リード125買取価格相場|高額査定の方法

最高額17万円!リード125買取価格相場|高額査定の方法

 

ホンダ リード125を査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではリード125の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


リード125を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはリード125の買取相場をみてみる

 

このページではリード125の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、リード125の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではリード125を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ リード125の買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
リード125 2016年 938km 170000円
リード125 2016年 1746km 165000円
リード125 2015年 3837km 155000円
リード125 2014年 2839km 148000円
リード125 2014年 4958km 140000円
リード125 2015年 8477km 130000円
リード125 2015年 6455km 128000円
リード125 2014年 4749km 125000円
リード125 2014年 9387km 120000円
リード125 2015年 12039km 115000円
リード125 2014年 4455km 110000円
リード125 2013年 19208km 100000円
リード125 2013年 23039km 90000円
リード125 2013年 18820km 84000円
リード125 2013年 26000km 80000円

 

 

リード125は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

リード125 スペック  
型式 EBJ-JF45
サイズ 1835×685×1125
乗車定員 2
軸距 1275mm
最低地上高 140mm
シート高 760mm
重量 114kg
燃費 51.0km/L
エンジン型式 水冷4ST OHC単気筒
排気量 124cc
ボア 52.4mm
ストローク 57.9mm
圧縮比 11.0
最高出力 11ps/8500rpm
最大トルク 1.2kgf-m/5000rpm
始動方式 セル
吸気 FI
タンク 6L
変速 Vベルト無段変速
ブレーキ ディスク
サスペンション テレスコピック ユニットスイング

 

ホンダの看板スクーター・リードは125ccとなって大幅グレードアップ!

 

全長1,835mmと125ccクラスの中でも大柄な車体を持つホンダ・リード125。

 

1982年に誕生した初代リード50から続くこのシリーズは、ホンダの定番原付スクーターとして高い知名度を誇るモデルです。

 

その大柄な車体が支持され、原付二種区分となるリード80SS・リード90・リードEXなどの派生車が販売され、いずれも高い評価を受けてきました。

 

大柄な車体を活かし、モデルチェンジを重ねる毎に大容量となっていったシート下の収納スペースは、リード125ではなんと37リットルの大容量にまでなり、250ccクラスのビッグスクーターと変わらないサイズとなりました。

 

リード125のシートはシングル・タンデム走行を問わずにゆったり座れるロングサイズで、肉厚で柔らかいシートは快適な座り心地を保証してくれます。

 

 

リード125はややアップライトなライディングポジションとなり、シート高760mmと若干腰高です。

 

しかし、リード125の大型のフロントフェイスに埋め込まれたV字を描くLEDポジションランプと、ウィンカーのデザインは車体をより大柄に見せ、腰高な印象をスマートに見せてくれます。

 

ホンダ リード125の従来のモデルでは別売りのオプションパーツ扱いであったサイドスタンドも標準搭載され、ますます使い勝手のよいモデルとなっています。

 

ホンダ リード125は大柄な車体を活かしたタンデム性と収納性の良さ、より上質になったデザインは排気量と共にグレードアップ。

 

積載性と利便性を求めたいユーザー必見の通勤快速バイクがこのリード125です。

 

リード125は肩の力を抜いて気楽に走れるフラットさが魅力の一台

 

近年125ccクラスのスクーターモデルはかなり粒揃いなモデルの多いクラスの一つとなっています。

 

ヤマハ・マジェスティCや、同じホンダのPCXなど多くのモデルが販売されており、タンデム性の高さや利便性を追求されたモデルも多数ありますが、そんな中でのリード125のウリはゆったり構えて気楽に乗れるイージーさ。

 

リード125の最高出力11ps/8,500rpmとマイルドなパワーで、最高トルク値は12Nm/5,000rpm。

 

 

リード125はちょうどこのクラスのスクーターモデルで、もっとも使用頻度の高い街乗りでの回転域を重視したセッティングとなっています。

 

ホンダ リード125は初代モデルから続く肩の力を抜いてハンドル操作が出来るアップライトなスタイルと、このeSPエンジンのセッティングは非常に相性が良く、フラットでイージーな走りは神経質になる事なく、気軽にどこへでも出かけていけるのが大きな魅力です。

 

一気にドカン!と伸びるような加速力はありませんが、トルクの谷や鈍さを感じることもなく、いい足を一定のペースで使い続ける安定度の高さは通勤・通学時の強い味方です。

 

リード125は、過不足ないパワーで大らかに乗れてストレスフリー。

 

そんなバイクをお探しの方におすすめの一台です。

 

リード125は維持費に優れた長く使える日々の相棒的存在

 

タイホンダのPCXで高い評価を得たグローバルエンジン「eSP」。

 

ホンダ リード125は排気量UPとなりながらも、アイドリングストップ機能を標準装備し、好燃費を実現しています。

 

リード125はON状態でエンジンの暖気が終了している状態で、一定時間以上停止している場合には自動的にアイドリングをストップ。

 

リード125はアクセルの開閉で自動的に再び再始動する、というこの機能は燃費性能を大いに向上させ、リッター平均値44km以上走行可能としてくれます。

 

 

リード125は信号待ちなどでストップするため、文字にするとのっそりした印象となりますが、アクセル一つでスムーズに再始動し、発進するので実際にはストレスを感じることなく快適に走ってくれます。

 

また、日常使いを重視しリード125らしくメインスイッチ右側のFUELボタンを押せば、フロント内側の給油口カバーがキーレスで開く設計。

 

これは給油時でも必要以上の操作・時間をかけずに済む便利なもので、忙しい朝夕の通勤・通学シーンでは非常に助かる機能です。

 

リード125はその他にも給油口カバー上部には、先代のL字型バッグホルダーから変更となったD字型のホールドタイプを採用。

 

 

更にその左側には350mlサイズのペットボトルが入る収納スペースもあり、小銭入れなど使い勝手の良い使用が可能です。

 

30年以上もの長い年月を、日本の道路交通事情と共に歩んできたリードシリーズ。

 

その最新モデルらしく、ホンダ リード125は日本の道を快適に便利に走る為の工夫を重ねてモデルチェンジしてきただけあり、ユーザー目線での品質向上を果たしてきました。

 

125ccという排気量に変更となったリード125も、その基本コンセプトは変わらずにより使い勝手の良いスクーターに進化しています。

 

ホンダ リード125は積載性と大らかさ、気楽に乗れる使い勝手のよいスクーターで、なおかつ安い。

 

通勤・通学の足として、これ以上ない程優良物件のリード125は、日本の街乗りを文字通りリードする便利な一台です。

 

管理人元ヤンナオのリード125を高く売る方法

 

リード125をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はリード125を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのリード125がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとリード125の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク比較.comの特徴

 

バイク比較.comは一括査定申込み件数NO.1!

 

買取店ではバイク王が有名ですが、他にも中小の買取店がたくさんあります。バイク比較.comには中小の買取店もたくさん登録されています。

 

そのため多くの買取店に一括で買取価格の競争をさせることで、価格競争がおきて思わぬ高額査定をして貰える可能性があります!最短29秒簡単査定が一番の特徴!

価格 数社と買取価格を競合させることができ、高い買取額
評価 評価5
備考 全国対応 バイク一括査定業界No.1

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とリード125の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とリード125の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク比較.comでリード125を無料一括査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加