誇るこのゼファー750RSは、一体ベーシックなゼファー750とどのような違いがあるのでしょうか?

 

ゼファー750RSとベーシックなゼファー750はどう違う?

 

ゼファー750rs

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/spc/spc-89/

 

ゼファー750RSの発売が開始された1996年当時、すでにメンテナンス性の高さでチューブレス化が一般的になっていましたが、前120/70-17 58H・後150/70-17 69Hのチューブタイヤを採用。

 

このスポークホイールはゼファー750RSの大きな特徴であり、Z2の正式名称であった「カワサキ 750RS」の後継車ということを如実に示すものとなっています。車体サイズは全長2,105mm×全幅770mm×全高1095mmと、ベーシックモデルと変わりませんが、グラフィックパターンは大きく異なります。

 

Z1・Z2の代名詞でもある「マルーン&オレンジ」というグラフィックパターンは、長年カワサキのどのモデルにも使用されていないものでしたが、ゼファー750RSはこれを初期モデルから採用。これは名実ともにカワサキがゼファー750をZ2の後継車種と認め、お墨付きを与えたという形になります。また、「タイガーカラー」や「玉虫カラー」といった人気カラーリングも次々と復刻され、復刻モデルにありがちであった限定1パターンのセオリーから脱却しました。

 

Z2以降のカワサキ車は、それぞれが際立った個性を有していたこともあり、なかなか解禁に至らなかったという事情があります。このゼファー750RSで解禁された復刻グラフィックパターンは大きく当たり、後に各メーカーから発売される名車リバイバル車種の定番となりました。

 

ゼファー750RSはバイク本来の自由さを楽しめるマシン!

 

ゼファー750は、奇をてらわないオーソドックスすぎるほどシンプルな仕様のバイクです。それだけに、スペック競争が繰り広げられていた90年代前半は、「パワー感がなくて物足りない」と評されることもありました。

 

ベーシックモデルであるゼファー750同様、ゼファー750RSもスペックデータは変わりありません。しかし、レーサーレプリカのみに人気が集中した時期が過ぎ去ってから販売されたため、バイク本来の自由で多彩な楽しみ方ができることが良く分かるモデルです。

 

ゼファー750RSの最高出力は、68ps/9,500rpmという控えめなもので、この数値は規制強化された現行モデルとほぼ変わらないものです。エンジンが空冷4ストロークDOHC2バルブと、目新しさのない仕様ではありますが、それだけに吹け上がりとエキゾースト音は良好で、このエンジン自体に個性があるとも言えます。

 

また、名車・Z2のリバイバルモデルといったキャラ設定から、ゼファー750RSはある意味ではカスタム前提のバイクという見方もできます。その証として、ヨシムラ・モリワキといったZ2販売当時の2大巨頭メーカーを始め、BEET・RPMなどほぼ全てのカスタムパーツメーカーから豊富なパーツが販売されています。

 

これだけ多くのパーツが各メーカーから販売されていた前例はなく、ゼファー750RSはカスタムバイクを普及させた功労者的な存在と言えるでしょう。

 

カワサキ空冷は価格高騰化! ゼファー750RSは今が買い時!

 

Z2の復刻版といった一面を持つゼファー750RSは、カワサキの空冷エンジンを継承する最後の世代でもあります。

 

現在では旧車カテゴリに入れられるようになったゼファー750RSは、製造期間が1996年から2003年までと比較的短く、実動車も年々減りつつあります。こうした希少性と人気から、現在は中古バイク市場でもかなりの高値で取引されているのが現状です。

 

年々カワサキの空冷エンジン搭載車は価格高騰化しており、ゼファー750RSも右肩上がりの傾向にあります。現在はゆるい上昇率となっていますが、今後は実動車両の減少による急激な高騰化も予想されています。

 

ゼファー750RSをお探しになられている方は、カリカリのフルチューン車両からフルノーマル車まで、ある程度車両を選べる今が買い時と言えるでしょう。

 

管理人元ヤンナオのゼファー750RSを高く売る方法

 

ゼファー750RSをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はゼファー750RSを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのゼファー750RSがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとゼファー750RSの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ちゼファー750RSなどの大型バイクは高価買取が狙えます。
名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクに特に強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とゼファー750RSの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とゼファー750RSの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でゼファー750RSをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加