VT1300CX買取価格相場|高額査定の方法

最高額71万円!VT1300CX買取価格相場|高額査定の方法

バイク,買取,売却,売る,vfr1300cx

 

ホンダ VT1300CXを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではVT1300CXの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


VT1300CXを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはVT1300CXの買取相場をみてみる

 

このページではVT1300CXの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、VT1300CXの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではVT1300CXを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ VT1300CXの買取相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
VT1300CX 2016年 473km 710000円
VT1300CX 2016年 938km 690000円
VT1300CX 2015年 1847km 660000円
VT1300CX 2014年 2747km 650000円
VT1300CX 2015年 2330km 650000円
VT1300CX 2015年 3049km 648000円
VT1300CX 2013年 4857km 640000円
VT1300CX 2014年 7848km 630000円
VT1300CX 2012年 8473km 624000円
VT1300CX 2011年 10244km 620000円
VT1300CX 2012年 9438km 600000円
VT1300CX 2010年 15847km 580000円
VT1300CX 2009年 17488km 550000円
VT1300CX 2010年 19490km 540000円
VT1300CX 2009年 13827km 500000円

 

 

VT1300CXは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

VT1300CX スペック  
型式 EBL-SSC61
サイズ 2575×900×1150
ホイールベース 1805mm
シート高 680mm
最低地上高 125mm
重量 307kg
サスペンション テレスコピック
トレール 92mm
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 90/90-21 200/50R18
エンジン型式 SC61E
エンジン 水冷4ST OHC3バルブV型2気筒
排気量 1312cc
圧縮比 9.2
ボア 89.5mm
ストローク 104.3mm
最高出力 54ps/4250rpm
最大トルク 10.5kgf-m/2750rpm
始動方式 セル
ミッション 5速
吸気 FI
タンク容量 12L
燃費 27km/L

 

流麗なデザインが自慢のVT1300CXは徹底した美しさを持つ美麗マシン

 

非常に個性的なビジュアルが人目を惹くホンダ・VT1300CX。

 

VT1300CXは流麗な美しいフォルムを持つタンクデザインに、近寄れば鏡のように姿を映し出すクローム仕上げのエンジンを持っています。

 

ホンダ VT1300CXは北米では日本より先に「フューリー」の名で発売されていたハイカスタムクルーザーです。

 

全長2,575mm×全幅900mm×全高1,150mmに車体重量307kgと大迫力の大きさに、とてもメーカー純正とは思えない大胆なデザインがヒットの要因です。

 

VT1300CXの長大な車体はいわゆるロー&ロングスタイルとチョッパーを組み合わせた独自色の強いもので、これまでのアメリカンクルーザーにはなかった新たなデザインの境地だと言えます。

 

「ファクトリーカスタム」という言葉があり、その由来は販売メーカー自身が独自色の強いカスタムを施して販売するというものですが、これまでハーレーダビッドソンのような海外の大メーカーのお家芸としてのみあったものです。

 

これをまさか国内メーカーのホンダが行う日が来るとは夢にも思わず、日本のバイクシーンの円熟度をこういう形で味わうようになった事に感動を覚えました。

 

そんなホンダが取り組んだ斬新なハイカスタムマシンVT1300CXの美しさと走行性能をご紹介してみたいと思います。

 

目を瞠る外観を裏切って素直なまでの扱いやすさ。 VT1300CXはホンダの新技術を随所に散りばめた先進的カスタムクルーザー

 

バイク,買取,売却,売る,vfr1300cx

http://kakaku.com/bike/item/K0000100549/

 

VT1300CXの最高出力は54ps/4,250rpmと控え目で、見た目以上に扱いやすい面があります。

 

VT1300CXの最大トルク値103Nm(10.5kg・m)/2,750rpmという極太のトルクがその手助けをしています。

 

VT1300CXはかなり角度の大きな寝かせ方をしたフロントフォークから乗り方の難しいバイクでは?という先入観を持ちましたが、走らせてみると非常に面白い乗り味。

 

ホンダ VT1300CXはこの車体サイズなので直進安定性の良さは太鼓判を押せるほど確かなものですが、チョッパースタイルの見た目とは裏腹に素直で従順ですらあるハンドリングの自然さにビックリさせられます。

 

一度降りてステアリング軸を調べてみると、平行ではなく角度差が設けられていることに気がつきました。

 

これはヨーク角というもので、チョッパーマシン特有の設計技術の一つ。

 

VT1300CXの場合、このヨーク角によって外観こそ派手な寝かせになっているものの、実際のステアリング軸はしっかり立っていてナチュラルなハンドリングを実現しています。

 

これはいい意味で期待を裏切る要素で、見た目だけで判断できないという良い教訓となりました。

 

ホンダVT1300CXの実際にシートに跨ってみると、エンジンレイアウトの奇抜さと共に効果的な配置であることがわかります。

 

これまでになかったVT1300CXの水冷Vツインエンジンは、ヘッドカバーまで丸見えの斬新な配置が行われています。

 

従来のアメリカン・クルーザーバイクでは見える事を前提としていなかったヘッドカバーまでもがクロームメッキの鏡面仕上げ。

 

 

VT1300CXのアイドル時の音は比較的大人しめですが、スロットルを開けると同時に「ドゥロロロッ…」と地の底から沸き上がってくるようなド迫力のVツインサウンドが聞こえ出します。

 

ハーレーやドゥカティのサウンドとはかなり赴きが異なり、80年代のシボレーの名車・コルベットを思わせる重低音。

 

VT1300CXのエンジンサウンドも、これまでの国内メーカーには全く存在しなかったものの一つ。

 

鼓動感は大排気量に比べるとややマイルドな感じがしますが、もしかするとそれはVT1300CXの美しいデザインイメージを守るための配慮であるようにも思えます。

 

VT1300CXは最高出力こそ低めですが、トルクの塊のようなエンジン特性によって力強く走り出します。

 

2,750回転で最大トルク値を発生する低回転重視仕様の特性となっていますが、どんなバイクでも弱い領域があってVF1300CXの場合はアイドリング回転のほんの少し上の領域がウィークポイント。

 

ここでクラッチを繋ごうとするといとも簡単にエンストを起こしてしまうので、シフト操作はある程度の鼓動感を感じるあたりで行うと良いでしょう。

 

注目のポイントはズバリVT1300CXの後部にあり、シャフトドライブ採用で駆動系が全く見えない事。

 

それに加え、世界初となったフローティング・ファイナルギアの採用でこれまでになかった新しいアメリカンクルーザーの魅力を存分に楽しめる、非常に良く出来たマシンです。

 

VF1300CXは本当の意味で惚れて乗れる男のバイク

 

よく語られる「一目惚れ」という言葉があります。

 

VT1300CXほど、この言葉が似合うバイクを私は知りません。

 

それ程に強烈なインパクトを持つVT1300CXには、ホンダの未知への挑戦と矜持、そして本物志向という高い志が秘められています。

 

溶接部分などの見た目の美しくない部分が全て目に見えない箇所に配置されるデザイン性など、心憎いまでの気配りによって成り立つその美しいカスタムクルーザーの在り方を、是非あなた自身で体験して下さい。

 

「Feel so good!」

 

あなたの心がそう言えば、VT1300CXは人生の長いパートナーとなるに相応しい一台です。

 

管理人元ヤンナオのVT1300CXを高く売る方法

 

VT1300CXをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はVT1300CXを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのVT1300CXがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとVT1300CXの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、VT1300CXなどの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のVT1300CXも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とVT1300CXの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とVT1300CXの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でVT1300CXをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加