CRF250L買取価格相場|高額査定の方法

最高額30万円!CRF250L買取価格相場|高額査定の方法

バイク買取,バイク売る,売却,crf250l,ホンダ

 

ホンダ CRF250Lを査定するときに最も高く買取してもらう方法

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではCRF250Lの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


CRF250Lを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはCRF250Lの買取相場をみてみる

 

このページではCRF250Lの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、CRF250Lの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではCRF250Lを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

ホンダ CRF250L買取価格相場

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
CRF250L 2016年 938km 300000円
CRF250L 2016年 1293km 292000円
CRF250L 2015年 1344km 280000円
CRF250L 2015年 2019km 271000円
CRF250L 2014年 3948km 264000円
CRF250L 2014年 5327km 255000円
CRF250L 2013年 3018km 240000円
CRF250L 2014年 6757km 230000円
CRF250L 2012年 9028km 225000円
CRF250L 2013年 14873km 218000円
CRF250L 2012年 18899km 210000円
CRF250L 2014年 8890km 200000円
CRF250L 2013年 20293km 188000円
CRF250L 2012年 21097km 172000円

 

 

CRF250Lは過走行でも高額で買取されることがわかりましたね。しかし、1社のみの査定では買いたたかれる可能性がありますので、必ずランキングを参考に複数社に査定して貰いましょう!


 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

CRF250L スペック  
型式 JBK-MD38
サイズ 2195×815×1195
ホイールベース 1445mm
シート高 875mm
最低地上高 255mm
重量 143kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
トレール 113mm
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 3.00-21 120/80-18
エンジン型式 MD38E
エンジン 水冷4ST DOHC4バルブ単気筒
排気量 249cc
圧縮比 10.7
ボア 76mm
ストローク 55mm
最高出力 23ps/8500rpm
最大トルク 2.2kgf-m/7000rpm
ミッション 6速
吸気 FI
タンク容量 7.7L
燃費 44.3km/L

 

CRF250Lはオフロードバイクの枠を打ち破ったマルチ志向デュアルパーパスモデル 

 

ホンダのデュアルパーパス&トレールバイクの歴史の中で燦然と輝くCRMシリーズとXRシリーズ。

 

長らくこの強烈な名車の影を引き摺ってきたホンダが2012年、長い沈黙を破って送り出したのがこのCRF250Lです。

 

既にワークスマシンとして販売されていたCRF250Rと同一の車名となるCRFの名を冠するモデルですが、全てが新設計となるニューモデルとなっています。

 

 

CRF250Lが敢えて新設計での開発となったのは、過去の名車の影を引き摺ることを辞めたホンダの意地が感じられるバイクでもあります。

 

ホンダ CRF250Lのエンジンには既に先行発売されていたCBR250Rのエンジンをベースとしたものを搭載し、最高出力23ps/8,500rpm、最大トルク値22Nm/7,000rpmという高性能なもの。

 

2007年にXR250が生産終了となって以来、初の本格的なトレールバイクとして話題を集めていましたが、これほどの意気込みを見せると思わなかったユーザーが多く、いい意味で期待を大きく裏切ったバイクです。

 

ホンダ CRF250Lはマルチリフレクター式のヘッドライト埋め込みとなったミニカウルが印象的で、直線を多用した鋭角なスタイルです。

 

CRF250Lのシートもまた従来までのモデルになかった幅広で肉厚なシートとなり、長時間の走行に耐えられるだけの座り心地の良いものとなりました。

 

 

CRF250Lはリアサスペンションがプリロード調整のみ可能な固めのものが採用されていますが、このシートの恩恵で快適性はかなり高いレベルとなっています。

 

オフロードバイクの定番である倒立式フロントフォークが採用されていますが、作動性の高いセパレートファンクションタイプとなっており、酷道・舗装路を問わずに快適な走りを楽しめるモタードマシンに近い味付けがされています。

 

CRF250Lはこれらが三位一体となった事により、オフロードマシンでありながら普通にスポーティな走りを楽しめる画期的なモデルとして現在に至るまで人気を集めています。

 

CRF250Lはタイ生産でコストを大幅に削減し、驚きの低価格での販売を実現したホンダの本気度を図る事が出来る、マルチ志向の本格的デュアルパーパスバイクです。

 

クラッチ・ミッションとセッティングによってベストパフォーマンス化。 CRF250Lには技術陣の限界への挑戦が詰め込まれた意欲的な面も

 

バイク,買取,売却,売る

http://bike.yahoo.co.jp/review/report/mb0201/

 

オンロードのスーパースポーツであるCBR250Rベースと聞いて、筆者は耐久性に少々の不安を感じましたが、実際にCRF250Lを走らせてみるとあまりにもナチュラルな感覚に驚きを隠せませんでした。

 

CRF250Lはむしろエンジンまで独自設計か?と疑った程に扱いやすく、メーカーによればこれはオフロードの為に耐久性を重視したクラッチ(半クラッチを多用するオフロードマシンである事を考えると納得がいく)を採用した事、それに合わせたトランスミッション調整によってこのナチュラル感を出したとの事。

 

CRF250Lの最高出力が示す通り、高回転仕様の特性を持つCBR250Rのエンジンを低中回転仕様のセッティングに変更したのは頷けましたが、トラクションのしやすいセッティングが純正の状態で施されている点が素晴らしい乗り味へと繋がっています。

 

 

CRF250Lのフレームについても今回のモデル新設計となるスティール製のツインチューブフレーム。

 

CRF250Lはオフロードバイクらしい高い剛性を持ちながらも、何となく柳を思わせる柔軟性があり、このフレームこそがオンロードでのスポーツ走行を可能としている主因と言えるでしょう。

 

CRF250Lはタンク容量が7.7リットルと控え目なのが気になる所でしたが、試乗時に1リットル前後までに落として走ったところ、往復25km以上を走行しても平気であった事からリッター30km前後は無理なく走れる印象です。

 

この事から推測すれば満タン給油状態からは220kmは走れる計算となるので、心配するほどではないかと思います。

 

CBRのエンジンをよくぞここまで!と通を唸らせるに十分なCRF250Lは、本格的エンデューロとオンロードの良い所を併せ持つ総合力の高いマシンです。

 

厳しく評価するなら本格的なCRF250Lはエンデューロシーンには不向き

 

オンオフを問わず、高いレベルで走れるホンダCRF250L。

 

しかし穴がないか?と言えばそういう訳では決してありません。

 

CRF250Lは深い砂地やぬかるみではそのオフロードマシンとしては重めの車体重量(143kg)が仇となり、ハンドルを取られそうになる事もあり、ある程度のスキルを求められます。

 

CRF250LをKTMなどの海外メーカーのオフロードマシンと比較すると、穏やかな部類のパワー特性になりますが、フルにそのエンジンパワーを活かしきるにはそれなりの腕が必要となり、オフロードは全くの初心者という方には難しい面が強くあります。

 

 

ただしこれは林道ツーリング愛好家には全く逆となり、程良いパワーで程良く扱える足回りは快適に早変わり。

 

ホンダ CRF250Lは用途が明確に分かれるバイクではありますが、このような大排気量のアドベンチャーモデルに近いフィーリングが250ccで楽しめるという事はデメリットを払拭するには十分なもの。

 

CRF250Lは何より、車両価格が非常に安く新車価格で40万円少々というのは非常に魅力的です。

 

CRF250Lは遊べるセカンドバイクをお探しの方にはこれ以上ない楽しい一台。

 

そこまでガチでオフロード派ではないが、たまには楽しみたい。

 

そんな方にCRF250Lはおすすめです。

 

管理人元ヤンナオのCRF250Lを高く売る方法

 

CRF250Lをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はCRF250Lを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのCRF250Lがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとCRF250Lの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、CRF250Lなどの中型バイクは高価買取が狙えます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のCRF250Lも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイクや、海外で人気のある一部の大型バイクに強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とCRF250Lの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とCRF250Lの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でCRF250Lをお試し査定してみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加