NC750X買取価格相場|高額査定の方法

最高額58万円!NC750X買取価格相場|高額査定の方法

バイク,買取,売却,売る,nc750x

 

ホンダ NC750Xを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではNC750Xの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


NC750Xを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはNC750Xの買取相場をみてみる

 

このページではNC750Xの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、NC750Xの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではNC750Xを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ NC750X買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
NC750X 2016年 754km 580000円
NC750X 2016年 859km 560000円
NC750X 2016年 1487km 550000円
NC750X 2015年 2837km 540000円
NC750X 2015年 1299km 500000円
NC750X 2015年 3847km 500000円
NC750X 2015年 4553km 490000円
NC750X 2014年 7565km 488000円
NC750X 2014年 5674km 470000円
NC750X 2015年 7488km 460000円
NC750X 2014年 9483km 440000円
NC750X 2014年 10283km 430000円
NC750X 2014年 12938km 410000円
NC750X 2014年 9903km 400000円
NC750X 2014年 14376km 400000円

 

 

NC750Xは走行距離が多くても高価買取できることがわかりました。高く売れるオススメの買取店をランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

 

NC750X スペック  
型式 EBL-RC90
サイズ 2230×845×1350
ホイールベース 1535mm
シート高 830mm
最低地上高 165mm
重量 218kg
トレール 110mm
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 160/60ZR17
エンジン型式 RC88E
エンジン 水冷4ST OHC4バルブ並列2気筒
排気量 745cc
圧縮比 10.7
ボア 77mm
ストローク 80mm
最高出力 54ps/6250rpm
最大トルク 6.9kgf-m/4750rpm
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 14L
燃費 42km/L

 

NC750Xは大きく手が入ったアドベンチャー色の強いマシンに

 

バイク,買取,売却,売る,

 

ホンダのコンセプトシリーズであるNCシリーズ。手軽に扱いやすく、を重視したこのNCシリーズはモデルを重ねる毎に成熟度を増し、着実にファンを増やしています。

 

NC750Xは2016年モデルのリリースが決定しました。今年も多くのファンを魅了するであろうNC750Xはどんなバイクなのでしょうか。

 

 

大阪モーターサイクルショーでのお披露目となった2016年モデルのNC750Xは、ヘッドライトとテールライトにLEDを採用。

 

実際に試乗してみると、旧モデルよりもスクリーンからの視界に違和感を感じます。

 

NC750Xはメーカー広報者いわく「旧モデルよりも70mmスクリーンが高くなっています。」との事。

 

従来までのホンダ NC750Xと言えば、普段使いから長距離ツーリングまで守備範囲の広さで定評のあったミッドコンセプトシリーズの代表格。

 

 

NC750Xのフロントサスに採用された「デュアルペンディングバルブ」によって直線安定性と、ブレーキ時の安定度を更にUPさせたアドベンチャーバイクとしての色合いが強くなった印象でした。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

NC750Xのカウルなどの外装も直線を多用したよりエッジの効いたものとなり、シャープでスマートなデザインに変更。

 

このデザインの変更は非常に新鮮味があり、良くも悪くもCBシリーズにとらわれ過ぎていたホンダのビッグバイク開発が新しいステップへと進んだ事を印象付けるのに十分で、ホンダファン以外の多くの新規ファンを惹きつけるだけの魅力があります。

 

NC750Xはビッグスクーターに匹敵するシティユースに優れたバイクに

 

NC750Xは評価の高かったデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)も、新型アフリカツインCRF1000L AfricaTwinのものと同様、3段階のレベル選択が出来る新しいものへと進化。

 

NC750Xは乗り手の好みによって即座に最適なギア選択ができるようになり、よりスムーズな走りを楽しめる仕様となりました。

 

NC750Xの大きな特徴の一つであったタンク形状のラゲッジスペースも、21リットルから22リットルへとサイズアップとなり、ライダーのシティユース性はより向上しています。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

給油はリアシートを開閉して行う従来からのスタイルと変わりはありませんが、シート開閉時にスッとストッパーが機能するように。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

ホンダNC750Xの旧モデルでは今ひとつスムーズに作動しなかった弱点が改良され、細かい所にも手が入った見直しはユーザー本位を謳ったNCシリーズらしい改良です。

 

NC750Xはリアシートも小ぶりなサイズですが、新しくリアショックに採用されたプリロードアジャスターの恩恵もあり、旧モデルよりも柔らかくソフトな乗り味になっています。

 

NC750Xはタンデムバーの形状も握りやすく指が疲れない程良い太さで、ビッグスクーターにも負けないタンデム性の良さも追求された万能型バイクとして非常に高評価できる一台になりました。

 

バイク,買取,売却,売る,

 

NCシリーズというブランドを確立したNC750X 

 

バイク,買取,売却,売る,

 

ホンダの掲げたミッドコンセプトの旗艦としてNCシリーズを確たる地位へと導いたNC750X。

 

ホンダNC750Xの基本は従来のモデルから引き継いでいますが、LEDの採用と共にシャープなデザインのものとなったヘッドライト、70mmと非常に大型化されたウィンドスクリーン。

 

BMWやトライアンフのアドベンチャーバイクに見劣りしない高級感のあるデザインへと進化し、今年のNC750Xは多くのファンを獲得するだけの実力派と言えるでしょう。

 

ホンダによるオプションパーツの豊富さにも定評があったNC750Xですが、今年はさらにハンドガードがラインナップに加わり、よりアドベンチャー指向の強いカスタマイズが可能になっています。

 

 

そして何より、ホンダによるNC750X全国メーカー希望小売価格はわずかに743,040円(消費税込)。

 

この値段でこれだけのハイクオリティーなバイクというのは類がなく、新型アフリカツインのライバルは他メーカーではなく、同じホンダのこのバイクと言えるかも知れません。

 

NC750Xはノーマルでもよし、自分で好みのオプションパーツをオーダーし、自由なカスタムを楽しむもよし。

 

純正メーカー品でカスタムパーツ(オプションパーツ)があるからこその楽しみです。

 

ホンダが今回のNC750Xで新しく提起しているのは新しいアドベンチャーバイクの楽しみ方なのかも知れません。

 

今回発表のハンドガードやリアバッグなど、非常に豊富なオプションパーツによって自分だけのオリジナルなNC750Xを作る。

 

国外車でこそ有り得たファクトリーカスタムですが、その日本的な形をミッドコンセプトシリーズは私たちに提起しているような気がします。

 

それだけ自由度が高く、満足度の極めて高い一台へ進化したニューNC750X。

 

 

NC750Xはあなただけのオリジナルなアドベンチャーを創造していくという楽しみ方は、このバイクでしか味わえないものといっても過言ではないでしょう。

 

既存のアドベンチャーバイクに飽きたという方は、試乗してフィーリングを確認するだけの価値がある今年ホットなバイクの一台です。

 

NC750Xは2016年型でのモデルチェンジによって質感とデザイン性が大幅に向上

 

NC750Xは共通のエンジンと基本骨格を使ってタイプが異なる様々な機種を作っている、ホンダニューミッドコンセプトに属するモデルです。

 

NC750Xは2016年1月にモデルチェンジを受け、新設計のLEDヘッドライト、テールランプを採用し、デザインの一新が施されました。

 

 

NC750Xのこの改良には、ラケッジボックスの容量拡大、乗り心地の向上とブレーキング時のノーズダイブ軽減を目的としたフロントサスの改良が施されました。

 

さらに、リアサスへのプリロードアジャスターの追加など、商品性を高める数々のブラッシュアップの施されています。

 

ホンダ NC750Xの装備バリエーションは、大きく分けて4タイプに分かれます。

 

 

NC750Xには通常のクラッチのスタンダード、そのABS仕様車、クラッチ操作のいらないDCTを搭載するABS仕様、これにETC車載器とグリップヒーターを追加したEパッケージがあります。

 

さらに4タイプにはそれぞれ、シート高を30mm下げたタイプLDが用意されています。

 

NC750Xの2016年型のモデルチェンジでは、DCTの自動変速モード時に坂道の斜度を考慮する制御が加えられました。さらに、Sモードの特性が3レベルから選べるようになりました。

 

ホンダ NC750Xの燃料タンク部分は22ℓもの容量を持つラケッジスペースになっています。フルフェイスヘルメットを収納できるスペースになっています。

 

NC750Xはシリーズで共通化された、低回転域の性能にもこだわった水冷並列2気筒エンジンと、しなやかな鋼管フレームを採用しています。

 

2016年型の改良によって、NC750Xのサイレンサーの質感も大幅に向上しました。ブレーキは前後ともペダル形状のシングルディスクタイプそ装備しています。

 

管理人元ヤンナオのNC750Xを高く売る方法

 

NC750Xをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はNC750Xを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのNC750Xがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとNC750Xの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、NC750Xなどの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のNC750Xも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とNC750Xの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とバイクの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でNC750Xをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加