NC700S買取価格相場|高額査定の方法

最高額40万円!NC700S買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,売る,売却,nc700s,ホンダ

 

ホンダ NC700Sを査定するときに高価買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではNC700Sの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


NC700Sを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはNC700Sの買取相場をみてみる

 

このページではNC700Sの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、NC700Sの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではNC700Sを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ NC700Sの買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
NC700S 2016年 847km 400000円
NC700S 2016年 1224km 385000円
NC700S 2015年 1574km 380000円
NC700S 2014年 1840km 355000円
NC700S 2015年 2344km 350000円
NC700S 2015年 5647km 340000円
NC700S 2013年 7889km 335000円
NC700S 2014年 5040km 322000円
NC700S 2014年 6728km 318000円
NC700S 2014年 9021km 315000円
NC700S 2013年 12491km 310000円
NC700S 2013年 4339km 300000円
NC700S 2012年 6940km 300000円
NC700S 2015年 3447km 300000円
NC700S 2014年 9402km 298000円
NC700S 2013年 15744km 292000円
NC700S 2012年 13585km 290000円
NC700S 2012年 14950km 290000円
NC700S 2012年 15049km 285000円
NC700S 2012年 18994km 281000円

 

 

NC700Sは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

NC700S スペック  
型式 EBL-RC61
サイズ 2195×760×1130
ホイールベース 1525mm
シート高 790mm
最低地上高 140mm
重量 211kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 110mm
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 160/60ZR17
エンジン型式 RC61E
エンジン 水冷4ST OHC4バルブ並列2気筒
排気量 669cc
圧縮比 10.7
ボア 73mm
ストローク 80mm
最高出力 50ps/6250rpm
最大トルク 6.2kgf-m/4750rpm
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 14L
燃費 41.5km/L

 

NC700Xに続くホンダ「ニューミッドコンセプト」シリーズ第2弾。カウルレス仕様でより手頃な価格が魅力となったNC700S

 

NC700Xでバイクファンからの大きな反響を呼んだホンダが提唱する「ニューミッドコンセプト」シリーズ。

 

その待望の第2弾として発売されたのがカウルレスのネイキッド仕様車、NC700Sです。

 

NC700Sは地面に張り付くかのような低重心、街乗り時のメイン使用域である低中回転型のエンジン仕様はそのままに、新車価格598,500円という驚異的な価格でデビューしました。

 

 

NC700Sのこの価格は250ccクラスの新車価格よりも安く、「世界一の低燃費を実現した」というホンダの公式プレスと合わせて話題を呼びました。

 

NCシリーズ第1弾であるNC700Xの車体重量214kgに対し、カウルレス仕様のNC700Sは211kg。

 

車体重量3kgの差で、シリーズ中最高の実燃費となるリッター平均37km。

 

NC700Sは669cc水冷4ストロークOHC並列2気筒エンジンという大排気量車として、驚異的な数値と言えます。

 

 

世界記録を持つホンダ・スーパーカブの車体重量と比較すると、確かに約2.5倍の車体重量を持つNC700Sの方に軍配が上がる計算。

 

「経済的なビッグバイク」という言葉は矛盾以外の何物でもありませんでしたが、これを矛盾でなくしてしまったNC700S。

 

NC700Sは大型バイクを走らせたい!と望むリターンライダーに最適なバイクが誕生しました。

 

ホンダ伝統のCBシリーズに通じるデザイン性がNC700Sの魅力の一つ

 

http://www.motorcyclenews.com/bike-reviews/honda/nc700s/2012/

 

ホンダと言えばCB。

 

CBと言えばホンダ。

 

長年、ホンダのフラッグシップモデルであったCBシリーズは、ホンダと言うブランドと切っても切れない濃密な関係にありました。

 

それはCB900F&750Fから続く「フロントからテールカウルに至るまで流れるようなデザイン」が世界中のファンに愛され続けてきた証でもあります。

 

NC700Sはその流れるようなシルエットデザインを継承し、一体感のある均整の取れたスタイルを持つバイクに仕上げられています。

 

NC700Sは販売価格を抑える為、メッキパーツ類は皆無と言って良い構成ですが、初期のCBシリーズに通じるバイク本来の魅力で勝負、という意気込みが感じられるのも好印象。

 

NC700Sは華やかに欠けるという方もおられますが、錆びる箇所がほとんどないという意味では非常に優れた構成とも言えます。

 

過度の豪華装備に飽きたベテランライダーに、このNC700Sというバイクは非常に魅力的なものと言えるでしょう。

 

CBシリーズの旗艦であるCB1300SFたちに比べると所有感の面では残念ながら劣ります。

 

その代わり、「長く付き合えて走り続けられる喜び」は、絶対的にNC700Sの方が上です。

 

NC700Sは、違いの分かるベテランにこそ相応しい一台です。

 

日常使いと一日300km圏内のツーリングは非常に快適。 往年のアフリカツインに通じる積載性と利便性の高さがNC700Sの真骨頂

 

かつて、ホンダのビッグアドベンチャーバイクとして評価の高かった初代アフリカツイン。

 

オフロード志向でありながら非常に優れた車体バランスと積載性能を持ち、ツアラーバイクとしても多くのファンを獲得した名車でした。

 

その初代アフリカツインを彷彿とさせる、使い勝手の良さがNC700Sの魅力の一つです。

 

 

NC700Sは燃費世界一を実現してみせた事により、本来のガソリンタンク位置を21リットルもの大容量を誇るラゲッジスペース化。

 

日帰りのツーリングや日常の買い物であればこれだけで事足りてしまう程の利便性です。

 

NC700Sの無駄なカウリングがなく取り回しのしやすい車体と、低重心に設計された車体は安定感抜群。

 

 

リアシート左右のグラブバーをリアキャリアーとして使えば、非常に積載性・バランス性が高い事に驚かされます。

 

そして、NC700Sの低中回転仕様のエンジンは豊かなトルクと十分な加速力を持ち、大荷物を物ともしないだけのパワーを秘めています。

 

ツアラーマシンと言えば、ホンダ・CBR1100XXやカワサキ・ZZR1400に代表されるように、年々大型化傾向が著しいジャンルでもあります。

 

日常使いの面では厳しく、燃費性能や取り回しがしづらい面がある事も事実で、ハイスペックなエンジン性能によって少々割高な傾向も。

 

そういった高価で日常使いの面で難のあるハイスピードツアラーより、もっと気軽に乗れて身近な相棒としてNC700Sという選択肢。

 

ツーリングファンにとっても、NC700Sは大いに歓迎すべき一台と言えるでしょう。

 

ホンダNC700Sはこれからの時代に対応できる十分な実力を持つもう一つのCB

 

ここ10年ほどの間に、バイク・自動車を巡る社会情勢は決して好ましいものではありませんでした。

 

ホンダNC700Sはその厳しい情勢に真っ向から取り組み、世界一厳しいと言われる日本の環境規制を100%以上の水準でクリアする新世代バイクと言ってよいマシンです。

 

NC700Sという車名には、もう一つの隠れたコンセプトがあるように思えます。

 

それはズバリ「ニューCB」シリーズというものです。

 

NC700Sの流れるようなデザインと扱いやすさ、そして手軽で気軽に付き合える信頼感。

 

もっと手軽にバイクを楽しみたい。

 

NC700Sは、そんなベテラン・リターンライダー層にまで十分おすすめできるコストパフォーマンスに優れたミドルクラスバイクです。

 

管理人元ヤンナオのNC700Sを高く売る方法

 

NC700Sをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はNC700Sを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのNC700Sがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとNC700Sの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、NC700Sなどの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のバイクも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とNC700Sの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とNC700Sの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でNC700Sをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加