CTX700買取価格相場|高額査定の方法

最高額55万円!CTX700買取価格相場|高額査定の方法

 

ホンダCTX700を査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではCTX700の買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


CTX700を査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはCTX700の買取相場をみてみる

 

このページではCTX700の買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、CTX700の買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではCTX700を高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ CTX700の買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
CTX700 2016年 2847km 550000円
CTX700 2016年 3999km 535000円
CTX700 2015年 5873km 530000円
CTX700 2015年 7883km 510000円
CTX700 2014年 5344km 500000円
CTX700 2014年 6949km 495000円
CTX700 2015年 3840km 480000円
CTX700 2013年 8399km 478000円
CTX700 2014年 9390km 465000円
CTX700 2014年 10290km 455000円
CTX700 2013年 8422km 450000円
CTX700 2013年 14404km 430000円
CTX700 2014年 16651km 425000円
CTX700 2013年 18473km 418000円
CTX700 2013年 14030km 410000円

 

 

CTX700は過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

バイク王でお試し査定してみる

 

 

CTX700 スペック  
型式 EBL-RC69
サイズ 2255×855×1165
ホイールベース 1530mm
シート高 720mm
最低地上高 130mm
重量 226kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 120/70ZR17 160/60ZR17
エンジン型式 RC68E
エンジン 水冷4ST OHC4バルブ並列4気筒
排気量 669cc
圧縮比 10.7
ボア 73mm
ストローク 80mm
最高出力 48ps/6250rpm
最大トルク 6.1kgf-m/4750rpm
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 12L
燃費 38km/L

 

「快適技術体感」を車名に持つCTX700は、ホンダが提唱する新感覚クルーザーモデル

 

モデルを重ねるごとに熟成度を増し、進化を続けたホンダ・NCシリーズ。

 

そのNC700シリーズの4ストローク並列2気筒エンジンをベースとした国内向けクルーザーモデルがCTX700です。

 

アメリカンバイクと言えばホンダ・Vツインマグナの登場以来、狭角設計のVツインエンジンというのがデフォルトスタンダード化していました。

 

その固定概念を打ち破り、敢えて並列2気筒エンジンを採用したCTX700。

 

「快適技術の体感」(Comfort Technoligy Experience)というコンセプトの元に開発されたというCTX700。

 

CTX700の鋼管製ダイヤモンドフレームの基本構造もNC700シリーズとほぼ同一設計ですが、シートレールとリアサスペンションの変更により、ロースタイルに仕上げられています。

 

 

CTX700はほぼオリジナルに近い構成となっており、初めて乗るライダーに無用の不安感を与えない一種の「懐かしさ」を感じさせるバイクになっています。

 

カウリング仕様のCTX700、ネイキッド仕様のCTX700Nが同時にリリースされていますが、自分の好みに応じたチョイスで楽しめる、NCシリーズから続くユーザーフレンドリーなコンセプトモデルらしいと言えます。

 

CTX700は前に足を投げ出すフォワードコントロールがライディングポジションですが、腕を伸ばしきってハンドルを握る、という感じではなく、足・腕・体ともに十分な余裕があります。

 

純粋なクルーザーバイクというより、ネイキッドとクルーザーの良いところを併せ持ったポジションと言えば伝わるでしょうか。

 

CTX700は疲労感を感じさせず、どこまでも走り続けることが出来る。

 

CTX700はクルーザーバイクの原点を押さえながら、より日本の道路事情にマッチした新感覚クルーザー。

 

それがCTX700&Nというバイクと言えます。

 

気負わず乗れるローライドスタイルバイクが欲しければ迷わずCTX700

 

http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=93925

 

シートレールとリアサスペンションの変更で水平基調としたCTX700。

 

CTX700はこれによってリア側の車高は20mm低くなり、シート高は720mm。

 

CTX700はフロント側のボリューム感が強い車体デザインですが、異質さは感じず、タフさとマッチョさの中に優しさを感じさせる個性があります。

 

カウルレス仕様のCTX700Nは睨むような鋭いフロントマスクが特徴ですが、全体的に刺々しさがなく、力強さを強調したスタイリングと言えます。

 

CTX700のやや後方に位置するシートに腰を下ろしてみると、優しいフィット感があり、優しく快適な乗り心地が十分に味わえます。

 

低中回転域でのトルクを重視し、乗り味の良さに定評のあったNC700S寄りの出力仕様は街乗り向き。

 

 

わずかにアクセルを開けるだけでススッと進んでいける出足は快適の一言。

 

時速5km程度の超低速でもブレる事なく悠々と構えていられる安心感は、クルーザー初心者からベテランのアメリカンバイクファンまで満足のいく高い完成度となっています。

 

CTX700のコンセプトである「水平基調」は、ここでも活きています。

 

CTX700は並列2気筒エンジンの為、大排気量Vツインのようなドコドコとした鼓動感はありませんが、やや等間隔よりズレた独特のフィーリングが印象的です。

 

CTX700は力強さの中に軽快さがあり、中速域でゆったり街を流しながら楽しみたくなる、オリジナルの楽しさを持っています。

 

CTX700のこの独特の鼓動感は他のVツインエンジンを搭載するバイクにはないもので、これまでのクルーザーバイクに物足りなさを感じていた方は、ぜひ一度試乗をおすすめしたく思います。

 

足りなかったピースを埋めてくれるのは、案外CTX700の持つエンジンビートなのかも知れません。

 

日本人の体格に合ったローライドスタイルのバイクが欲しい!

 

そんな方に、CTX700という選択は一考の価値ありと言えるでしょう。

 

CTX700はシーンを選ばないライドオンの楽しさを満喫できるマストジャパニーズクルーザー

 

朝夕の通勤時が慢性化している日本の道路交通事情は深刻で、恐らく50年経っても変化はないでしょう。

 

そうしたストレスの多い交通事情を背景に持つ日本では、CTX700のDCT仕様車は大いに選択の余地があります。

 

CTX700のAT仕様のDモードでは、スロットルの開閉だけで乗り手の心を読んでいるかのように最適なシフトチェンジ。

 

 

CTX700の右手だけで操れるビッグスクーター然とした感覚は、非常に快適な街乗りを保証してくれます。

 

シフトチェンジとアクセルワークで走りを楽しみたい時にはSモードに切り替えれば、ネイキッド然とした攻めの走りが満喫できます。

 

車体のバンク角が浅めのCTX700ですが、水平基調の車体バランスによって限界値はなかなか高く、少しスポーツを…という時でもDCTは大きな支えになります。

 

いつでもシーンを問わずにライドオン。

 

そうした走る喜びを満喫できるCTX700は、新しいアメリカンバイクの一つの形と言える一台です。

 

管理人元ヤンナオのCTX700を高く売る方法

 

CTX700をなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はCTX700を2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのCTX700がきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとCTX700の買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、CTX700などの大型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のCTX700も買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とCTX700の買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とCTX700の買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でCTX700をお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加