CBX400F買取価格相場|高額査定の方法

最高額90万円!CBX400F買取価格相場|高額査定の方法

バイク,買取,売る,売却,cbx400f,族車

 

CBX400Fを査定するときに最も高く買取してもらう方法!

 

 

はじめまして。管理人のナオです。

 

このページではCBX400Fの買取相場と、高値で買取してくれるオススメ買取店をご紹介しています。


CBX400Fを査定する時に気になる点って、

  • 「いくらくらいの値段で買取されるのか?」
  • 「どの買取店に売れば高く買取してくれるのか?」

の2点が気になりますよね。

 

※まずはCBX400Fの買取相場をみてみる

 

このページではCBX400Fの買取相場を調べて一覧にしています。
価格表を参考に査定の交渉をすれば高値で買取して貰うことが可能です。

 

ただ、1社に交渉して貰うだけでは、高価買取して貰うことは難しいのが実際のところです。

 

なぜ1社だけの査定では高額で買取してもらえないの?
1社だけの査定だと、査定金額の価格競争が起きないため安く買取されてしまうんです。

 

つまり、複数の買取店に査定してもらえば、CBX400Fの買取価格の競争がおきてより高値で買取して貰うことが可能です。
とはいっても、どの買取店に査定してもらったらいいかわからないですよね。

 

このページではCBX400Fを高価買取してくれる買取店を、ランキング形式でご紹介していますので、ランキングを参考に最低2社以上の買取店に買取価格の競争をさせましょう!

 

CBX400F買取価格相場一覧

 

車種名 年式 走行距離 買取価格
CBX400F 1984年 15670km 900000円
CBX400F 1983年 26053km 750000円
CBX400F 1983年 29011km 720000円
CBX400F 1984年 32021km 700000円
CBX400F 1982年 35060km 680000円
CBX400F 1981年 39011km 650000円
CBX400F 1982年 走行距離不明 500000円

 

 

バイク買取店ランキング

※ページ下にジャンプします

 

 

CBX400F スペック  
サイズ 2060×720×1080
シート高 775mm
重量 173kg
サスペンション テレスコピック スイングアーム
ブレーキ ディスク
タイヤサイズ 3.60 H18-4PR 4.10 H18-4PR
エンジン 空冷4ST DOHC4バルブ並列4気筒
排気量 399cc
最高出力 48ps/11000rpm
最大トルク 3.4kg-m/9000rpm
ミッション 6速
吸気 キャブ
タンク容量 17L

 

もっともアツいCBの代名詞・CBX400F

 

現在、もっとも熱い視線を集めるCBと言えば、やはりこのCBX400Fでしょう。

 

1977年に生産を終えたCB400FOUR以来となるホンダ400cc4気筒バイクです。

 

1981年に販売されたCBX400Fは、当時400cc4気筒バイクの王者であったカワサキ・Z400FXに劣勢を強いられていたホンダの起死回生の一台でした。

 

それまでは「同じ排気量なら4気筒より2気筒エンジンの方が効率が良い」との考えに固執し続けたホンダは、CB400 スーパーホークⅢで対抗を続けていました。

 

しかし、Z400FXの後塵を拝する状況からの脱出は図れず、地に伏せたまま雪辱の期を窺っていました。

 

そして満を持して市場へ送り込んだのが本機CBX400Fでした。

 

 

CBX400Fはすでに4気筒エンジン搭載の対抗車として先発していた、ヤマハ・XJ400や、スズキ・GSX400FSインパルスといったライバルたちを上回る最高出力48psを武器に、Z400FXの牙城を崩す事に成功。

 

これによって国内4メーカーによる世界のバイク史上の中でも稀有なネイキッド戦国時代に突入しました。

 

数々の逸話を持つホンダCBX400Fは、現在も熱い視線を集め続ける稀少なビンテージバイクです。

 

旧車として大人気のCBX400Fは維持に注意!

 

http://bikeshop-zero.com/bike.php?bike_id=331

 

現在は市場価格で100万円越えは当たり前となっているCBX400Fですが、高価なだけに維持が難しい側面もあります。

 

CBX400Fの程度のいい車両では、100万円どころか300万円台での取引を目にするケースも多く、これだけ高価なバイクであれば盗難被害も多発しています。

 

2012年9月6日に発表された「盗難保険入れないオートバイ…30年前生産終了」という読売新聞の記事では、CBX400Fについて紹介されています。

 

盗難率が他のバイクと比較して3倍という数値を聞くと、CBX400Fオーナーとしては非常に複雑ですね。

 

 

盗難保険に加入できないリスクを考えた上で、購入するだけの覚悟を要するバイクというのはちょっと過去に例を見ません。

 

それだけにCBX400Fはオーナー所有欲を満たす意味ではこれ以上ないのもまた事実。

 

旧車ファンなら、一度は所有を考えるだけの浪漫がCBX400Fにはあると言えるかも知れません。

 

実際にCBX400Fに乗ってみた!

 

今から約20年ほど前の事になりますが、私自身もCBX400Fに乗っていた事がありました。

 

当時の私は週刊少年マガジンに連載されていた「湘南純愛組」がお気に入りの、ちょっとワルに憧れる小僧。

 

主人公の一人・弾間龍二の愛車として作中に登場していたCBX400Fは、一本気に自分の愛を貫こうとするアツい龍二に自分を被らせていました。

 

そんな日々を悶々と過ごすうちに、やんちゃな先輩がCBX400Fを卸してくれました。

 

 

CBX400Fは当時でも既に生産終了となって久しく、高価な旧車というカテゴリに入るバイクでしたが、よく磨かれて手入れもされていてまるで宝石のようでした。

 

この先輩に卸してもらったCBX400FはいわゆるⅡ型で、ソリッドレッドのカラーリング。

 

CBX400Fと言えば、一番人気がレッド&ホワイトのいわゆるホンダカラー。

 

続いてブルー&ホワイトで、私の卸してもらったCBX400Fも、その後は中古パーツショップでレッド&ホワイト のタンクなどを探して乗っていました。

 

CBX400Fは空冷4ストロークDOHC4気筒エンジンが生み出す、独特のエキゾースト音は非常に耳と記憶に残り、手放した今でも鮮やかに思い出す事が出来ます。

 

心と体を高揚させるあの躍動感は、多くのライダーにぜひ一度味わってもらいたいと思っています。

 

当時は現在ほどパーツ探しも困難ではなかった為、少し時間をかけてモリワキのショート管を入手。

 

これは前述の弾間龍二への憧れがあったのも事実です。(笑)

 

(※作中での龍二のCBX400Fは、モリワキのショート管を装着していました。)

 

CBX400Fは発売された当時はレースシーンでも活躍していた車両だけあり、装着後は乾いたキレの良いエキゾースト音を楽しみたくて毎日のように乗り回していました。

 

ある意味では、私がCBX400Fに本当の意味で惚れ込んだのはこの音による所が大きかったように思えます。

 

毎年の新しいモデルが開発・販売されているバイク業界ですが、これほど胸を熱くするエキゾースト音のバイクはもう現れないかも、と思うと寂しく思えます。

 

CBX400Fは現在では超がつくほどのプレミア価格が当たり前のため、維持に手がかかるのでは?と思われる方も多数おられるかと思いますが、意外にも手はかかりませんでした。

 

 

少なくても、現行のネイキッドレベルでの手をかける必要はありますが、遜色ない手入れで維持が可能です。

 

強いてポイントを挙げるとすれば、オイル交換をまめに行うことと、消耗品の交換に気をつける事です。

 

ここさえ注意しておけば、CBX400Fは300km程度までの長距離ツーリングはちゃんとこなせるだけのバイクです。

 

ますます高価になるCBX400F。買うならここをチェック!

 

CBX400Fに乗っていた経験から購入のアドバイスをするとすれば、購入前に必ずエンジンを始動させて下さい。

 

空冷エンジンの独特の乾いたキレの良い音がするかどうかは大事なポイントです。

 

CBX400Fは元々最高出力48ps/11,000rpmという数値が示す通り、アクセルを開ければ開けるほどエンジンが目覚める仕様なので、アクセルを開けて妙にグズるようであれば、何らかのトラブルを抱えている可能性が高まります。

 

稀少なバイクであるCBX400Fだけに、どこで折り合いをつけるかの問題もありますが、少しでも違和感を覚えたら一考するべき。

 

焦らずにコンディションの良い車両を探す選択肢も視野に入れつつ熟考をおすすめいたします。

 

外装などのパーツに関しては、教習仕様車であるCBX400F-Kが比較的安価に探せますので、CBX400F用としてパーツが見つからない場合は、そちらで探すのもアリ。

 

気長に付き合っていく「共犯者」のような相棒として、CBX400Fは存分に旧車ライフを楽しみたい方におすすめです。

 

管理人元ヤンナオのCBX400Fを高く売る方法

 

CBX400Fをなるべく高く売りたい時にどの買取店に売ればいいのか悩みますよね…一番おすすめの買取方法はCBX400Fを2社以上に査定してもらうことです。

 

もし1社だけに査定してもらった場合、あなたのCBX400Fがきちんと評価されて高値で買取されているのか基準がわかりません。

 

しかし、2社以上に査定してもらうとCBX400Fの買取価格の競争がおこります。その結果、買取価格が1社のみに査定してもらったときより確実に高くなるんです。

 

もちろんこのサイトで紹介している買取店はすべて査定後のキャンセル料金は無料ですので、最も高い値段をつけてくれた買取店に売ればOKです。

 

バイク王

業界NO.1バイク王の特徴

全国無料出張買取ができ24時間365日年中無休(夜間対応可能)です。

 

もちろん、バイク買取実績がぶっちぎりNo.1のバイク王ですので対応も◎。お客様対応満足度93%の安心できる査定を行っています。

 

バイクの買取台数は通算150万台におよびます。自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持ち、CBX400Fなどの旧車は高価買取が狙えます。

 

面倒な手続きはすべて代行してくれて、CBX400Fの名義変更などの書類手続きもすべて無料で手続きをしてくれます。

 

不動車、事故車はもちろん、改造車や、ローン中のCBX400Fも買取できます。名前、メールアドレス、電話番号のみでお試し査定ができます。電話オペレーターは女性ですのでしつこさが無い安心の対応です。

価格 販売直営店も持っているので高価買取が狙える
評価 評価5
対応 全国対応 365日 24時間対応 夜間査定可能

 

バイク買取,売る,売却,バイクランド

バイクランドの特徴

バイク買取シェアNo.2でたったオンライン査定できることが特徴です。

 

さらに即日査定可能、即日現金払い可能のスピィーディさが魅力。独自のバイク輸出ルートを持っていて、中型バイク、大型バイクや、BMWなどの外車にも特に強い買取店です。

 

バイク王とバイクランドはライバル関係にありますので、バイク王とCBX400Fの買取価格を競わせることでさらに高価買取がねらえます。

価格 バイク王とはライバル関係で、買取価格を競わせると高額買取が狙える!
評価 評価4.5
備考 全国対応 24時間 365日 夜間査定可能

 

バイク,売る,買取,査定,バイクワン

バイクワンの特徴

個人情報入力なしで無料オンライン査定ができ、買取価格が事前にわかります。

 

さらにオンライン査定の精度が高く、実際の買取価格に大幅な差がないので安心ですね。

 

即日出張査定も可能で査定までの流れがスピーディ!

 

バイク買取店ではバイク王が有名ですが、バイクワンは2007年創業の新しい買取店で、他の買取店とCBX400Fの買取価格を競合させるとで高額買取が狙えます!

価格 実際の買取価格と差がないオンライン査定を実現!
評価 評価4
備考 買取前に実際の買取相場がわかる!全国対応

 

バイク王でCBX400Fをお試し査定

 

このエントリーをはてなブックマークに追加