Z400FX買取価格相場|高額査定の方法

最高額120万円!Z400FX買取価格相場|高額査定の方法

z400fx

 

カワサキ Z400FXを査定する時に高価買取して貰う方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではZ400FXの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


Z400FXを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはZ400FXの買取相場をみてみる

 

このページではZ400FXの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、Z400FXの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではZ400FXを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

カワサキ Z400FXの買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
Z400FX 1984年 18497km 1200000円
Z400FX 1982年 32221km 1180000円
Z400FX 1980年 25635km 1150000円
Z400FX 1981年 43522km 1120000円
Z400FX 1979年 10374km 1100000円
Z400FX 1980年 28837km 1100000円
Z400FX 1981年 17465km 1000000円
Z400FX 1980年 不明 1000000円
Z400FX 1979年 22390km 940000円
Z400FX 1982年 26353km 920000円
Z400FX 1981年 不明 900000円
Z400FX 1980年 30847km 850000円
Z400FX 1981年 27388km 800000円
Z400FX 1979年 不明 730000円
Z400FX 1979年 不明 600000円

 

 

Z400FXの買取相場がわかりましたね。距離を走っていても高額で買取されることが多いのが特徴です。バイク買取ランキングを参考に無料査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

Z400FX スペック  
サイズ 2100×785×1125
ホイールベース 1380mm
最低地上高 145mm
重量 189kg
トレール 98mm
ブレーキ シングルディスク250mm シングルディスク237mm
タイヤサイズ 3.25-19 3.75-18
エンジン 4サイクル4気筒DOHC
排気量 399cc
圧縮比 9.5
ボア 52mm
ストローク 47mm
最高出力 43ps/9500rpm
最大トルク 3.5kg-m/7500rpm
タンク容量 15L

 

カワサキ・Z400FXは80年代バイクブームの火付け役!

 

直線基調の硬派なデザインが印象的なカワサキ Z400FXは、現在では族車の代名詞として知られる旧車のひとつです。族車・旧車會仕様で乗られることが多いため、どうしてもそちらの方のイメージが強くなってしまいますが、Z400FXは80年代バイクブームをリードした画期的なマシンです。

 

Z400FXが発売された当時、中型二輪免許(現・普通二輪免許)までは自動車教習所で取得できましたが、限定解除して大型バイクに乗るには試験場での「一発試験」以外に選択肢はなく、4スト4気筒は高嶺の花とも言える存在でした。

 

1977年に生産中止となった「ホンダ ドリームCB400FOUR」以来となる4ストローク4気筒エンジンを搭載し、心躍らせるエンジンサウンドで多くの若者を魅了したZ400FX。

 

今回は、この伝説の名車・カワサキ Z400FXについてご紹介させて頂きたいと思います。

 

Z400FXはZ400RSの失敗をバネに大きく進化!

 

z400fx

http://carcast.jp/5951

 

今でこそ名車として知られるZ400FXですが、その前に販売されたカワサキ初の400cc4ストエンジン搭載車である「Z400RS」は、カワサキにとって大きなハンディキャップとなっていました。

 

カワサキZシリーズの歴史に暗い影を落としたZ400RSは、398ccの空冷4ストローク2気筒エンジンを搭載し、最高出力は36ps/8,500rpm。ライバルであるホンダのCB400T(通称・ホーク2)が40ps、スズキのGS400が39psであったことを加味すると、明らかなパワー不足でした。2ストロークエンジン搭載車であった同社のKH400と比較しても頼りなく、短命に終わりました。

 

この反省を活かし、Z400FXは北米市場向けの「KZ500」をベース車両とし、エンジンのボア&ストロークを落とすことで400cc化。

 

上位モデルの硬派なデザインを誇る車体と、吹け上がりの良い4ストロークマルチが奏でる極上のエキゾースト、当時の400ccバイクでは実現不可能と思われていた滑らかな出力を実現してみせました。

 

このZ400FXは発表と同時に予約が殺到し、納車まで3ヶ月待ちは当たり前という空前のヒットを記録したことはあまりにも有名です。80年代の若者文化を語る上でも大きな意味合いを持つZ400FXは、カワサキが誇るZシリーズらしい風格を持った一台です。

 

FXは族車にあらず! 性能を重視したミドルマルチがZ400FXの真の姿です!

 

その硬派なデザインと美しさから、Z400FXが良くも悪くも「目立つバイク」であったことだけは確かですが、Z400FXは族車ではありません。

 

Z400FXが発売されていた時代は、没個性の時代でもありました。ホンダ・CB400Tを始め、スズキ・GS400など、この当時販売されていた車両は軒並み丸い曲面を主体としたデザインが多く、個性の出しづらい2気筒エンジンが幅を利かせていた時代とも言えます。

 

そんな中登場したZ400FXは、当時の現役バイクにはなかったシャープさを持った美しい車体、耳に心地よいエキゾーストサウンドを奏でる4気筒エンジン、走らせれば怒涛の加速力と三拍子揃ったまばゆい輝きを持ったバイクでした。

 

際立った個性を持つZ400FXは、80年代前半の若者の心を掴むべくして生まれたスターと言える象徴であったのは事実です。そして、それに憧れた若者の絶対数が多かったことが、バイクブームと暴走族ブームを直結して捉えられた…というのが一番真実に近いと言えそうです。

 

以前、Z400FX-E2を走らせた経験によるものですが、後年のゼファー400などと比べるとFサスは固めで、沈み込みはやや少なめです。リアのツインサスも固く、四角い形状で高めの位置にあるシート高との関係で、初心者にはやや敷居が高く感じられるのも事実です。

 

しかし、エンジンに火を入れて走らせてみれば、細身に仕上げられたZ400FXの意外なまでの直進安定性、素直さすら感じるほどのスロットルへの反応の良さ、マスを把握した後のコーナリング性能の高さに感心させられます。

 

Z400FXの実力は、ルックスありきのストリートモデルというよりは、確かな性能に裏打ちされたスポーツモデルに近いものがあります。現在は旧車會仕様などで売買されることの多いZ400FXですが、「族車・旧車會向けのバイク」という捉え方ではなく、純粋に一世を風靡した名車という目で見れば、多くの発見がある素晴らしいバイクです。

 

現在のZ400FXは高騰化の一方! 購入時は足回りとエンジンに注意を!

 

現在、旧車會車両の高騰化を受け、Z400FXは非常に価格が高騰している車種です。

 

中古バイク販売業者の方もそれをよく分かっており、程度の良いZ400FXは100万円以上のプレミア価格も当たり前となっています。

 

これほど価格が高騰していては、Z400FX購入を躊躇ってしまう方もおられるでしょう。

 

しかし、これだけの名車であればライダーなら一度は走らせてみたい、と思うのも自然なことです。

 

これからZ400FXの購入を検討されている方は、足回りを重点的にチェックしておきましょう。フロントフォークのオイル漏れやオイルシールの状態、沈み具合などを入念に確認し、錆の有無も見ておきたいところです。純正流用としてはZ400GPや、ゼファー400の足回りを移植するという手もありますが、絶版車であるZ400FXの純正部品は非常に高価です。後に手放す際にも純正パーツの有無は買取査定に大きく影響を及ぼしますので、なるべく商談に入る前に確認しておきましょう。

 

また、エンジンの吹け具合や異音なども確認しておきたいポイントですが、それよりも注意して頂きたいのはエンジンの型番です。Z400FXの正式なエンジン番号は以下の通りです。

 

Z400FX エンジン型番  
1型(E1型) KZ400E-000001~
2型(E2型) KZ400E-011501~
3型(E3型) KZ400E-025701~
4型(E4型) KZ400E-037001~

 

後年のカワサキ400ccモデルのお手本となったFXのフレームは、多くの車種のエンジンが搭載可能となっています。例を挙げると、正統後継車であるZ400GP、GPz400F、Z400LTD、果ては4バルブのゼファーχ(カイ)のものまで様々です。

 

一番外観が近いのはZ400LTDのシルバー塗装エンジンですが、昨今の旧車ブームに乗っかって何の説明もないまま高値で売りつけようとする業者もあります。これは個人売買でも同じで、十分な注意が必要です。逆に言えば、エンジン・キャブに関してはZ400LTDなどから流用(あるいは一時的な載せ換え)も可能ですので、維持の面ではさほど神経質になる必要はありません。

 

旧車であるZ400FXを適正価格で購入するには、買い手自身もある程度の予備知識が求められます。高価な名車だけに、十分な検討と下見を行ったうえで、納得のいく車両探しをすることがZ400FXを楽しみ尽くす秘訣と言えるでしょう。

 

管理人元ヤンナオのZ400FXを高く売る方法

 

Z400FXをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はZ400FXを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのZ400FXがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとZ400FXの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ちZ400FXなどの中型バイクは高価買取が狙えます。
名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクに特に強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とZ400FXの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とZ400FXの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でZ400FXをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加