Ninja250SL買取価格相場|高額査定の方法

最高額35万円!Ninja250SL買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,バイク売る,売却,カワサキ,ninja250sl

 

Ninja250SLを査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではNinja250SLの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


Ninja250SLを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはNinja250SLの買取相場をみてみる

 

このページではNinja250SLの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、Ninja250SLの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではNinja250SLを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

カワサキ Ninja250SLの買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
Ninja250SL 2015年 4500km 350000円
Ninja250SL 2014年 10203km 310000円
Ninja250SL 2014年 12029km 305000円
Ninja250SL 2009年 10298km 300000円
Ninja250SL 2011年 17828km 295000円
Ninja250SL 2011年 16022km 280000円
Ninja250SL 2010年 17646km 278000円
Ninja250SL 2013年 6473km 272000円
Ninja250SL 2014年 3405km 270000円
Ninja250SL 2010年 8899km 250000円
Ninja250SL 2011年 10302km 230000円
Ninja250SL 2012年 13480km 210000円
Ninja250SL 2012年 19408km 190000円
Ninja250SL 2013年 29487km 182000円
Ninja250SL 2009年 24030km 170000円

 

 

Ninja250SLは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

Ninja250SL スペック  
サイズ 1935×685×1075
シート高 780mm
車重 149kg
エンジン 水冷4スト DOHC4バルブ単気筒
排気量 249cc
圧縮比 11.3
最大出力 29PS/9700rpm
最大トルク 2.2kg-m/8200rpm
吸気方式 FI
ミッション 6速リターン
タンク容量 11L
ブレーキ 290mmディスク 220mmディスク
タイヤサイズ 100/80-17 130/70-17

 

現在のクォータークラス人気の牽引役・Ninja250

 

バイク,買取,売却,売る,

 

現在の250ccクウォータークラスの人気沸騰の立役者となったカワサキNinja250。

 

そのNinja250に新しいNinjaが加わりました。

 

インドネシア生まれのNinja250SLがそのマシンです。

 

2気筒エンジンのNinja250に対し、短気筒エンジンを採用したNinja250SLはどういった方向性のバイクなのか。

 

第32回大阪モーターサイクルショーでお目見えとなった2016年モデルのチェックと共に、その魅力を探ってみましょう。

 

驚異的な軽量化を実現!Ninja250SLが持つ軽快さはこれまでになかった新感覚

 

バイク,買取,売却,売る,

 

実際にこの2016年モデルのNinja250SLに跨ってハンドルを切ってみると、まるで自転車か?と一瞬錯覚を起こすほど軽快。

 

メーカー広報者によると、ハンドル角36度と広く、走行時の取り回しの良さが伺えます。

 

このハンドル角は1クラス下のデュアルパーパスバイク並の数値と言って良く、カタログスペックとこの試乗だけでも十分な手応えを感じさせてくれます。

 

さらにNinja250SLのエンジン仕様についてを質問してみると、ベースエンジンはディアルパーパスの名車KLX250をベースとした水冷4ストロークDOHC4バルブエンジンとの事。

 

ただの短気筒エンジンに非ず。

 

最初から超実力派のエンジンをベースに選んだカワサキの本気度が理解できます。

 

車名の「SL」は、超軽量を意味する「スーパーライト」から。

 

確かにこの軽さはクラス最軽量と言ってよく、Ninja250SLとNinja250と比較しても20kg以上も軽い仕様です。

 

エンジン仕様の違いによって最高出力はNinja250の31psに対し、Ninja250SLは28ps。

 

出力数値こそあちらの方に3psの軍配が上がるものの、このNinja250SLの軽さから見れば瑣末事と言えるでしょう。

 

Ninja250SLが全体的にスリムになった事から想像はしましたが、ハンドルも内側に絞り気味のものとなっており、ライトウェイトスポーツバイクの味付けとなっています。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

フロントマスクはNinja250の2灯式ヘッドライトに対し、Ninja250SLは単眼仕様。

 

よりシャープでスリムなものへと変化し、どことなくGPZ900Rを連想させる面構えになっています。

 

SLの呼称には「スリム」の意味も含まれていると思わせる、非常にスリムなデザインがNinja250SLのスタイルです。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

アッパーカウル左側の「250SL」のデザインカットがその雰囲気を強調。

 

フロントフェンダーもややスリムなものへ変更となっています。

 

エンジン特性はやはり高回転仕様のセッティングとなっており、7,000回転以上からのシフトアップの感覚は非常にスポーティでエキサイティングな加速感が味わえます。

 

Ninja250SLの高回転仕様のエンジンには珍しく、低速でのトルクが厚めになっているのも特徴的。

 

その代わりに3,000~5,000回転付近にトルクのだれを感じるエンジンフィール。

 

これらを加味して総合的に判断してみると、このNinja250SLの狙いは明らかにスポーツ。

 

Ninja250SLのシートに腰を下ろしてハンドルに手を伸ばせば、自然と前傾が強めなライディングポジションに落ち着きます。

 

荷重をあらゆる方向にかけてみれば、リアサスペンションの固さはまさにスーパースポーツ向きに固さ。

 

ヤマハYZF-R25の独壇場化していたクウォータースーパースポーツクラスですが、この2016年モデルのNinja250SLを皮切りに新しいシーンを迎えることが容易に想像できます。

 

Ninja250SLの取り回しの良さと圧倒的な軽量は武器であり、これまでになかった新感覚のクウォータースポーツの実力を垣間見る事が出来ました。

 

近年のカワサキのデザイン性は非常に高いものがありましたが、このNinja250SLはデザインと性能、両方の面でこれからの250ccクラスを牽引していく主役の一人と言えます。

 

クウォータースポーツの新しいステージへ誘うNinja250SLは走りを求めるライダーに忠実なベストバイク

 

バイク,買取,売却,売る,

 

そしてNinja250SL今年2016年モデルの注目はABS装着車です。

 

Ninja250SLの昨年の2015年モデルまで、ブレーキタッチはカコッ、と少々ギャップのあるタッチであったものが、このABS装着車ではナチュラルなものに変化。

 

本来、ABSとはブレーキロックしない為の装置である以上当然の事ではありますが、この自然な感覚には戦慄を覚えました。

 

Ninja250SLのブレーキディスクのサイズもφ290mmと十分で、ホイールとのバランスも良いものが採用され、定評のある2ピストンブレーキキャリパーのコンビとあっては感涙もの。

 

Ninja250SLは心底欲しいと思える過激な250ccの誕生に胸躍る思いです。

 

最後に気になる新車価格はNinja250の 553,500円に対し、Ninja250SL は459,000円。

 

Ninja250SLは走りを追求したいライダーにとって、非常に多くの魅力にあふれたSLは、新モデル登場の今が買い時な旬の一台です。

 

Ninja250SLのまとめ

 

Ninja250の兄弟分として登場したNinja250SLは、シングルエンジンの強みを生かすことで、よりアグレッシブでスポーティさをアピールしたキャラクター付けがされています。

 

Ninja250SLのエッジの効いたシャープなノーズと、短く切り上げられたテールが特徴のスタイリングは、まさにニンジャシリーズらしいデザインといえます。

 

 

Ninja250SLは車体も非常にコンパクトで、車重も149kgと軽量。単に車体が軽いだけでなく、車体剛性や、ディメンションがスポーツ寄りに設定されています。

 

これにより、フルバンクからの立ち上がりではレーサーレプリカ並のフィーリングを持っています。

 

10500回転以上まで頭打ち感がなく、軽やかに回るため、コーナーが連続する区間では回転数に気を使わずに楽しめるのもNinja250SLの醍醐味です。

 

管理人元ヤンナオのNinja250SLを高く売る方法

 

Ninja250SLをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はNinja250SLを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのNinja250SLがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとNinja250SLの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、Ninja250SLなどの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のNinja250SLも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とNinja250SLの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とNinja250SLの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でNinja250SLをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加