CRF250M買取価格相場|高額査定の方法

最高額30万円!CRF250M買取価格相場|高額査定の方法

 

ホンダ CRF250Mを査定するときに高額で買取して貰う方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではCRF250Mの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


CRF250Mを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはCRF250Mの買取相場をみてみる

 

このページではCRF250Mの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、CRF250Mの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではCRF250Mを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ CRF250Mの買取価格相場一覧表

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
CRF250M 2016年 1292km 300000円
CRF250M 2014年 2019km 280000円
CRF250M 2015年 2877km 267000円
CRF250M 2013年 4039km 255000円
CRF250M 2014年 3622km 251000円
CRF250M 2014年 6278km 250000円
CRF250M 2013年 4553km 238000円
CRF250M 2014年 7463km 226000円
CRF250M 2013年 6647km 220000円
CRF250M 2013年 9011km 216000円
CRF250M 2014年 13872km 209000円
CRF250M 2013年 15743km 188000円
CRF250M 2014年 20298km 160000円
CRF250M 2013年 18289km 156000円
CRF250M 2013年 36477km 150000円

 

 

CRF250Mは過走行、走行不明でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

CRF250M スペック  
型式 JBK-MD38
サイズ 2125×815×1150
ホイールベース 1445mm
シート高 855mm
最低地上高 225mm
重量 145kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 71mm
タイヤサイズ 110/70-17 130/70-17
エンジン型式 MD38E
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ単気筒
排気量 249cc
圧縮比 10.7
ボア 76mm
ストローク 55mm
最高出力 23ps/8500rpm
最大トルク 2.2kgf-m/7000rpm
始動方式 セル
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 7.7L
燃費 44.3km/L

 

待望のモタード仕様で戦闘力UP!ホンダ CRF250M

 

2012年に発売されたホンダ CRF250L。

 

CBR250Rのエンジンを心臓に持ち、タイホンダによる生産となったこのモデルは、驚異的な新車価格で話題を呼びました。

 

ロードバイクとしては水準以上なんだけど、完全なオフロードとしては心もとない。

 

そんな評価の多かったCRF250Lでしたが、2013年にはそんなユーザーの声に応えた形でモタード仕様のCRF250Mがデビュー。

 

 

まさにモタードそのものの外装は言うまでもなく、前後17インチサイズのオンロードタイヤ、信頼度の高い足回りの性能を引っさげてデビューしたホンダ CRF250M。

 

オンロード寄りのオフロード、といった味付けを感じたCRF250Lとは異なり、最初からモタードとして開発されたCRF250Mというモデルは、一体どこが変化したのか?

 

その相違点を中心に、CRF250Mの魅力を分析してみます。

 

舗装路用の性能UP!大幅強化の足回りがCRF250Mの特徴

 

http://review.kakaku.com/review/K0000495604/

 

ホンダ CRF250Lに乗った経験から両車を見比べてみると、最初に目に付くのはCRF250Mが装着する前後サイズ17インチのオンロードタイヤです。

 

フロント110/70-17M/C、リア130/70-17M/Cのタイヤは、250ccクラスのオフロード車としては微妙に細い印象。

 

CRF250Mはモタード仕様なのに、この太さで大丈夫なのかな?と一瞬思わされました。

 

しかし、装着されているフロントディスクは、明らかに大型化しています。

 

φ296mmというローター径は、明らかにクラスオーバー。

 

 

ならば、CRF250Mがホンダブランドで販売されたモデルである以上、なんらかの意図があると解釈し、試乗で試してみる事にします。

 

エンジンを始動させる前にシートに腰を下ろし、足回りの仕様を確認。

 

CRF250Lではやや固めであったリアサスペンションでしたが、モタード仕様のCRF250Mではネイキッドモデル並の沈み方でソフトに。

 

CRF250Mのシート高855mmという高さは腰高ではありますが、足つき性を除けばリアサスペンションの調整具合で実にしっくりと来ます。

 

スタンドを立てたままで体を捻ってコントロール性を確認してみると、クロモリを思わせる「しなり感」のあるフレームはまさしくCRF250Lのもの。

 

剛性の高い高性能フレームが健在であった事は大きなポイントで、ルックスだけではなくしっかりとモタード仕様らしいセッティングに十分満足のいく事が分かります。

 

さすがにホンダ、と言うべきぬかりのなさに納得の、本格的モタード仕様CRF250M。

 

CRF250Mはこれだけでも十分な性能が期待できる仕上がりになっています。

 

CRF250Mはキビキビ走れてよく止まる!

 

さて、いよいよエンジンを始動し、公道へ。

 

CRF250Mはセル一発で即座に目覚める始動性の良さも健在で、このあたりはCBR250Rベースの素性の良さが再確認できます。

 

寒い冬場でもスムーズな始動が十分に期待できるものと言っても良いでしょう。

 

アイドリングを終えて走り出すと、その軽快なハンドリングが大きく際立ちます。

 

CRF250Mの17インチオンロードタイヤの効果は高く、狙ったラインに自然に乗るフィーリングは大きなポイント。

 

バイクという乗り物は、視線の先に進む乗り物ですが、CRF250Mのものは理想的と言えます。

 

CRF250Mは最高出力23ps/8,500rpmという数値からもお分かり頂けるように、回さなくてもナチュラルな感じで気持ちよく加速してくれます。

 

 

CRF250Mはすり抜けも得意で、腰高さを活かしてかかとに力を入れるようにしながらニーグリップで車体をホールドすると、全く危なげなく前へ出る事が出来ます。

 

CRF250Mはストップ&ゴーの多い朝夕の通勤シーンでも十分の小回りに満足。

 

そして信号からの発進では、タイヤのグリップ性が遺憾なく発揮され、アクセル一つでスパッ!とダッシュ。

 

この瞬発力は想像以上で、CRF250Mが日本の道路事情への高い適性を持っている事が確信できます。

 

走り続けて少しタイトなカーブへ差し掛かれば、腰高の利点を活かしてグッと車体を倒せます。

 

CRF250Mはまるでイタリア車のようなコーナーリング感覚ですが、ここでもタイヤのグリップ力は発揮され、倒しているのに恐怖感が全く感じられません。

 

ブレーキ性能はローター径が示していたように高いものがありますが、敢えて挙げるとするならブレーキストロークが短いのがやや難点。

 

スピードが乗っている状態であればこの制動性能は大きな利点ですが、攻めないライディングの場合は効きすぎて扱い辛い場合があるようにも思えました。

 

この辺りはCRF250Mを購入後、オーナーのスタイルに合わせて調整することをおすすめいたします。

 

CRF250Mはリアサスペンションの恩恵でリアブレーキが車体へ及ぼす影響は皆無に等しいので、攻める走りを楽しみたい方は、リアを気持ち踏み込む位のソフトなブレーキタッチが良いでしょう。

 

試乗中、砂の浮いた幹線道路を走行してみましたが、路面変化への適応性は非常に高く、1クラス上の性能を持っています。

 

サスのピッチングも実によいバランスで調整されているのが実感でき、CRF250Mのモタードとしてよく出来た仕様が体験できました。

 

乗りやすさはCRF250L、戦闘能力はCRF250M!

 

CRF250LとCRF250M、両車を乗り比べて分かったことは、その目的別に選ぶべきであるという点です。

 

エントリーモデルとしての扱いやすさでは、ややCRF250Lが勝ちます。

 

モタードとしての走行性能ならばCRF250Mにそれぞれ軍配が上がります。

 

 

これは当然と言えば当然の事ですが、ここまで満足のいくモタードバイクに仕上げられたCRF250Mに乗ると、さすがホンダ!という思いが自然に湧き上がってきます。

 

街乗りでの扱いやすさは間違いなくCRF250Mの方が上手なので、日常の足として購入するのであれば、CRF250Mをおすすめいたします。

 

仕様を考えれば価格差はないと言ってよいほどの完成度を持つCRF250M。

 

CRF250Mはある程度バイクを乗り継いできた中級以上のライダーにも満足できる非常によく出来たモタードです。

 

管理人元ヤンナオのCRF250Mを高く売る方法

 

CRF250Mをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はCRF250Mを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのCRF250Mがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとCRF250Mの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、CRF250Mなどの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のCRF250Mも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とCRF250Mの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とCRF250Mの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でCRF250Mをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加