NC700X買取価格相場|高額査定の方法

最高額40万円!NC700X買取価格相場|高額査定の方法

 

ホンダNC700Xを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではNC700Xの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


NC700Xを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはNC700Xの買取相場をみてみる

 

このページではNC700Xの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、NC700Xの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではNC700Xを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ NC700Xの買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
NC700X 2016年 837km 400000円
NC700X 2016年 1100km 380000円
NC700X 2015年 2930km 375000円
NC700X 2014年 3399km 360000円
NC700X 2015年 2711km 350000円
NC700X 2015年 4589km 340000円
NC700X 2014年 6477km 328000円
NC700X 2013年 7171km 325000円
NC700X 2012年 8579km 310000円
NC700X 2014年 7049km 300000円
NC700X 2013年 12029km 295000円
NC700X 2011年 9201km 290000円
NC700X 2012年 10249km 284000円
NC700X 2011年 12874km 260000円
NC700X 2012年 8471km 250000円
NC700X 2013年 7860km 244000円
NC700X 2011年 15846km 210000円
NC700X 2012年 18747km 200000円
NC700X 2012年 11605km 198000円
NC700X 2011年 20100km 195000円

 

 

NC700Xは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

NC700X スペック  
型式 EBL-RC63
サイズ 2210×830×1285
ホイールベース 1540mm
シート高 830mm
最低地上高 165mm
重量 214kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 110mm
タイヤサイズ 120/70ZR17 160/60ZR17
エンジン型式 RC61E
エンジン 水冷4ST OHC4バルブ並列2気筒
排気量 669cc
圧縮比 10.7
ボア 73mm
ストローク 80mm
最高出力 50ps/6250rpm
最大トルク 6.2kgf-m/4750rpm
始動方式 セル
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 14L
燃費 41km/L

 

ホンダ「ニューミッドコンセプト」シリーズのトップバッターNC700Xは、燃費世界一を謳ったニューカマー

 

ホンダ車についてのイメージは、高性能と扱いやすさが両立した二輪界の優等生といったイメージが思い浮かびます。

 

NC700Xは車種によってそれぞれ差異こそあれ、そのイメージは概ね正しいと言って良いでしょう。

 

このイメージには賛否両論がありますが、時代の最先端であり続けたトップメーカーとしてのホンダの矜持は現在でも生き続けています。

 

そんなホンダが、新しい時代のバイクとして提唱するのが、このNC700Xを始めとする「ニューミッドコンセプト」シリーズです。

 

 

近年の排気ガス規制や馬力規制など、非常に多くの影響を受けてきたバイク業界。

 

世界一厳しいとされる日本の環境規制は、この10年余りで様々な影響を業界に及ぼし続けてきました。

 

そうした新しい時代背景に真っ向から取り組み、あらゆるユーザー層が手軽で快適に楽しめるバイクとして取り組んできた答えが、NC700Xを筆頭とする同シリーズです。

 

ホンダ開発陣が「燃費世界一を形にした」と公言するNC700X。

 

この期待のニューカマーの実力を確かめてみました。

 

質感にも拘ったNC700Xはデュアルパーパス風のフロントマスクと大容量ラゲッジスペースがトレードマーク

 

「燃費世界一」を謳ったホンダの自信作、NC700X。

 

NC700Xの鳥の嘴を連想させるフロントマスクが大きな特徴で、一見するとBMWなど海外メーカーのアドベンチャーバイクと見間違うばかり。

 

しかし、NC700Xの細部を見ていくと前後の17インチキャストホイールやサイレンサーの形状、フロントフォークといった各所でオンロードマシンという事に気付かされます。

 

 

NC700Xは新車価格649,950円という低価格を実現するためにコストダウンを図った様子がブレーキディスク等に見えますが、流れるような美しいシルエットはCBシリーズに通じるものがあり、決して単なるエコ車ではありません。

 

ガソリンタンクに手を触れてみると、何やら違和感が。

 

燃料が入っている様子がない事に気付きます。

 

不思議に思って開けてみると、そこは大きなラゲッジスペース化していました。

 

このNC700Xの21リットルもの大容量を誇るラゲッジスペースは、フルフェイスヘルメットとレインウェアを収めてもまだ余裕のあるサイズ。

 

NC700Xは積載性の低いネイキッド・ストリートファイターというジャンルにおいて、これは嬉しい不意打ちでした。

 

この日常使いの利便性も、NC700Xというバイクの魅力を語る上で外せない重要ポイントです。

 

肝心のガソリンタンクはと言うと、これはリアシートの下にありました。

 

NC700Xの容量14リットルという数値は、このクラスのバイクとしてはやや心もとなく感じますが、この理由は後述します。

 

NC700Xは取り回しも軽快で値段も納得の注目バイク

 

NC700Xは214kgと軽量の車体は取り回しがしやすく、400ccクラスのネイキッド同様の軽快さがあります。

 

 

NC700Xのシート高830mmはやや高めですが、身長165cmの筆者でもしっかり両足の土踏まずが付けられる高さで、標準的な日本人男性であれば苦労しない足つき性と言えるでしょう。

 

ややシートが薄いのが少々残念ではありますが、フィット感は良好。

 

3時間くらいまでならば、乗り続けていてお尻が痛い…。といった悩みはなさそうです。

 

シートに腰を下ろして実際に車体の押し引きやフロントの沈み具合、リアシートの座り心地などをチェックしてみましたが、どれも標準以上のものと言えるレベルの高いものでした。

 

新車価格65万円を切る価格でありながら、これだけのクオリティとは、NC700X恐るべし!

 

素直にそう思えた確かな証が目に見える形で現れていました。

 

また、NC700XはスポーティなNC700Sに比べてハンドルが幅広になり、スイングアームも15mm長くなりました。

 

これによって、快適で落ち着いた乗り味を期待でき、積載性も高くなっています。

 

 

NC700Xのメーター周りは、バーグラフ式の回転計&燃料系を装備。

 

デジタル表示数字で表示される速度計、時計、積算系などが見やすく配置されています。

 

しかも、NC700Xの外装に関しては万が一転倒しても、フロントフェンダーからヘルメット収納部までの無塗装の外装がまず削れます。

 

このため、修理はパーツ交換のでOK!金属性パーツにありがちな板金修理はする必要がありません。

 

NC700Xは低中回転域に重きを置いた実用的なストリートバイク

 

NC700Xのエンジンは、669cc水冷4ストロークOHC並列2気筒エンジンは最高出力50ps/6,250rpmと控えめなパワーの低回転仕様。

 

NC700Xの1速では時速60km弱でレブリミッターが作動するほど。

 

NC700Xのこの仕様は大型バイクとしては過去に類を見なかったもので、慣れるまでに少し時間はかかるかも知れません。

 

ただし、それに慣れてしまえば、かなりの瞬発力を発揮してミドルクラスらしい加速力を見せてくれます。

 

 

目安としては3~4,000回転前後でシフト操作を行う感じになりますが、即座に加速力が必要とされるストリートでは、このNC700Xの低回転仕様のエンジンは非常に有効。

 

NC700Xの大型のラゲッジスペースのお陰で、日常使いできる利便性も持ち合わせるNC700Xは、通常使いし辛いビッグバイクの規定概念を苦もなく破った画期的なマシンです。

 

そして、この控え目な出力でも十分な加速感を味わえるのは、その低重心に秘密があります。

 

NC700Xはガソリンタンクがあるべき位置にある通常のバイクは、エンジンより上にも重量物があるためどうしても重心は高くなりがち。

 

NC700Xはガソリンタンクをシート下に配置した事により、地面にパワーを無駄なく伝えきることが出来る仕様が加速力に繋がっています。

 

コーナーリング時もこの低重心は大いに役立ち、腰の動き一つでスッと倒せるナチュラルさが持ち味となっています。

 

試乗を終え、NC700Xを返却する前にもう一つ驚かされたのはその燃費性能。

 

メーター計測50kmというタイミングでガソリンスタンドに寄り、給油を行ったものの、入ったガソリンの量はわずかに1.22リットル。

 

NC700Xは低回転仕様エンジンの為、高速道路に上がらない試乗でしたが、これほどの燃費性能とは正直思っていませんでした。

 

これなら、確かに14リットルも容量があれば十分と言えます。

 

NC700Xの看板に嘘偽りなし。

 

ホンダの志の高さは本物であったと感じさせる、次世代ミドルクラスマシンとしてNC700Xは高い実力を持つバイクである事を体感できました。

 

管理人元ヤンナオのNC700Xを高く売る方法

 

NC700Xをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はNC700Xを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのNC700Xがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとNC700Xの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、NC700Xなどの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のNC700Xも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とNC700Xの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とNC700Xの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でNC700Xをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加