NinjaH2買取価格相場|高額査定の方法

最高額220万円!NinjaH2買取価格相場|高額査定の方法

バイク,買取,売却,売る,

 

カワサキ Ninja(ニンジャ)H2を高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではNinjaH2の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


NinjaH2を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはNinjaH2の買取相場をみてみる

 

このページではNinjaH2の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、NinjaH2の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではNinjaH2を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

カワサキ NinjaH2買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
NinjaH2 2016年 383km 2200000円
NinjaH2 2016年 948km 2180000円
NinjaH2 2016年 1209km 2150000円
NinjaH2 2015年 849km 2150000円
NinjaH2 2015年 2029km 2120000円
NinjaH2 2015年 1994km 2100000円
NinjaH2 2015年 3894km 2080000円
NinjaH2 2015年 4983km 2050000円
NinjaH2 2015年 3726km 2000000円
NinjaH2 2015年 3473km 1980000円
NinjaH2 2015年 2948km 1950000円
NinjaH2 2015年 7438km 1930000円
NinjaH2 2015年 6473km 1900000円
NinjaH2 2015年 7372km 1840000円
NinjaH2 2015年 5262km 1800000円

 

 

NinjaH2は走行距離が多くても高価買取できることがわかりました。高く売れるオススメの買取店をランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

NinjaH2 スペック  
サイズ 2085×770×1125
ホイールベース 1455mm
シート高 825mm
最低地上高 130mm
重量 238kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
ブレーキ ダブルディスク ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 200/55ZR17
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ並列4気筒
排気量 998cc
圧縮比 8.5
ボア 76mm
ストローク 55mm
最高出力 200ps
最大トルク 14.3kgf-m/10000rpm
始動方式 セル
点火方式 トランジスタ
ミッション 6速
吸気 FI
ミッション 6速
タンク容量 17L

 

最先端の波に乗る忍び 世界最速の高みに挑み続けるカワサキ Ninja H2

 

バイク,買取,売却,売る,

 

2015年、スーパーチャージャー搭載で世界中の話題をさらった究極ニンジャことNinjaH2R。

 

そのNinjaH2Rの兄弟車として、保安部品の装着と規制値に最高出力がセッティングされたのがこのNinjaH2です。

 

本来のスーパースポーツにはなかった、走りの為に生まれたNinjaH2は他のバイク達とどう違うのか?

 

2016年3月に開催された第32回大阪モーターサイクルショーに出展された2016年モデルのNinjaH2の画像と共にお楽しみ下さい。

 

オリジナルだけが持つ圧倒的な存在感 NinjaH2だけが持つ独自のスタイル

 

バイク,買取,売却,売る,

 

この何者とも違うNinjaH2だけが持つ独特のフェイスマスクは、カウル中央部に埋め込まれた一灯式ヘッドライトとその上部のエンブレムが非常に印象的です。

 

NinjaH2の左側に吸気用のエアダクトがあり、もうこのフェイスマスクだけで強烈なオーラを放っています。

 

直線と流形の入り混じった独自の外装は、航空機・宇宙開発部門を持つカワサキならでは。

 

最先端の技術力から生み出された、NinjaH2は非常に空力抵抗を考えて設計された非常に独自色の強いデザインとなっています。

 

このNinja H2の兄弟車であるH2Rには風を切り裂くためのウィングまであり、メーカー純正にしてエアロカスタム車と言っても通じてしまうほど個性的です。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

また、前後のホイールもNinjaH2・H2R独自のもので、5本のスポーツを持つ手裏剣のような専用設計となっています。

 

NinjaH2のブレーキにはブレンボ製φ330mmの大型ブレーキディスクとモノブロック・ラジアルマウントキャリパーを採用。

 

NinjaH2はラジアルポンプマスターシリンダーに至るまでブレンボ製で、現在のバイクとして考えうる限りの最高の制動能力となっています。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

後輪にはカワサキ初の片持ち式スイングアームを採用し、右2本出しのマフラーとの干渉を避けて極限までスリム化が試みられています。

 

NinjaH2はどれ一つ取っても、既存のどのバイクにも見られなかった新しい試みがなされていて、各部をチェックするだけでも飽きない程。

 

2016年モデルでは専用設計のトラスフレームが黒くなっており、NinjaH2はカワサキ伝統のライムグリーンで塗装された2015年モデルよりシックにまとまっています。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

そして何より、NinjaH2を究極たらしめているのがこのエンジンです。

 

NinjaH2の最高出力200ps/10,000rpmのエンジンは、規制値のために本来のものより抑えられてはいますが、高回転域は勿論の事、低中回転域でも即座にアクセル開閉で必要なパワーを発揮してくれる抜群の信頼度。

 

NinjaH2のエンジンデザインもまた、既存のどんなバイクにも搭載・デザインされたことのない斬新で独特の形状です。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

2015年モデルでは、「SUPER CHARGED」のエンブレムが黒地に白文字であったのに対し、2016年モデルは黒地に緑文字というデザイン。

 

モデルによってこの部分のデザインが変化していく形になるかも知れません。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

NinjaH2のフロントタイヤは120と標準的サイズですが、リアタイヤは200と非常に太く、後ろから見ると右2本出しのサイレンサーと合わせてものすごい威圧感があります。

 

そして車体を彩るミラーコートブラック。

 

鴉の濡れ羽のような非常に艶のある黒色で、見る者を惹き込むこの黒装束もまたNinjaH2の大きな特徴と言えます。

 

NinjaH2の暗い場所で一際強い異彩を放つ独特のルックスは、所有するオーナーの満足度を限りなく高めてくれます。このスペシャル感は、他のバイクでは決して得られないものと断言できるでしょう。

 

乗り味までもが独創的。 乗り手自身が自由に創造できる新次元の走りはNinjaH2でしか出来ないもの

 

バイク,買取,売却,売る,

 

実際に跨ってみると、少々前傾度の高いポジショニングとなります。

 

17リットルという大容量のグラマラスなタンク形状によるものですが、NinjaH2の存在意義は走りに特化したもの。このポジションこそが相応しいと納得のいく形です。

 

むしろ標準的なスーパースポーツバイクより快適度は高いもので、ハイスピードツアラーでならしたZZR1100と近い感覚と言えます。

 

少し傾斜させてみると、股下あたりに普通のバイクとは異なる重心の違和感があります。

 

何となくエンジンまでの間に薄くて重いものが挟まっているような感覚ですが、これはスーパーチャージャーの重さかと思われます。

 

NinjaH2の重心の違和感は乗り始めのうちはしっくり来ない感じで、慣れるまでに時間がかかりそうですが、この独特の感覚もNinjaH2というバイクが特別なマシンであることの証なのかも知れません。

 

この不思議な重心バランスに慣れてきた時、その走りの真価が分かるでしょう。NinjaH2は印象的にアクセルは重いと思われがちですが、軽くもなく重くもなくいたって標準的。

 

 

メーカー広報者いわく「いつでもライダーの思う時に思うだけのパワーを右手一つで瞬時に提供」という言葉は絶対の自信があってこその一言なのでしょう。

 

NinjaH2の最大トルク140.4Nm/10,000rpmという数値がそれを証明し、これまでのバイクのトルクカーブに乗せて走らせるという走行法とは逆に、ライダー自身が自分の思い描くラインに合わせる形でトルクカーブが即座に作り出せるという事です。

 

今までのどんなバイクとも異なる走りが出来るようになったNinjaH2。その独創的な走りと乗り味は新次元の世界と言えるでしょう。

 

1990年代まで、二輪にスーパーチャージャー搭載などおとぎ話の世界でした。しかし現在、おとぎ話ではなく正真正銘の現実としてここにあります。

 

モータースポーツの枠だけに留まらず、航空・宇宙開発部門まで川崎重工グループの技術を全てつぎ込まれたこの特別なNinjaH2は、私たちが手を伸ばせばすぐ届く所にいます。

 

管理人元ヤンナオのNinjaH2を高く売る方法

 

NinjaH2をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はNinjaH2を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのNinjaH2がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとNinjaH2の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、NinjaH2などの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のNinjaH2も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とNinjaH2の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とNinjaH2の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でNinjaH2をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加