ER-6n買取価格相場|高額査定の方法

最高額44万円!ER-6n買取価格相場|高額査定の方法

バイク売る,バイク,買取,er-6n,カワサキ

 

カワサキ ER-6nを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではER-6nの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


ER-6nを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはER-6nの買取相場をみてみる

 

このページではER-6nの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、ER-6nの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではER-6nを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

カワサキ ER-6nの買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
ER-6n 2016年 573km 440000円
ER-6n 2016年 899km 415000円
ER-6n 2015年 1302km 400000円
ER-6n 2015年 1400km 390000円
ER-6n 2014年 2493km 385000円
ER-6n 2014年 3944km 370000円
ER-6n 2012年 4928km 350000円
ER-6n 2011年 5039km 350000円
ER-6n 2010年 3409km 330000円
ER-6n 2013年 9039km 315000円
ER-6n 2009年 12049km 300000円
ER-6n 2010年 14736km 295000円
ER-6n 2008年 19480km 290000円
ER-6n 2007年 20493km 270000円
ER-6n 2005年 19887km 265000円
ER-6n 2006年 24039km 250000円
ER-6n 2008年 17748km 230000円
ER-6n 2005年 29940km 210000円
ER-6n 2005年 38480km 180000円
ER-6n 2005年 29101km 160000円

 

 

ER-6nは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

ER-6n スペック  
サイズ 2110×770×1110
ホイールベース 1410mm
シート高 805mm
最低地上高 130mm
重量 204kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 110mm
ブレーキ ダブルディスク ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 160/60ZR17
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ並列2気筒
排気量 649cc
圧縮比 10.8
ボア 83mm
ストローク 60mm
最高出力 70.7ps/8000rpm
最大トルク 6.5kgf-m/7000rpm
始動方式 セル
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 16L

 

ER-6nはカワサキが提案するもっと走りを楽しむ為のクラスレスマシン

 

日本国内向けではなく、欧州・北米・カナダ・オーストラリア市場向けの海外モデルとして販売されていた カワサキ・ER-6n。

 

ER-6nはデザイン優先で開発されたという事を開発陣が明かしたように、車体の下に配置されたショートサイレンサーや、オフセット装着のリアショックが個性的な一台です。

 

柔らかでどこか優しげな印象のあった前モデルからスタイルを一新。

 

刺激的なストリートファイターよりのデザインをウリにER-6nはモデルチェンジを遂げました。

 

初代ER-6nの開発コンセプト「Fun to Ride」はそのままに、よりアグレッシブなデザインとなった新生ER-6nに触れてみましょう。

 

ライダーの欲求をいつでも手軽に満たせる身近さがER-6nのウリ

 

http://www.motorcyclenews.com/bike-reviews/kawasaki/er-6n/2012/

 

ER-6nの水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒というエンジンが生み出す鼓動感は静かで、カワサキの過去のベストセラー・ゼファー750やZRXといったネイキッドバイク達と比較すると派手さは皆無。

 

ER-6nは低めのエンジンサウンドは控え目で大人しく、大型バイクに慣れたライダーには少々物足りなさを感じるかもしれません。

 

ただし、それはあくまでも低速域での話。

 

一度スロットルを開けて4,000回転から先の中速度域では、本当のER-6nの顔が見えてきます。

 

 

ER-6nは低速では少々大型慣れしたライダーには物足りなく思えたトルクが見違えるように太くなり、回転数を上げた2ストロークマシンのように俊敏な加速力と推進力をマシンに与えてきます。

 

ラフな走りをしてもそれを歓迎するかのように鋭い反応を見せ、交通の流れをリードできるだけのダッシュ力がER-6nにはあります。

 

欧州市場における600ccという排気量のミドルクラスは非常にハイスペック化しており、それらと比べると控え目な出力ではあります。

 

それらの魅力とはまた別の所で、ER-6nには大きな魅力があります。

 

それは、ER-6nの「乗りたい時にすぐ乗れる」手軽さと、「いつでもゆとりのある手軽な走り」の2つです。

 

この視点から見ると、ER-6nの全長2,100mmという車体サイズは程よい大きさで、街へ服でも買いに出るか…と気軽に取り回せるジャストサイズ。

 

ER-6nは欧州仕様車で72ps/8,500rpmという最高出力も、日本の道路交通事情に最適なスペックと言えるものです。

 

逆輸入車として見るのではなく、「日本の市街地にフィットするストリートコミューター」として見た時、ER-6nの本当の実力がわかります。

 

「回して乗れる仕様なのに、極めて静かに楽しめる」。

 

ストレスの多い住宅地住まいのオーナーにとって、このER-6nという存在は大いに注目して欲しいシティコミューターです。

 

カワサキ・ER-6nはオーナーと共に一体感が得られるテイスティな一台

 

フルモデルチェンジを果たし、初代と異なったストリートファイター然のルックスを得たカワサキ・ER-6n。

 

ER-6nは近代的な色濃いスタイルですが、乗り込むほどに味の出る一面も持ち合わせています。

 

ER-6nはデザイン性を重視した、リアのオフセット式レイダウンシングルショックは乗り込む程にオーナーの体重に合わせたマイルドな沈み込みとなり、個人差に合わせたフィット感をもたらしてくれます。

 

ER-6nはハンドリングについてもリアサスの慣れ具合と共に若干変化し、元々十分な切れ角をもつハンドリングがより自然に倒し込めるような感覚は、乗り続けるオーナー自身のみが味わえる楽しみと言って良いでしょう。

 

弟分となるER-4nにも共通する事ですが、普遍性の中にある変化を楽しめるのがER-6nというバイクの面白さ。

 

違いの分かるベテランライダーなら、思わずニヤリとしてしまう楽しみがあります。

 

一言で言えば、「バイクを自分色に染め上げる楽しさ」。

 

 

現行車の多くが失ってしまったバイク本来の楽しみ方の一つを、海を渡って帰ってきたER-6nが教えてくれるというのも中々面白く思えます。

 

必要十分のパワーと加速力があって、どこでも乗れる扱いやすさ。

 

それに加えて自分色のマシンに仕上げる過程がリアルタイムで楽しめるとあっては試さない理由がありません。

 

当然、それに加えて自分好みのパーツでカスタマイズする楽しさも極上の味です。

 

ER-6nは中速域重視のセッティングの為、トルクフルに仕上げてよりパンチ力のあるストリート特化仕様も良し。

 

ギアレシオの変更など、高速重視のセッティングでよりスポーティに楽しむも良し。

 

一目でわかるような絶対的な性能こそありませんが、長く付き合っていける相棒を自分自身で作りたい。

 

ER-6nというバイクは、そんな粋人のベテラン&リターンライダーにこそ愛して欲しい一台です。

 

ER-6nは2015年モデルでカラーリングの追加を受けた事以外は大きな仕様変更もなく、2010年前後のモデルは割安で入手出来るのも魅力的。

 

ER-6nはカスタムベースのストリートファイターが欲しいというカスタムファンも必見です。

 

管理人元ヤンナオのER-6nを高く売る方法

 

ER-6nをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はER-6nを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのER-6nがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとER-6nの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、ER-6nなどの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のER-6nも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とER-6nの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とER-6nの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でER-6nをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加